バックナンバー

トップ  バックナンバー  2009年  5月  第6回 新選組 京都青春録

新選組 京都青春録
~素顔の沖田・土方・近藤~

●本放送 平成21年 5月13日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成21年 5月20日(水)
平成21年 5月30日(土)
平成21年 8月 5日(水)
平成21年 8月12日(水)
 8:15~ 8:58
13:30~
16:05~16:48
 8:15~ 8:58
BS
BS2
総合
BS2
全国

全国
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:近藤勇役:奥深山 新  土方歳三役:浜口望海  沖田総司役:三浦一也

エピソード1  新選組誕生!鉢金に秘めた願い

「土方使用の鉢金」
土方歳三資料館に残る歳三が使った防具「鉢金」。これには新選組誕生を巡る歳三の願いが秘められている。多摩に生まれ育った歳三は得意の剣の腕を活かそうと、近藤たちと京都へやってくる。しかし、よそ者である歳三たちに対する都の人々の目は冷たかった。転機が訪れたのは上洛から5ヶ月後。8月18日の政変で活躍を見せた歳三たちは、会津藩の精鋭部隊の名前であった「新選組」の名を賜り、本格的に都で活躍を始める。資料館に残る鉢金は、「新選組誕生のきっかけになった戦いで着用したものです」と、歳三が自慢げに故郷に送り届けたものである。
 

エピソード2  証言で探る 沖田総司の謎

新選組きっての人気隊士でありながら、遺品が少なくその実像はほとんど分かっていない沖田総司。その沖田について同時代を生きた人たちの証言から探る。
近藤勇や永倉新八など、新選組でともに戦った人物が残した言葉をもとに探る「剣の強さ」や
屯所として使っていた八木家の子供が語る「沖田の人柄」。
また、京都の光縁寺には沖田の恋人ではないかと噂される「沖田氏縁者の墓」が残っているが、その戒名から、研究者が推測する総司の京都での恋を紹介する。
「沖田氏縁者の墓」
 

エピソード3  悩める近藤 池田屋事件の真相

「近藤勇 悩みの手紙」
新選組と近藤勇の名を一躍世に知らしめた「池田屋事件」。しかし実は、近藤はあまりの世間の高評価にとまどい、どのように処したらよいかアドバイスを求める手紙を故郷に出している。池田屋事件は近藤にとっても、偶然に偶然が重なった意外な展開だったことがわかる。
実は、事件直前近藤が知っていたのは「浪士たちが不穏な出来事を起こしそう」という曖昧な情報だけだった。浪士の居場所も、何も分からないまま探索を始め、池田屋で偶然会議を開いていた浪士に遭遇。近藤は勝利を収めてしまう。不逞浪士たちの計画を阻止したとして、喜んだ幕府は近藤を幕臣に取り立てようと騒ぎだす。偶然の産物で己の身が急速に好展開へと向かう様に、近藤勇はとまどう。
「近藤勇 悩みの手紙」 小島資料館所蔵
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『新選組全史 上・中・下』菊地明著 (新人物往来社)
『新選組日誌 上・下』菊地明・伊東成郎・山村竜也編(新人物往来社)
『新選組始末記』子母澤寛著 (中央公論社)
『沖田総司伝私記』菊池明著(新人物往来社)
『土方歳三、沖田総司全書簡集』菊地明著(新人物往来社)
『新選組日記』木村幸比古著(PHP新書)
『新選組証言録』山村竜也著(PHP新書)

Page Top