バックナンバー

トップ  バックナンバー  2014年  12月  第201回 私は真珠湾のスパイ

私は真珠湾のスパイ
~日米開戦 ある男の告白~

●本放送 平成26年12月 3日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成26年12月10日(水)
※火曜深夜00:41~01:24
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:吉川猛夫 役:山西規喜

エピソード1 私はこうしてスパイになった

タクシーで偵察に向かう吉川と日系人の運転手(再現)
昭和16年3月、日本海軍の吉川猛夫(29)は突然ハワイ赴任を命じられます。任務はスパイ―真珠湾のアメリカ太平洋艦隊を探ること。その技術も仲間も無い吉川を、事情も知らず助けてくれたのが現地日系人たちでした。彼らを利用することに疑問を抱きながら、吉川は米軍真珠湾基地の全貌に迫っていきます。
 

エピソード2 運命の日 真珠湾攻撃

昭和16年12月8日、日本軍は真珠湾奇襲に成功。しかし、この事はハワイ在住の日系人たちを窮地に陥れます。日系人は“敵性市民”とみなされ、約700名が収容所へ。吉川と親しかった人たちも捕らわれました。彼らの強い非難を感じる中、吉川は良心の呵責に苦しむようになります。
当時、真珠湾近くで働いていた日系2世のユタカ・イノクチさん
 

エピソード3 私はたった一人のスパイ

吉川は古巣の日本海軍に復帰するが…(再現)
真珠湾攻撃の翌年に帰国した吉川でしたが、海軍から身を退き、故郷に帰ります。やがて終戦を迎え、さらに6年後、吉川にGHQから手紙が…それは、真珠湾での吉川の任務に関する証言の要請。吉川は「日本の再建」と「日系人の濡れ衣を晴らす」ため、これを承諾。スパイ活動について告白します。
 

参考文献

『真珠湾スパイの回想』(吉川猛夫 朝日ソノラマ文庫)
『真珠湾攻撃の真実』(PHP出版)
『Hawaii goes to War』(真珠湾博物館)
*絶版になっているものもありますので、書店・出版社にご確認下さい

Page Top