バックナンバー

トップ  バックナンバー  2015年  1月  第205回 “裏切り”の声は甘く悲しく

“裏切り”の声は甘く悲しく
~太平洋戦争のラジオアイドル 東京ローズ~

●本放送 平成27年 1月21日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成27年 1月28日(水)
※火曜深夜02:00~02:43
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:東京ローズ(アイバ・トグリ)役:多田実喜

エピソード1 誕生!謎のラジオアイドル

前線の米兵たちは東京ローズの声を楽しみにするように(再現)
開戦直後から、日米両国は「心理戦」-敵兵の士気を失わせる作戦を展開。そのカギとなったのがラジオ放送でした。日本が放送するプロパガンダ番組『ゼロ・アワー』は多くの米兵を魅了、戦意低下の兆候も出始めます。焦慮のアメリカは、番組の看板女性DJ“東京ローズ”の正体を突き止めようと必死に。
 

エピソード2 悲劇のアイドルの素顔

日本の心理戦番組『ゼロ・アワー』のDJだった女性たちは英語のできる帰国子女や日系人たち。その一人アイバ・トグリは日米開戦直前に来日した、育ちも生まれもアメリカの日系二世。戦争で帰国できなくなったアイバは、戦時中の日本で生き抜くため“東京ローズ”となります。
アイバは日本のDJとしてマイクの前に出た(再現)
 

エピソード3 東京ローズ 反逆者とよばれて

アメリカの記者の取材に応えるアイバ(再現)
「やっとアメリカに帰れる」-終戦後、そう心弾ませるアイバを訪ねてきた米軍の従軍記者たち。自分が米兵のラジオアイドルだったことを聞かされたアイバは、『ゼロ・アワー』放送に関わっていたことを洗いざらい話してしまいます。それは、思いもよらない悲劇の始まりでした…
 

参考文献

『東京ローズ』(ドウス昌代 文藝春秋)
『東京ローズ 戦時謀略放送の花』(上坂冬子 中公文庫)
『ラジオ・トウキョウⅠ~Ⅲ』(北山節郎 田畑書店)
『The Tokyo Rose Case Treason on Trial』
(Yasuhide Kawashima University Press of Kansas)
『The Tokyo Rose – The FBI Files』(Filiquarian Publishing,LLC/Qontro)

Page Top