バックナンバー

トップ  バックナンバー  2013年  11月  第163回 今こそ知りたい! ジョン万次郎

今こそ知りたい! ジョン万次郎
~日本開国前夜 驚きの舞台裏~

●本放送 平成25年11月 6日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成25年11月13日(水)
※火曜深夜01:45~02:28
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:ジョン万次郎役:井上拓哉

エピソード1 少年漁師の大冒険! 究極の国際サバイバル術

漂流の末、渡米を決意した万次郎(再現)
土佐(現在の高知県)に生まれ、14歳で漁師となった万次郎。初めての漁で嵐にあい、無人島での生活を余儀なくされます。その後、偶然通りかかったアメリカの捕鯨船に救助されますが、いわゆる鎖国政策をとる日本に帰れず、アメリカに渡ることを決意します。万次郎、知られざる冒険物語。
 

エピソード2 すべては友情のために 万次郎究極の決断

無人島から救ってくれた捕鯨船のホイットフィールド船長の温かい支援を受け、万次郎はアメリカで充実した日々を送ります。しかし「遭難した船員を助けない」という日本の悪評を聞いた万次郎は、死罪の恐れがあろうと祖国に帰り“開国”させるべきではないかと悩みます。万次郎の決断は…
母手作りの半てんが、日本と万次郎をつないでいた(再現)
 

エピソード3 日本開国前夜 知られざる万次郎の活躍

万次郎は幕府に開国を進言した(再現)
ペリー来航により、開国か鎖国継続かで二分された江戸幕府。幕府に、アメリカの内情に関する情報のほとんど無いことが、混乱に拍車をかけていました。日本未曾有の危機に、アメリカ帰りの万次郎へ期待があつまります。“日本開国”前夜、何があったのか?万次郎の知られざる活躍に迫ります。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『中濱万次郎~アメリカを初めて伝えた日本人~』(中濱博 冨山房インターナショナル)
『中浜万次郎集成(増補改訂版版)』(川澄哲夫編 小学館)      
『異船異聞』(川澄哲夫 有隣堂)
『幕末日本の情報活動~「開国」の情報史』(岩下哲典 雄山閣)
『ジョン万次郎~幕末日本を通訳した男~』(永国淳哉 新人物往来社)

Page Top