バックナンバー

トップ  バックナンバー  2012年  6月  第112回 それ行け! パワースポット

それ行け! パワースポット
~世界遺産・熊野と女たち~

●本放送 平成24年 6月 6日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成24年 6月13日(水)
16:05~16:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:璋子(たまこ)役:道幸(どうこう)千紗/得子(なりこ)役:津川 マミ/南方松枝(みなかた まつえ)役:大内 サキ/南方熊楠(みなかた くまぐす)役:国木田かっぱ

エピソード1 神々の地 熊野への招待

熊野の山々
古より熊野は日本一のパワースポットとされ、人々の篤い信仰を集めてきました。熊野は神様のお墓をはじめ、3つの月や3本足のカラスなど不思議な伝説にあふれています。番組キャスターの渡邊あゆみアナウンサーが古の熊野古道をたどり、熊野の魅力を紹介。
 

エピソード2 お供は私よ! 熊野 女の戦い

平安時代末期、京の上皇たちは毎年のように華やかな熊野詣を行いました。この熊野詣にお供することは宮廷の女性にとって最高のステータス。上皇様の熊野詣にご一緒するのは誰?!鳥羽上皇のふたりの妃・璋子(たまこ)と得子(なりこ)の壮絶なお供争いの物語。
熊野詣をする璋子(再現)
 

エピソード3 熊野の森を守れ! 夫婦の奮闘と絆

植物採集する松枝(再現)
明治時代、熊野の森に危機が訪れます。明治政府の方針で神社の統廃合が進み、熊野の鎮守の森では樹木が次々と切り倒されていたのです。それに立ち上がったのが熊野在住の学者・南方熊楠(みなかたくまぐす)と妻の松枝。熊野の森を守ろうとしたふたりの奮闘と愛の絆を描きます。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『別冊太陽 熊野』(平凡社)
『別冊太陽 南方熊楠』(平凡社)
『待賢門院璋子の生涯』(角田文衞著 朝日選書281)
『父南方熊楠を語る』(南方文枝著 日本エディタースクール出版部)※品切れ、図書館等でご覧ください
『南方熊楠大事典』(勉誠出版)

Page Top