バックナンバー

トップ  バックナンバー  2012年  2月  第103回 ニッポン大好き!がんばって!

ニッポン大好き!がんばって!
~ヘレン・ケラー 日本との友情物語~

●本放送 平成24年 2月29日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成24年 3月 7日(水)
16:05~16:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:ヘレン・ケラー 役:エレナ山崎(声 小川原かずこ)

エピソード1 ワンダフル・ニッポン!日本との友情物語

日本で大歓迎を受けるヘレン(再現)
ヘレンは、戦前戦後を通じて3度来日。各地で講演を行い、日本の障害者の福祉向上を訴え、世論を喚起します。その努力は戦後、「身体障害者福祉法」の制定に結実しました。さらに日本の文化と人々を深く愛し、多くの“愛の贈り物”を残しました。ヘレンと日本の知られざる友情秘話です。
 

エピソード2 「博愛の人」ヘレンの原点 たった一度の恋愛秘話

近年、アメリカで、若きヘレンの写真が見つかりました。そこには、ヘレン直筆の文字が…「森の中で、本の中で、共に過ごした幸せな時に感謝を込めて」。ヘレンが愛する男性に贈ったこのメッセージは、実は、多くの人々に無償の愛を捧げたヘレンの原点を示すものでした。
恋人からの告白に喜ぶヘレン(再現)
 

エピソード3 ヘレンがスパイ!? 来日の極秘ミッション

特高から監視されるヘレン(再現)
日本が戦争へ向かっていた1937年、ヘレンは初来日します。近年、ヘレンの来日には別の使命のあったことが明らかになっています。そしてこの時、日本の特高(特別高等警察)がヘレンを危険人物として監視していました。ヘレンが担った“使命”、そして彼女のもう一つの“志”を描きます。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『わたしの生涯』(ヘレン・ケラー、岩橋武夫訳 角川文庫)
『青い鳥のうた ヘレン・ケラーと日本』(岩橋英行 日本放送出版協会)
『年譜で読むヘレン・ケラー』(山崎邦夫 明石書店) 
『ヘレン・ケラーの急進的な生活』(キム・E・ニールセン、中野善達訳 明石書店)
『愛と光への旅』(ジョセフ・P・ラッシュ、中村妙子訳 新潮社)

Page Top