バックナンバー

トップ  バックナンバー  2014年  5月  第182回 それでも、私は前を向く

それでも、私は前を向く
~おんな城主・井伊直虎 愛と悲劇のヒロイン~

●本放送 平成26年 5月28日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成26年 6月 4日(水)
※火曜深夜00:40~01:23
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:井伊直虎 役:ひおき彩乃

エピソード1 お嬢様が戦国武将に

「井伊家伝記」は井伊直虎を知るための貴重な史料
静岡県西部、かつての遠江(とおとうみ)国を治めていた井伊家。直虎は井伊家の一人娘でした。その将来は安泰・・・のはずでしたが、その運命は急変します。いいなずけが政争に巻き込まれ、生死不明。直虎はわずか10歳で、純愛を貫くために出家。しかし、さらなる悲劇が…。
 

エピソード2 政治手腕は戦国一!?

井伊家の家督を継いだ直虎は、やがて非凡な政治力を発揮するように。その舞台は「徳政(借金帳消し)令」。徳政令を求め一揆も辞さない農民、逆に徳政令が出されると破たんする商人、そして井伊領乗っ取りを企む戦国大名・今川家、利害の衝突する三者いずれも鎮めるべく直虎がとった秘策とは?
直虎の署名と花押(サイン、花押部分にCGで着色)
 

エピソード3 どん底からの大逆転!

直虎は井伊家を いいなずけの子・直政に託した(再現)
井伊家を狙う今川家はついに力に訴え、直虎の井伊家は領地を没収、流浪の身へと追いやられます。ここで直虎が最後の希望を託したのは、結局結ばれることの無かったいいなずけの忘れ形見、井伊直政でした-。井伊家を奇跡的によみがえらせ、徳川幕府・譜代大名筆頭への道を開いた直虎。その執念の物語。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『遠江井伊氏物語』(武藤全裕 龍潭寺)
『井伊家傳記 上下』(西村忠 たちばな会)
『争乱の地域史~西遠江を中心に~』(小和田哲男 清文堂)
『湖の雄 井伊氏』(小和田哲男 しずおかの文化新書)
『女にこそあれ次郎法師』(梓澤要 新人物往来社)

Page Top