バックナンバー

トップ  バックナンバー  2014年  11月  第198回 遍路は続くよどこまでも

遍路は続くよどこまでも
~四国八十八か所霊場 1200年の物語~

●本放送 平成26年11月12日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成26年11月19日(水)
※火曜深夜00:40~01:23
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:ヒストリアン(番組リポーター):松田悟志

エピソード1 若き空海の悩み ~四国遍路 誕生の秘密~

四国で厳しい修行をする空海(再現)
1200年前、八十八の霊場の元となる聖地群のもととなったのは弘法大師・空海。18歳のころ、官僚を目指し必死に勉強をしていた空海は「記憶力を高める方法がある!」と聞き、四国に向かいます。その旅路は空海の大きな転換点となり、そして後の“四国遍路”につながっていきます-
 

エピソード2 江戸のお遍路革命

空海の時代以降しばらく四国遍路は、あくまで僧侶たちの修行の道でした。しかし、江戸時代になると突然、庶民がお遍路に出るように。きっかけは一冊の本…空海を慕う僧侶が出した“お遍路のガイドブック”でした。今回のヒストリアン・俳優の松田悟志さんが、その本を片手に遍路道を歩きます!
江戸時代のとある“ガイドブック”がお遍路ブームの源に
 

エピソード3 お遍路復活!苦難のバスツアー

お遍路バス第1号の参加者たち
戦争の時代となるにつれ廃れていったお遍路。しかし戦後、地元の観光会社が“バスによるお遍路”という企画を打ち出します。苦難の連続だったというこの第1回のバスツアーを、参加者の手記などを元に再現。戦争に傷ついた参加者たちは、このお遍路の末に何を見たのか…その心の旅路を見つめます。
 

参考文献

『四国遍路とは何か』(頼富本宏  角川選書)
『四国遍路 さまざまな祈りの世界』(星野英紀 浅川泰宏 吉川宏文庫)
『空海・高野山の教科書』(高野山金剛峯寺 高野山大学  えい出版社)
『四国遍路道 弘法大師伝説を巡る』(白木利幸 淡交社)

Page Top