バックナンバー

トップ  バックナンバー  2015年  12月  第239回 あの名言にはウラがある!?

あの名言にはウラがある!?
~ヒストリア書房の迷える人々~

●本放送 平成27年12月30日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成27年12月31日(木)
16:15~16:58
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:ヒストリア書房店主・テツゲン 役:笹野高史/テツゲンの孫娘・シオリ 役:鈴木ちなみ/炎上女優 安藤マリ 役:佐藤仁美/怒る客 我孫子 強 役:眞島秀和

エピソード1 「パンがなければお菓子を食べれば良いのに」

「お菓子を食べれば?」マリー・アントワネット
言ったことで炎上、といえばこの言葉。フランス国王妃マリー・アントワネットが言ったというこの“迷”言。実は彼女は言ってません!ある思想家が書いたまったく無関係の文章にある言葉なのです。フランス革命への熱狂が悲劇の大炎上へ。「パンがなければ」マリー・アントワネットはどうした?
 

エピソード2 「風林火山」

戦国最強・武田信玄。武田軍団が戦場に掲げたのが「疾きこと風の如く…」ではじまる『風林火山』の旗でした。この名言、実は古代中国の兵法書・孫子の一節。しかもオリジナルには『風林火山』に加え『陰雷』という続きもあった!?4つは出し2つは隠す。そこから分かる信玄が名言に込めた秘策とは。
風林火山「孫子の旗」と武田信玄(再現)
 

エピソード3 「1%のひらめきと99%の努力」

発明した白熱電球を持つエジソン
この言葉は、生涯に千を超える特許を取得した天才発明家・エジソンのもの。努力の大切さを説く教えとして語られてきたこの名言、ほんとうは“ひらめきが大切だ”という意味だってエジソンは語っているとか-名言の真意を探っていくと、エジソンと仲間たちの発明への苦闘の日々が見えてきます。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『王妃 マリー・アントワネット』(エヴリーヌ・ルヴェール 創元社)
『マリー・アントワネット』(安達正勝 中公新書)
『武田信玄と勝頼-文書に見る戦国大名の実像』(鴨川達夫 岩波新書)
『武田信玄』(平山 優 吉川弘文館)
『The Diary and Sundry Observations of Thomas Alva Edison』(Dagobert D Runes Greenwood Press,Publishers)
『エジソン 20世紀を発明した男』(ニール・ボールドウィン著・椿正晴訳 三田出版会)
『天才エジソンの秘密』(ヘンリー幸田 講談社)

Page Top