バックナンバー

トップ  バックナンバー  2015年  7月  第223回 漱石先生と妻と猫

漱石先生と妻と猫
「吾輩は猫である」誕生秘話

●本放送 平成27年 7月 1日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成27年 7月 8日(水)
14:05~14:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:夏目漱石 役:柏原収史/妻・鏡子 役:大塚千弘

エピソード1 結ばれた絆

漱石は妻・鏡子とひもで結んで就寝した(再現)
明治29年、熊本五高の英語教師・夏目金之助(漱石)は中根鏡子と結婚。偏屈な漱石に鏡子は持ち前の大らかさで向き合います。ところが流産で心が不安定となる鏡子。自殺未遂まで起こした鏡子が二度と離れないよう、漱石はお互いの体をひもで結んで眠るように。漱石夫婦の絆の芽生えを描きます。
 

エピソード2 それでもあなたを支える

2年間のイギリス留学を終え、明治36年に漱石は日本へ帰国。しかし、鏡子の前に現れた漱石の様子は、まるで別人でした。被害妄想に取りつかれ、周囲に当たり、ついには鏡子に離婚まで迫ります。しかし、鏡子は負けません。「夫を支えるのは私しかいない」―妻・鏡子の奮闘と夫婦再生への物語。
帰国し、鏡子の前に現れた漱石はすっかり変わっていた(再現)
 

エピソード3 幸せを呼んだ猫

突然現れた猫がすべてを変えた!?(再現)
夏目家の雰囲気は、なおも険悪な状態が続いていました。そこへある日、フラリと一匹の野良猫が。ささくれだった心が、この猫によって落ち着き始めた漱石。やがて猫から見た夏目家の物語を小説として執筆。この仕事を通じて、漱石は自分を取り戻していきます。文豪誕生は猫のおかげだった―!?
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『漱石の思い出』(夏目鏡子 述/松岡 譲 筆録 文春文庫)
『漱石の妻』(鳥越 碧 講談社文庫)
『吾輩は猫である』(夏目漱石 各社文庫本にあり)

Page Top