バックナンバー

トップ  バックナンバー  2016年  2月  第244回 偉大なる父・信玄よ!

偉大なる父・信玄よ!
~若きプリンス 武田勝頼の愛と苦悩~

●本放送 平成28年 2月 3日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成28年 2月10日(水)
16:05~16:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:武田勝頼 役:崎本大海/北条夫人 役:鎮西寿々歌

エピソード1 わたしは敵の子!?

父・信玄が勝頼に命じたのは「陣代」だった(ドラマ部分より)
武田信玄の子に生まれながら、家中では“敵”と見られていた勝頼。しかも、父の信玄からも正式な後継者ではなく「陣代(仮の当主)」とされます。なぜ敵なのか、なぜ父親に認められなかったのか-若き勝頼の悲しき日々。
 

エピソード2 偉大なる父との決別

陣代・勝頼の前には難関ばかり。父 信玄以来の家臣の反発をしずめたと思ったら、信玄の死を知った周囲の戦国大名に攻められ大苦戦。武田家滅亡の危機に直面した勝頼は、ひとつの決断を下します。それは偉大なる父・信玄との決別を意味するほど大きな決意-!?
勝頼は多くのハンディを負って武田家を率いた(ドラマ部分より)
 

エピソード3 愛する家族を守れ!

武田勝頼は愛する妻と子を守るために-(ドラマ部分より)
自分の知恵と力の限りをふりしぼって武田家を守る勝頼。その支えは、妻の北条夫人と息子 信勝(のぶかつ)の存在でした。しかし、強敵・織田信長の容赦ない攻撃の前に、武田家は滅亡寸前に。勝頼は家族を守るため、決死の脱出を試みます。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『甲陽軍鑑(上・中・下)』(原本現代訳 腰原哲朗・訳 教育社)
『信長公記(上・下)』(原本現代訳 榊山 潤・訳 ニュートンプレス)
『武田勝頼』(笹本正治 ミネルヴァ書房)
『長篠合戦と武田勝頼』(平山優 吉川弘文館)
『定本 武田勝頼』(上野晴朗 新人物往来社)

Page Top