バックナンバー

トップ  バックナンバー  2014年  10月  第196回 君よ、さらば!

君よ、さらば!
~官兵衛VS.三成 それぞれの戦国乱世~

●本放送 平成26年10月22日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成26年10月29日(水)
※火曜深夜00:40~01:23
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認下さい。

配役:黒田官兵衛 役:浜口望海/石田三成 役:立川貴博/豊臣秀吉 役:酒井高陽

エピソード1 官兵衛VS.三成 秀吉との出会い

黒田官兵衛と石田三成(再現)
黒田官兵衛と石田三成は、ともに低い身分から秀吉の家臣となりました。播磨国(兵庫県)の地方領主だった官兵衛は“軍師”としての才能を発揮。三成は食糧や武器の調達に辣腕をふるう“官僚”として頭角を現します。秀吉との出会い、そしてその覇業を支えた2人の輝ける日々。
 

エピソード2 官兵衛VS.三成 天下取りへの道

まさに豊臣家家臣の双璧となったふたり。官兵衛は秀吉の代理指揮官として九州平定を成功させ、秀吉に絶賛されます。一方、三成は太閤検地や刀狩などで、秀吉の信頼を揺るぎないものに。ところが、あることをきっかけに官兵衛は秀吉に遠ざけられ始め、三成の扱いとのあいだには、しだいに差が…。
秀吉は三成を重用する一方、官兵衛には…(再現)
 

エピソード3 官兵衛VS.三成 秀吉の野望とふたり

朝鮮に出兵するための拠点となった名護屋城跡(佐賀県唐津市)
秀吉が晩年に抱いた野望、それは大陸、朝鮮への出兵でした。日本で次々と命令を下す秀吉。戦場で現地軍の苦戦を目の当たりにする官兵衛と三成。この戦でそれぞれの信義を貫いたふたりは、それゆえに対立することに…。かつて秀吉から愛されたふたりが刃を交える、その皮肉なる物語。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『黒田官兵衛』(小和多哲男 平凡社新書)
『石田三成』(小和多哲男 PHP新書)
『新訳 名将言行録』(講談社学術文庫)
『戦争の日本史 文禄・慶長の役』(中野 等 吉川弘文館)
『関ヶ原合戦 家康の戦略と幕藩体制』(笠谷和比古 講談社学術文庫)

Page Top