バックナンバー

トップ  バックナンバー  2011年  9月  第83回 真田一族 戦国最強の絆

真田一族 戦国最強の絆
~真田昌幸・信之・幸村 父と子の物語~

●本放送 平成23年 9月14日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成23年 9月28日(水)
平成23年 9月28日(水)
02:00~02:43
16:05~16:48
総合
総合
全国 【27日(火)深夜】
全国 ※九州・沖縄を除く
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:真田昌幸 役:鍋島 浩/真田信之 役:孫 高宏/真田幸村 役:佐田修典

エピソード1 戦国一のひきょう者? 真田昌幸の仰天生き残り術

左より真田信之・昌幸・幸村(再現)
信州上田の小領主・真田昌幸は、信之と幸村の二人の息子を従えて孤軍奮闘。天下をねらう徳川家康を敵に回し、必死のサバイバルゲームを展開します。ついには徳川の大軍を撃破した驚くべき昌幸の知謀とは?
 

エピソード2 関ヶ原を揺るがせた親子げんか? 父と子の別れ

天下分け目の関ヶ原の戦い。東軍と西軍、どちらに味方するか決めるため、真田親子は家族会議を開きます。その結果、家族は敵味方に分かれ、長男・信之が父・昌幸と弟・幸村を攻めることに…。真田一族の「関ヶ原の戦い」ドキュメント。
家族会議を開く真田親子(再現)
 

エピソード3 真田家を背負った長男 涙の60年

長野市松代町・大鋒寺に残る信之の木像
徳川幕府の下で大名として生き残った真田信之。しかし、徳川に刃向かった父と弟を持つ者として幕府から警戒の目を向けられます。真田家を守るため、次々と襲いかかる試練と闘う信之。92歳まで藩主として粉骨砕身し名君とうたわれた信之苦闘の秘話。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『真田氏三代』(笹本正治 ミネルヴァ書房)
『天正壬午の乱』(平山優 学研)      
『武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望』(平山優 戎光祥出版)
『真田三代 幸村と智謀の一族』(橋場日月 学研)

Page Top