バックナンバー

トップ  バックナンバー  2010年  7月  第44回 妻の私が支えねば

妻の私が支えねば
~天平のスーパーウーマン・光明皇后~

●本放送 平成22年 7月14日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成22年 7月21日(水)
平成22年 7月21日(水)
平成22年 7月23日(金)
08:15~08:58
16:05~16:48
02:30~03:13
BS2
総合
総合
全国
全国
全国(※木曜深夜)
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:光明皇后 役:坂本真衣 聖武天皇 役:阪東浩考

エピソード1 バリバリ働く皇后様登場!

「働く光明皇后」
奈良時代初め、聖武天皇の妻になった光明皇后。しかし、当時は天災や争乱が続く混乱の時代。仏教に深く帰依した光明皇后は民衆を救うため医療施設の運営など慈善事業に着手します。さらに災いが収まることを願い仏教を中心とした国造りを積極的にすすめていきます。聖武天皇の事業とされる大プロジェクトをプロデュースしたのも、実は光明皇后でした。
 

エピソード2 ようこそ!幻の巨大寺院へ

2年前に奈良市で見つかった巨大寺院の跡。光明皇后が聖武天皇の病気回復を願い建立し、平安時代に倒壊後、行方がわからなくなっていた新薬師寺の金堂跡と推定されました。古代建築や仏教美術の専門家が1年以上かけ、発掘成果の分析や古文書の解読などから幻の巨大寺院をCG復元。光明皇后の力と祈りの強さを伺わせる絢爛豪華な仏の大宇宙の全貌を紹介します。
「CG復元された新薬師寺金堂内の仏像」
 

エピソード3 妻の私が支えねば

「政治の前面に立ち改革を行う光明皇后」
跡継ぎの男子に恵まれなかった聖武天皇と光明皇后は長女の阿倍内親王を女性初の皇太子にします。しかしこの異例の人事に光明皇后の実家、藤原氏の台頭を危惧する他の貴族が反発、争乱がおこります。聖武天皇は病状が悪化し譲位。阿倍内親王が孝謙天皇として即位しますが、貴族の反発が強く経験も少ない彼女では国政がさらに混乱することは明らかでした。この事態に光明皇后は自ら政治の前面に立ち、中国の女帝・則天武后にならった改革を始めますが・・・。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『光明皇后』林陸朗(吉川弘文館)
『平城京遷都』千田稔(中央公論社)
『日本の歴史4 天平の時代』栄原永遠男(集英社)
『帝王聖武』瀧浪貞子(講談社)
『続日本紀 全現代語訳(上)(中)(下)』宇治谷孟(講談社)
『大和古寺大観 第4巻 新薬師寺・白亳寺・円成寺』(岩波書店)

Page Top