バックナンバー

トップ  バックナンバー  2012年  2月  第100回 大奥 シンデレラ・ストーリー

大奥 シンデレラ・ストーリー
~将軍の母・桂昌院 元祖「玉の輿」物語~

●本放送 平成24年 2月 8日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成24年 2月15日(水)
16:05~16:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:桂昌院 役:笛木優子

エピソード1 江戸時代のシンデレラ 元祖「玉の輿(こし)」物語

八百屋の娘お玉が3代将軍・家光の側室となる(再現)
江戸時代、京都の八百屋の娘として生まれた桂昌院ことお玉。父を亡くした後、下級武士の養女となったお玉は様々な偶然が重なり、大奥に入ります。当時の大奥は身分を問わず誰もがシンデレラになるチャンスがありました。そんな中で、お玉は3代将軍・家光の側室となる幸運を射止めます。
 

エピソード2 我が子を将軍に!シンデレラの祈り

側室なったお玉は懐妊。無事、男子を産むことができるのか?すがったのは信仰でした。祈祷を頼んだ僧侶は「お腹の子は天下を治める人物」と予言。お玉は男子を出産します。跡目順3番目の息子が将軍になると信じ、教育に熱を注ぐお玉。すると運も味方し、息子に将軍の座が。将軍・綱吉の誕生です。
桂昌院(お玉)は我が子の教育に力を注いだ(再現)
 

エピソード3 我が子に世継ぎを! シンデレラ 最後の願い

世継ぎ誕生は桂昌院と綱吉の悲願だったが…(再現)
幸運をつかんできた桂昌院にも「綱吉の世継ぎが生まれない」という悩みがありました。「子が授からないのは仏教の功徳が足らないから」と考えた桂昌院と綱吉は大改革に乗り出します。殺生を禁じた「生類憐みの令」など、常識を越えた規模の功徳を積みます。しかし、二人の願いは叶いませんでした。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『大奥学 事始め』(山本博文 日本放送出版協会)
『人物事典 江戸城大奥の女たち』(卜部典子 新人物往来社)      
『史料 徳川夫人伝』(高柳金芳 新人物往来社)
『徳川綱吉』(福田千鶴 山川出版社)
『生類憐みの世界』(根崎光男 同成社)

Page Top