バックナンバー

トップ  バックナンバー  2015年  11月  第235回 あなたはボクの女神様!

あなたはボクの女神様!
~文豪・谷崎潤一郎と女たち~

●本放送 平成27年11月11日(水) 22:00~22:43 総合 全国
※再放送は未定です。

配役:谷崎潤一郎 役:相島一之  妻・松子 役:壇 蜜

エピソード1 悩める作家の”禁断の恋”

谷崎は義理の妹・せい子に魅了される(再現)
大正初期、新進の作家・谷崎潤一郎は失望と焦りのまっただ中にいました。華々しくデビューしたものの思うように小説が書けず、結婚も期待はずれ。そんなある日、妻の妹で10代半ばの少女・せい子が家にやってきます。自由奔放なせい子に、いつしか強くひかれていく谷崎。そして取った行動とは!?
 

エピソード2 あなた様こそ「芸術の女神」

関東大震災で家を失った谷崎は関西へ移住。そこで、一人の女性と運命的に出会います。大阪の老舗商家の妻・松子です。谷崎は自分自身もすでに既婚の身でありながら、きらめくようで気品あふれる松子の魅力のとりこに。人妻との許されぬ恋。そこから、あの名作が生まれます。
美しき人妻・松子との運命的な出会い(再現)
 

エピソード3 それでもボクは女性を書く!

松子たち姉妹をモデルとした小説「細雪」(再現)
松子と結婚し、その妹たちも引き取って一緒に暮らし始めた谷崎。しかし、昭和16年の太平洋戦争開戦とともに華やかだった暮らしは、みるみる失われてゆきました。谷崎は、美しい日本の女性たち、古き良き時代をとどめようと新たな作品を書き始めます…谷崎の最高傑作と称される長編「細雪」誕生秘話。
 

参考文献

「谷崎潤一郎の恋文」(千葉俊二 編 中央公論新社)
「痴人の愛」(谷崎潤一郎)
「春琴抄」(谷崎潤一郎)
「細雪」(谷崎潤一郎)

Page Top