バックナンバー

トップ  バックナンバー  2010年  6月  第41回 家族って大変だ!?

家族って大変だ!?
~戦国武将・毛利元就、秘密の悩み~

●本放送 平成22年 6月 2日(水) 22:10~22:53 総合 全国
●再放送 平成22年 6月 9日(水)
平成22年 6月 9日(水)
08:15~08:58
16:05~16:48
BS-2
総合
全国
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:毛利 元就 役:酒井 高陽(さかい たかはる) 五龍 役:高下 真帆(こうげ まほ)

エピソード1 子どもの個性を生かせ! 元就の勢力拡大作戦

「元就の誇る3兄弟 隆元・元春・隆景」
敵だらけの状況で毛利の家を継いだ元就にとって、まじめ・武力・知略とそれぞれ優れた能力を持った3人の息子は、頼りになる希望の星でした。この3人をうまく使えば、戦いに頼ることなくライバルを消し、毛利家の勢力を拡大できると考えた元就。子どもの個性と才能を生かした元就の長期戦略とは、いったいどんなものでしょうか?
 

エピソード2 「兄弟は団結せよ!」父の教えが逆効果…?!

筆まめな元就が出した数多くの手紙の中で、一番有名な「三子教訓状」。61歳の元就が、3人息子にあてて「一族安泰」「兄弟仲良く」「長男の本家を大事にせよ」と説いたものですが、逆に言えば、そういった手紙を書かねばいけないほど、兄弟の間にはトラブルがあったということ。しかもその長い手紙が、もしかしたら逆効果になってしまった?力をあわせて父の偉業を助けたはずの兄弟に、何があったのでしょうか?
 

エピソード3 団結へ―毛利一族の皮肉な運命

なかなか団結しない一家を不安に思ってか、老いてなお戦場に立ち続ける元就に、次々と不幸が襲います。さらに、中央では織田信長が台頭してきます。毛利家最大のピンチ!!しかしその不幸がきっかけで、一家は皮肉なことに念願の一致団結へと向かうことになります。はたして何が起こったのでしょうか?
「戦場で嘆き悲しむ元就」
 

参考文献

『安芸 毛利一族』 河合正治(新人物往来社)
『群雄創世記』 山室恭子(朝日新聞社)
『毛利元就伝』『続 毛利元就伝』 小都勇二(吉田郷土史調査会)
『戦国大名毛利氏の研究』 秋山伸隆(吉川弘文館)
『毛利元就』 (毛利博物館)

Page Top