バックナンバー

トップ  バックナンバー  2010年  9月  第49回 源義経in the DARK

源義経in the DARK
~伝説のヒーローは闇から生まれた~

●本放送 平成22年 9月 1日(水) 22:07~22:50 総合 全国
●再放送 平成22年 9月 8日(水)
平成22年 9月 8日(水)
平成22年 9月10日(金)
08:15~08:58
16:05~16:48
02:00~02:43
BS2
総合
総合
全国
全国
全国(木曜深夜)
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:源義経役:川村伸彦 牛若丸役:興津正太郎

エピソード1  11歳、禁断の目覚め ダークヒーロー誕生の謎

「平家への復讐を誓う牛若丸(再現)」
義経こと牛若丸は7歳で都の闇の象徴、鞍馬寺に入れられ修行を続けていた。周りの大きな期待を背負った牛若丸に転機が訪れたのは11歳の時。偶然目にした家系図から自分が源氏の御曹司であることを知ってしまう。平家への復讐に燃える牛若丸、しかし復讐を実行できない苛立ちから荒れた日々を送る。出家を拒み16歳で鞍馬寺を飛び出した牛若丸は自ら元服を行い「義経」と名乗る。しかし、行く先々で「源氏の御曹司」という肩書きが邪魔となり義経は居場所を失う。ようやく義経を受け入れてきれたのは、都から遠く離れた奥州平泉。安住の地を得た義経は復讐を心に秘めながらヒーローとして世に出る日を待ち続けた。
 

エピソード2  お前はいったい何者!? ヒーロー義経の光と闇

都の公家にとって義経は「謎」の存在だった。都で乱暴狼藉を働く木曽義仲を追い出すため、公家たちは鎌倉の源頼朝に救援を求める。しかし代わりに派遣されてきたのは当時名前も知られていなく、戦の経験もなかった義経だった。全く期待をかけなかった公家だったが義経は瞬く間に義仲を討伐する。公家は義経に平家が持ち去った三種の神器の奪還を命じる。平家への復讐を果たす絶好の機会を得た義経は果敢に平家と戦い勝利を重ねていき、ヒーローとしてもてはやされる。一方で討ち取った平家の首を都にさらすことを強要するなど、復讐心から芽生える闇の部分を見せる義経に公家は戸惑いを隠せなかった…。
「平家と戦う義経(再現)」
 

エピソード3  義経大脱出! そして新たなる伝説へ

「逃亡する義経(再現)」
兄・源頼朝との不仲が決定的になった義経は頼朝と戦う決意を固めるが、これまで従ってきた武士たちが皆離反。戦う力を失った義経はわずかな従者とともに都を去る。頼朝は義経をとらえるため全国規模の大包囲網を展開するが、義経は神出鬼没の逃亡劇を見せ、追っ手を翻弄する。逃亡が成功した陰には、義経に期待をかける宗教勢力などのサポートが存在した。ついに義経はかつての安住の地、平泉にたどり着くが、頼朝によって圧力を受けた奥州藤原氏の兵に攻められ31歳の生涯を閉じる。しかし東北の地には義経は生き延びて北へ去ったという新たな伝説が生まれた。その背景にはみちのく・東北が長年にわたり中央政権から受けた理不尽な仕打ちが存在した…。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『吾妻鏡』 五味文彦・本郷和人(吉川弘文館)
『訓読玉葉』高橋貞一・著(高科書店)
『平治物語』新日本古典文学大系(岩波書店)
『義経記』西沢正史・監修 西津弘美・訳(勉誠出版)
『源義経』五味文彦・著(岩波新書)
『義経北行伝説の旅』伊藤孝博(無明舎出版)
『北の義経伝承』正部家種康・著(帆風)

Page Top