バックナンバー

トップ  バックナンバー  2010年  4月  第37回 みんな好き好き一休さん

みんな好き好き一休さん
~禅の心で自由に生きろ~

●本放送 平成22年 4月21日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成22年 4月28日(水)
平成22年 4月28日(水)
平成22年 4月30日(金)
08:15~08:58
16:05~16:48
02:00~02:43
BS2
総合
総合
全国
全国
全国(※木曜深夜)
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:一休 役:佐田修典 青年一休 役:石田直也 一休の母 役:宮嶋麻衣

エピソード1 一休が日本一有名なお坊さんになったわけ

『一休ばなし』(国文学研究資料館蔵)
子どもから大人まで、誰もが知っている「とんちの一休さん」。このモデルとなった室町時代の禅僧・一休宗純がブレイクしたのは、死後200年ほど経ったころ。茶の湯の掛け軸に、一休の「書」を用いることが流行したのがきっかけでした。一休の活躍を描いた「一休ばなし」が出版されるとたちまちベストセラーに・・・。明治時代には「講談」の演目となり人々の間で人気を博し、そして現代、絵本やテレビアニメの大ヒットで国民的アイドルに・・・。500年間語り継がれてきた一休人気の秘密を探ります。
 

エピソード2 民衆たちよ!禅で自由に生きるのじゃ

後小松天皇の皇子として誕生しますが、幕府の思惑で幼くして禅寺に預けられてしまった一休。自殺未遂を起こすほど、自らの出生に悩みますが、民衆との触れ合いの中から、物事を一つの方向だけから見るのではなく、多角的にとらえることの大切さを学びます。禅の修行で「悟り」を開いた一休は諸国を巡り、街角で真剣に見せかけた木刀を振り回したり、骸骨の絵と仮名でつづった法語を書き表し、禅の布教に努めます。これらは「表面の見た目だけで判断せず、その裏に隠された真実を見極めよ!」という一休の教えが隠されたパフォーマンスでした。
『一休 朱太刀像』(大徳寺 真珠庵蔵)
 

エピソード3 芸術家たちよ 「一休サロン」に来るのじゃ!

一休の愛用した『一節切(ひとよぎり)尺八』(大徳寺 芳春院蔵)
京の都に起きた応仁の乱ですべてを失った都の芸術家たち。彼らは一休の庵に集まります。乱世をよそに我が道を生きる一休の姿、そしてその柔軟な思考が芸術家をひきつけたのです。一休の庵はいわば文化サロンとなり、新たな芸術文化を発信していきます。それは茶人・村田珠光の「わび茶」。能楽師・金春禅竹の神秘性をテーマとした新たな「能」。そして連歌師・柴屋軒宗長の民衆に開かれた言葉遊び「連歌」。のちに室町時代を代表する文化となったこれらの新芸術には、一休が深く関わっていました。一休の知られざる役割をご紹介します。
 

この回ゆかりの地は・・・

参考文献

『一休和尚年譜』(今泉淑夫 平凡社)
『一休とは何か』(今泉淑夫 吉川弘文館)
『狂雲一休 仮面師の素顔』(西村惠信 四季社)
『一休』(水上勉 中公文庫)
『大徳寺と一休』(山田宗敏 禅文化研究所)
『一休』(栗田勇 祥伝社)
『へたな人生論より 一休のことば』(松本市壽 河出書房新社)
『一休と禅』(ひろさちや 鈴木出版)
『一休が笑う』(武田鏡村 佼成出版社)
『一休と禅』(平野宗浄 春秋社)
『一休ばなし とんち小僧の来歴』(岡 雅彦 国文学研究資料館編 平凡社)
『一休宗純の研究』(中本 環)

Page Top