バックナンバー

トップ  バックナンバー  2011年  5月  第76回 幕末スーパードクターズ

幕末スーパードクターズ
~緒方洪庵と江戸の名医たち~

●本放送 平成23年 5月25日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成23年 6月 1日(水)
16:05~16:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。

配役:緒方洪庵 役:佐藤 浩/華岡青洲 役:佐渡山 順久

エピソード1 名医を生んだ言葉とは? スーパードクター誕生秘話

丸裸?適塾のハチャメチャな塾生たち(再現)
大阪北浜に残る緒方洪庵がつくった適塾(てきじゅく)。不潔で、品行方正とはいいがたい塾生たちでしたが熱意は人一倍。オランダ語の辞書を奪いあい、借りてきた医学書で徹夜勉強。ついには子どもたちの命を脅かしていた天然痘対策に大きな役割を果たします。医療に革命を起こした洪庵の医学校を紹介。
 

エピソード2 妻の悲劇を越えて 乳がん手術への道

和歌山の医師・華岡青洲は妹を乳がんで失い、手術法の開発を誓います。しかし当時は麻酔がなくがんの摘出手術は不可能。青洲は西洋医学と日本の漢方の技術を組み合わせることで全身麻酔薬を完成させます。実験に協力し失明した妻など犠牲を払いながらも世界初の快挙を成し遂げた青洲の生涯を描きます。
世界初の全身麻酔による乳がん摘出手術を行う青洲(再現)
 

エピソード3 未知の病コレラ 緒方洪庵の苦闘

コレラ患者を治療する洪庵(再現)
幕末、膨大な死者を出したコレラの大流行。当時コレラは世界的にも有効な治療法が無い病気でした。医者は治療をあきらめ、人々がパニックに陥る中、緒方洪庵は患者の治療に当たりながら、有効な治療法を集めたマニュアルを作成。弟子を失いながらもパンデミックと戦った洪庵の苦闘の物語です。
 

参考文献

『緒方洪庵伝』 緒方富雄(岩波書店)
『緒方洪庵―幕末の医と教え―』 中田雅博(思文閣出版)      
『華岡青洲と麻沸散』 松木明知(真興交易(株)医書出版部)
『病が語る日本史』 酒井シヅ(立花書院)
『江戸の病』 氏家幹人(講談社)

Page Top