2014年11月28日

【みえDE川柳】 お題:残る

天 褒められた小さな記憶だけ残る/比呂ちゃんさん

宮村典子先生 人生、いいことも悪いことも半々だと聞いたことがあります。だからこそ人は生きていけるのでしょうね。
嫌なこともいっぱいあるし、むしろその方が多いと思います。そんな中で、「褒められた」記憶は確かに心の中にうれしく残ります。特に信頼している人からもらった「褒め言葉」は、それがどんな小さなことでも、一生涯自分を励ます宝物になるのです。
人は人によって生かされる。褒められた小さな記憶は、作者にとって生きてゆくための大きなエネルギーになっているのです。

 

地 ときどきは揺すって残り確かめる/青色パールさん

宮村典子先生 何を揺するのかな?と思わせます。そう言われれば自分も揺すって残りを確かめるものがあるよな…と、誰でも身に覚えがありそうで共感を呼ぶ作品です。甘いものが好きな人ならお菓子の残り、お酒が好きな人なら酒瓶の残りかも。
詩人は、詩のうを揺するかも知れませんし、命を揺すって余生を確かめたり……なんて。読みが広がりますね。

 

人 かば焼きの香り消すため回り道/茜雲さん

宮村典子先生 かば焼きを食べた作者は、まっすぐ家に帰ると妻(夫?)や子どもたちに「自分だけズルーイ」と言われそうで、わざわざ遠回りをして家路に着いたのでしょう。その様子が愉快に伝わってきます。
普通は、「かば焼きの匂い」とするところですが、あえて「香り」としたのは「香ばしい匂い」であるということを強調しているのでしょうね。

 

<入選>

温もりの残る布団が離さない/デコやんさん

剃り残しの髭が一本威張ってる/エミリーさん

絞り切るのは不可能なマヨネーズ/アラレさん

冷蔵庫に得体の知れぬ残り物/リサパパさん

廃校のブランコ風を乗せるだけ/ゆめかさん

フィクションも加え歴史として残る/流星さん

大丈夫心の中に父がいる/かぐや姫さん

 

宮村典子先生  宮村典子先生

今月の課題は「残る」でした。いろんな「残る」があり楽しい選でしたが、298句中、入選は10句で厳しい選になりますことをお許しくださいね。下五の「残ってる」という表現が気になる句がありました。着想が優れている場合は「~てる」も生きるのですが、どうしても句意が軽くなりますので気を付けてください。「~残っている」の句もありましたが、これは下六になり句のリズムが悪くなります。簡単そうでなかなか難しい川柳です。どうぞチャレンジを楽しんでいただきますように……。

投稿者:みえ~るくん | 投稿時間:18:50 | 過去の入選作 |   | 固定リンク


  • 1

ページの一番上へ▲