2015年9月

【みえDE川柳】 お題:島

天 風船を付けると島が持ち上がる/比呂ちゃんさん

吉崎先生 「本当のようなうそ」もまた川柳の真骨頂です。ちっぽけな島でも風船ぐらいで浮き上がるわけがない。そんなことは誰が考えても分かる。そうするとこの島は「架空の島」だということが分かる。「ひょっこりひょうたん島」かも知れないし、作者だけの思い入れのある島かも知れない。いずれにしても、誰も思いつかない「風船で持ち上がる島」に作者独自の着想があって感心しました。

 

地 人情にほだされ島の人となる/つれづれさん

吉崎先生 左遷か島流しか、はたまた気楽な一人旅かは分からないが、しばらく島の生活をすることになったのだろう。都会とは違って人を疑うことを知らない島の人々。その人情にほだされて、この島に永住することになった。一編の小説でも書けそうな一句。「人情にほだされ」が、ほのぼのしていいですね。

 

人 夫とは行きたくはない無人島/あーさままさん

吉崎先生 川柳らしいとっても愉快な句。もしこれが女性の句なら、おそらく本音だろう。と言っても本音のすべてではない。こういう気持ちもちょっぴりある、ということ。川柳は、こういう形で本音の一端を披露できる文芸です。もしこれが男性の句なら、「妻はこう思っているんだろうな」という、とても謙虚な句です。

 

<入選>

無人島自足自給の夢を見る/翔のんまなさん

冗舌(じょうぜつ)家の僕には住めぬ無人島/ポストさん

日焼け止め不用私は島育ち/C子さん

信号は学習用にある離島/福笑いさん

地球儀に有るか無しかの島に住み/samuさん

領海がもれなくついてくる小島/アラレさん

断捨離をしすぎ孤島にいるようだ/夏実さん

忠敬もてこずったろう島の数/加藤当白さん

婚活もありと聞かされ島巡り/崖っぷちさん

サミットに離れ小島も美しい/半田山々坊さん

 

吉崎先生 吉崎柳歩先生

来年5月には伊勢志摩サミットが開かれます。主会場、賢島はじめ、英虞湾は無数の島々が浮かぶ風光明美な場所。その「サミット」を読み込んだ句が多かったのは当然ですが、ただサミットと島々を並べただけの句が多かったように思います。入選句のように、あなた独自の思いなり見解を詠んで欲しかった。また、「取り付く島がない」という慣用句を使った句も多かった。「慣用句の力」に頼らず、あなたのこれまでの人生と生活から見つけた島を詠まれると、入選の可能性が広がったでしょう。

投稿者:みえ~るくん | 投稿時間:18:50 | 過去の入選作 |   | 固定リンク


  • 1

ページの一番上へ▲