高橋美帆

2021年09月15日 (水)「おさんぽ!みえ」いちじく農家

こんにちは♪キャスターの高橋美帆です。

9月15日(水)放送の「おさんぽ!みえ」では、

松阪市三雲地区でいちじくを生産している

花井忠和さんを訪ねました!

hanaisan1.jpg

花井さんは、25年前に両親の畑を引き継ぎ、

今は60アールの畑でいちじくを育てています。

8月から収穫が始まり、9月に出荷のピークを迎えます。

ititigu2.jpg

 

花井さんが育てているいちじくは、

「桝井ドーフィン」という品種。

実が大きく、すっきりとした甘さが特徴です。

 dofin3.jpg

きれいでおいしい実を育てるために、

畝幅を広めにとって、

風通しや日当たりがよくなるよう工夫されています。

unehaba4.jpg

 

傷がつくなどして出荷できないものは、加工します。

5年ほど前から作っているのがドライいちじく。

dry5.jpg

 乾燥させることで甘みが増すそうです。

 

さらに、いろいろな食べ方を楽しんでもらおうと

加工品のテイクアウト専門店を開きました。

shop6.jpg cut7.jpg

妻の真弓さんと娘さんがお店を担当し、

ドライいちじくをはじめ、

ジャムやマフィンなども販売しています。

dry8.jpg jam9.jpg mafin10.jpg

 

花井さん家族は、

若い世代にもいちじくのおいしさを知ってほしいと、

さまざまな形で魅力をアピールしています。

 hanaipack12.jpg wifework11.jpg

 

ご協力いただいた花井さん、ありがとうございました!

投稿者:高橋美帆 | 投稿時間:15:14 | 高橋美帆 |   | 固定リンク


2021年05月20日 (木)「おさんぽ!みえ」 桑名の原木しいたけ

こんにちは♪ キャスターの高橋美帆です。

5月19日(水)放送の「おさんぽ!みえ」では、

桑名市で唯一、原木しいたけを栽培している

伊藤慎二さんを訪ねました。

kaohiki.jpg

伊藤さんは、自動車関連の仕事をしていましたが、

5年前にしいたけ農家を継ぐことを決心。

hausu.jpg

約2万本のナラの木で、原木しいたけを栽培しています。

ハウスの中は、しいたけの香りに包まれていました~

suisou-.jpg
作業場の中には、大きな水槽が!

この水槽に原木をつけると、水の刺激によって

しいたけが発生するそうです。

siitake.jpg

水温20度以下の水に一晩つけたあと、

5日ほどで芽が出て、10日後には

収穫できる大きさにまで育つそうです。

hukuro.jpg

収穫したしいたけは伊藤さん自身が、

丁寧に袋詰めして、

桑名市や四日市市などにある

JAの農産物直売所に出荷しています。

huukei.jpg

忙しい毎日を送る伊藤さんの心を

癒やしてくれるのが、

仕事場の前に広がる、鈴鹿山脈と員弁川の

おりなす風景!

「こののどかな風景を見ると、心が落ち着いて

頑張ろうという思いになります。」

と話してくれました。

 

取材にご協力いただいた伊藤さん、

ありがとうございました。 

投稿者:高橋美帆 | 投稿時間:12:36 | 高橋美帆 |   | 固定リンク


  • 1

ページの一番上へ▲

カテゴリー

番組

RSS