2018年5月

5月13日(日)生中継!三重県サッカー選手権大会【中村信博】

5月13日(日)は、三重県のサッカーチャンピオンを決める三重県サッカー選手権大会の決勝戦です。天皇杯の三重県代表を決める戦いでもあり、NHK津放送局でも生中継します。決勝に進出したのは、ヴィアティン三重と鈴鹿アンリミテッドFC、3年連続で同じカードとなりました。去年一足早くJFLに昇格したヴィアティンと、それを追いかけるアンリミテッド。三重からJリーグを目指すクラブ同士の因縁の対決です。過去2年の決勝はいずれもアンリミテッドが勝利。3連覇を成し遂げJFL昇格に弾みをつけるのか、それともヴィアティンがJFLとしての意地を見せつけるのか、非常に楽しみな一戦です。

その放送に先立って、中継の解説をご担当いただく三重県成年国体チーム監督の中田一三さんと打ち合わせを行ってきました。中田さんは高校時代、四日市中央工業のキャプテンとして全国高校サッカーで優勝。横浜フリューゲルスやジェフ市原などでDFとして活躍された元Jリーガーです。現在は、鈴鹿アンリミテッドFCと東海社会人リーグ1部でしのぎを削るFC.ISE-SHIMAの総監督でもあり、今大会の準決勝ではヴィアティン三重と対戦。0-2で惜しくも敗れましたが、両クラブの戦術、各選手の特徴を熟知されています。

IMG_9979.JPG

まず中田さんが注目選手に挙げたのは、ヴィアティン三重のFW藤牧選手です。ヴィアティンはしっかり守ってからのカウンターが特徴。サイドを経由したのち、前線の藤牧選手にしっかりボールが収まるか、得点のカギを握ると見ています。一方の鈴鹿アンリミテッドFCは、前線4人の連携、特に2トップのコンビネーションが良く、両サイドハーフに仕掛けられる選手、正確なクロスを挙げる堀河とドリブラーの泉がいるので、攻撃力はかなり高いと評価しています。ヴィアティンは主力選手に故障者も出ていて、カテゴリが1つ下のアンリミテッドの方がやや有利という見解です。そのため先制点が大きな意味を持つとのこと。その結果やいかに!

放送は、5月13日(日)、総合テレビで三重県内向けに午後1時からです。ぜひご覧ください!

投稿者:中村信博 | 投稿時間:12:00 | 中村信博 |   | 固定リンク


  • 1

ページの一番上へ▲