ものがたり

中通り

大繩暁子さん

  • まん福

歌とお寿司で幸せを届ける

♪時がと~まるくらい 甘い口づけをしよぉ~よ♪

小さな作業小屋から漏れ聞こえてくる歌声。寿司職人の大繩暁子さんの声だ。

歌いながら作っているのは寿司に使う薄焼き卵。

 

 

のりの代わりに薄焼き卵で巻く「伊達巻」。

道の駅はなわで売られ、塙町で長く愛されるお寿司だ。

普通の海苔巻きよりもちょっと甘いのが特徴。その甘さがクセになる。

 

 

寿司の味もそうだが、大繩さんの歌声も人を引き付ける。

去年行われた「のど自慢」でチャンピオンに輝き、年度末にはチャンピオン大会にも出場している。

 

 

 

地元の福祉施設でも歌声を披露している。

涙を流して聞く人がいるほど、心に寄り添ったやさしい歌声だ。

 

 

「愛のこもった寿司と歌声で誰かを幸せにしたい」

大繩さんから幸せをもらった人はたくさんいるはずだ。

一覧へ戻る 

番組バックナンバー