ものがたり

浜通り

山本修嗣さん

  • 福島LOVERS

「何年でも、花は咲くか」

劇中、富岡町民を演じる山本さん。

建設会社の富岡事務所で復興関連の仕事を担当している。

 

 

仕事以外でも富岡とかかわりたいと町民劇に応募した山本さん。

男性キャストが少ないこともあり、後輩も巻き込んで参加を決めた。

 

 

家族を愛媛に残し単身赴任生活を送る山本さん。

台本の中でどうしても引っかかったのが、『作業員』という言葉だ。

 

「“作業員”という言い方をされると、ちょっと違う目で見られてるのかなと」

 

富岡とつながる最初のきっかけは、あくまで仕事。

でも、芝居を通じて富岡と触れ合う中で、改めて強く思ったことがある。

 

「役に立つなら、どの形でも。裏方でも今の形でも。とりあえず一生懸命やりたいな」

 

 

 

仕事で復興に携わってきた山本さん。今度は町民として舞台に立つ。

 

 

 

一覧へ戻る 

番組バックナンバー