ものがたり

会津地方

佐々木愛実さん

  • 未来デザイナー

乙女たちに継がれるバトン

会津坂下町に100年以上に渡って踊られてきた「早乙女踊り」。

毎年7月、五穀豊穣を願い披露される。

そんな踊りを受け継いでいる乙女たちがいる。会津農林高校、早乙女踊り保存クラブだ。

 

 

踊りのリーダー、3年生の佐々木愛実さん。

入学時、選んだ部活は卓球部だったが、先輩たちの踊る姿に魅了され、兼部することに。

以来、踊りに打ち込んできた。

 

 

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で、クラブ活動は一時停止、

7月の早乙女踊りもなくなった。

11月、代わりに披露する場が開催されるようになったが、細かい振りがなかなか合わない。

 

 

町で最高齢の踊り手に指導を仰いだこの日。

課題を克服し、徐々に踊りがそろってきた。

 

 

 

そして迎えた本番。

今年も途切れさせることなく、伝統の踊りを披露することができた。

 

 

そして次の乙女たちへ。伝統がつながっていく。

一覧へ戻る 

番組バックナンバー