損しないニュース

  

2017年11月24日 (金)あなたの知らない叙勲・褒章の世界


※2017年11月6日にNHK News Up に掲載されました。

その知らせが来たら、目の回るような忙しさが待っています。新聞に名前が掲載され、一躍「時の人」となるほか、上京のための飛行機やホテルの予約、男性ならモーニングコートの準備も急がなければなりません。礼状や記念品の手配もあります。地元に帰ってから待っているのはあいさつまわりに祝賀会。そう、11月は春と並ぶ叙勲・褒章の季節。あなたの知らない受章者の世界、教えます。

ネットワーク報道部記者 高橋大地・栗原岳史

ana171106.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:高橋大地 | 投稿時間:17時23分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年11月16日 (木)結構、盛り上がってます!ハロウィーン


※2017年10月31日にNHK News Up に掲載されました。

ここ数年、盛り上がりをみせるハロウィーン。その市場規模は1300億円にも上ると言われます。今やハロウィーンは、子どもや若者だけのイベントではなくクリスマスやバレンタインデーなどのように日本の恒例行事として定着しつつあるようです。

ネットワーク報道部記者 管野彰彦・大窪奈緒子

kek171031.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:管野彰彦 | 投稿時間:16時02分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年11月14日 (火)"たばこ"だけど加熱式、だから...?


※2017年10月31日にNHK News Up に掲載されました。

ある日、夫が「俺、よいことしたんだよ」と言わんばかりの顔つきで「これに代えたから」と私の前に差し出した電動歯ブラシのようなモノ。何コレと思ったら、火を使わず煙が出ない加熱式のたばこだとか。確かに家で吸っている時は臭わなくなったけど、職場から帰ってくるといつもの臭い。職場では結局、紫煙立ちこめる喫煙所内で吸っているから。最近ニュースでも加熱式のたばこの話を見かけるようになったけど、そもそも普通のたばこと何が違うのだろう? オリンピックに向けて、喫煙場所の制限を強化する動きがあるけど、どこでも吸っていいの? そんな疑問が湧いてきました。

ネットワーク報道部記者 戸田有紀・牧本真由美・大窪奈緒子

tab171031.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:戸田 有紀 | 投稿時間:11時28分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年11月10日 (金)シリーズ東京五輪今昔物語民泊 おもてなしの源流は


※2017年10月26日に
スペシャルコンテンツ「ぜんぶわかる東京オリ・パラ」に掲載されました。

年間2000万人を突破し、さらに増え続ける訪日外国人旅行者。新たな宿泊先として急成長しているのが、住宅やマンションの空き部屋を有料で貸し出す民泊です。でも、日本で民泊が始まったのが1964年の東京五輪を開催する際のホテル不足にあったことはあまり知られてはいません。人々が見慣れぬ外国人を迎えてから半世紀、おもてなしの歴史から今の課題を考えます。

mi171026.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:玉木香代子 | 投稿時間:16時22分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年11月06日 (月)私が投票に行かなかった理由


※2017年10月24日にNHK News Up に掲載されました。

今回の衆議院選挙の投票率は戦後2番目の低さ、でも期日前投票は過去最高。選挙権が18歳に引き下げられても19歳になると関心低下! いったいどういうこと? どうしたらいいの? 投票に行かなかった理由を聞けばその糸口くらいは見つかるかもしれない。渋谷の街で有権者に聞きました。

ネットワーク報道部記者 郡義之・伊賀亮人

wa171024.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:郡義之 | 投稿時間:16時48分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年10月25日 (水)ノーベル文学賞 "読書したい"と思ったあなたへ


※2017年10月6日にNHK News Up に掲載されました。

すっかり秋らしくなったなぁ、と思ったときに飛び込んできたノーベル文学賞のニュース。日系イギリス人のカズオ・イシグロさんの作品について、こんな紹介がありました。「戦前の日本人画家が主人公。終戦で社会の価値観が大きく変わる中、戸惑いながら生きる姿を繊細に表現した作品」「第2次大戦後のイギリスの田園地帯が舞台。邸宅で働く執事の回想を通して、失われつつある伝統を描いた大作」

「読んでみたい」と思った人も多いのではないでしょうか。ネット上でも「おもしろそうなので読んでみたい」、「ドラマしか知らないから原作もほかの作品も読んでみよかな」…そんな書き込みが目立ちました。

一方で、「本を読む時間がほしい。料理をする時間がほしい。走る時間がほしい。ゆっくりする日がほしい。何でこんなに仕事が忙しいんだ!」という悲痛な投稿も。私たちの周りでも「仕事以外の本が全然読めていない」「“積ん読”が300冊を超えた」などの声が聞かれました。

胸を弾ませながらページをめくった経験もあるのに、いつしか離れてしまった読書。再び楽しむためのヒントを取材しました。

ネットワーク報道部記者 大窪奈緒子・栗原岳史・吉永なつみ

no171006.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大窪奈緒子 | 投稿時間:16時39分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年10月24日 (火)世界遺産 理念と現実のはざまで


※2017年10月4日にNHK News Up に掲載されました。

たとえば日本の歴史的遺構や自然が世界遺産に選ばれたら、皆さん、どのような思いを抱きますか?多くの人が誇らしい気持ちになったり、もしかしたら地域おこしにつながるのではと期待に胸を膨らませたりするのではないでしょうか。しかし、今、そんな世界遺産のイメージを覆すような、ある異変が起きているというのです。

ネットワーク報道部記者 郡義之
ウィーン支局記者 小原健右

se171004.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:郡義之 | 投稿時間:17時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年10月20日 (金)野球ボール 67年ぶりの"大改革"


※2017年10月2日にNHK News Up に掲載されました。

少年野球などでおなじみの、縫い目が刻まれたゴム製の「軟式ボール」。プロ野球などで使う「硬式ボール」と比較して、安全で、値段も安いのが特徴です。そのボールが67年ぶりに変わることになり、先月(9月)から新しいボールの販売が始まりました。私も小・中学校のグラウンドで、軟式ボールを追っかけていた1人。野球ボールの「大改革」の背景を取材しました。

ネットワーク報道部記者 佐藤滋

ya171002.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:佐藤滋 | 投稿時間:10時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年10月19日 (木)いま"文通" その魅力は?


※2017年9月28日にNHK News Up に掲載されました。

家に帰って、ポストに手書きの封筒が入っていると、なんだか気持ちがほっこりしませんか。私の休日の楽しみは、喫茶店でコーヒーを飲みながら手紙をつづること。文通を続けているのです。このインターネットの時代、自分はちょっと変わり者なのかなと思っていましたが、実は、文通がひそかに人気を集めているようです。

ネットワーク報道部記者 牧本真由美

im170928.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:牧本 真由美 | 投稿時間:16時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年10月17日 (火)書店員は名探偵!


※2017年9月26日にNHK News Up に掲載されました。

「読みたい本のタイトルが思い出せない」、「あらすじの一部はわかるんだけど・・」そんな経験、ありませんか。漠然とした問い合わせからも、本に関する深い知識と熱意を持って目的の本を探し出す書店員や図書館の司書たち。インターネット上でその活躍ぶりが話題となっています。

ネットワーク報道部記者 飯田暁子・宮脇麻樹

sh170926.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:飯田 暁子 | 投稿時間:16時09分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲