子ども・子育て

2018年08月23日 (木)熱中症 子どもを守るために知っておきたいこと


※2018年7月18日にNHK News Up に掲載されました。

校外学習に参加していた愛知県の小学1年生の男の子。今月17日、熱中症で亡くなりました。厳しい暑さの中、行き帰りに「疲れた」と話していたと言います。
専門家に話を聞くと実は子どもは大人よりも熱中症にかかりやすいさまざまな事情がありました。
子どもの体を、そして命を守るために知っておきたいこと、まとめてみました。

ネットワーク報道部記者 飯田暁子・伊賀亮人・吉永なつみ

net180718.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:飯田 暁子 | 投稿時間:14時35分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年06月13日 (水)深夜 母親たちはマンガを描く


※2018年6月6日にNHK News Up に掲載されました。

子どもが生まれる前、自由な時間が当たり前のようにあって、将来の楽しい育児を夢に抱いていました。でも、実際は、それを許さない現実があって、それはほかの多くの母親たちがそうでした。

でも、いや、だからこそ、自分が自分でいられる時間を紡ぎ出そうと、深夜、母親は布団を抜け出します。マンガを描いたり、ミシンに向かったり。丑三つ時のその少し前の時間の母親たちの世界です。

ネットワーク報道部記者 大窪奈緒子

sin180606.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大窪奈緒子 | 投稿時間:17時03分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年05月21日 (月)おなか痛いをわかってほしい


※2018年4月26日にNHK News Up に掲載されました。

小学校や幼稚園、保育園に入ったばかりの子どもが口にする「おなかが痛い」。
そのつらさをわかってあげて、というツイートが話題になっています。
私も同じ体験をしたばかり。
“おなか痛い”の原因は私にもあったのかもしれません。

ネットワーク報道部記者 戸田有紀・管野彰彦・栗原岳史

ona180426.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:戸田 有紀 | 投稿時間:14時56分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年04月25日 (水)まだ見ぬ我が子


※2018年4月6日にNHK News Up に掲載されました。

それはほんの一瞬でした。看護師が注射器を持ち、シャツをまくり上げた左腕に針を刺しました。それから数十秒で、私の検査はあっけなく終わりました。この検査を受けたことがよかったのかどうか、今も悩んでいます。命に向き合うという覚悟のないまま、私と夫にまだ見ぬ我が子の運命が委ねられたのです。

ネットワーク報道部記者 野田綾

mad180406.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:野田 綾 | 投稿時間:17時07分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年04月19日 (木)"里子"が語った「ホンネ」


※2018年4月3日にNHK News Up に掲載されました。

虐待や経済的な理由で実の親と暮らせない子どもがいます。こうした子どもたちは、家庭的な環境で育つことが望ましいと、国は施設ではなく、里親に預ける子どもの数を現在のおよそ3倍に増やす目標を掲げています。しかし、NHKなどのアンケート調査で里親たちがさまざまな困難を抱えていることがわかりました。それでは、子どもたちは一体どんな思いで日々を過ごしているのか、「ホンネ」を聞いてみました。

ネットワーク報道部記者 野田綾

sat180403.4.jpg

【続きを読む】

投稿者:野田 綾 | 投稿時間:17時03分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年02月16日 (金)ドラム式洗濯乾燥機でまた死亡事故 どう防ぐ?


※2018年1月30日にNHK News Up に掲載されました。

5歳の男の子がドラム式の洗濯乾燥機の中に入って出られなくなり死亡するという痛ましい事故がまた起きました。同じような事故は3年前にも起きていて、ネット上では相次ぐ死亡事故に子育て中の親などから不安や対策を求める声が相次いでいます。事故を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

ネットワーク報道部記者 後藤岳彦・藤目琴実・宮脇麻樹

dra180130.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:後藤岳彦 | 投稿時間:17時18分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年02月08日 (木)受験生にどう接したらいい? ~家族の皆さんへ~


※2018年1月25日にNHK News Up に掲載されました。

受験シーズン真っただ中。受験生の皆さんは、国公立大学の2次試験や私立大学、高校や中学校など、それぞれの入学試験に向けてラストスパートをかけていることと思います。家族の皆さんは、大事な場面を迎えた受験生にどう接したらいいのか、頑張っている背中にどんな声をかけたらいいか、頭を悩ませているかもしれません。腫れものに触るようにそっとしておく? 気合いが入るよう特別な感じを演出する? 受験生の“経験者”や専門家の話から、どう心がければいいか、考えてみました。

ネットワーク報道部記者 戸田有紀・角田舞・大窪奈緒子

juk180125.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:戸田 有紀 | 投稿時間:16時59分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年01月29日 (月)子どもは聞いている


※2018年1月12日にNHK News Up に掲載されました。

子どもが幼いので理解していないと思っていた夫婦の何気ない会話。実は子どもが理解していてドキッとした経験、ないでしょうか。いまそんな子どもの行動を投稿したインターネット上のマンガが話題になっています。子どもは大人が思っている以上に、ふだんの会話がわかっているのです。ではどのようにして会話の内容をつかむのでしょうか。

ネットワーク報道部記者 戸田有紀・高橋大地・栗原岳史

kod180112.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:戸田 有紀 | 投稿時間:17時33分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年01月23日 (火)乳幼児と帰省 どんな事故に注意


※2017年12月28日にNHK News Up に掲載されました。

きょうは仕事納め。このあと実家で年末年始を過ごす人も多いのではないでしょうか。休み中はつい気が緩みがちですが、実家はふだんの自宅と環境が違い、子どもの事故に一層気をつけなくてはいけません。ボタン電池や薬に手を伸ばしたり、いつの間にかいなくなっていたり。ヒヤッとしたことはありませんか?
乳幼児を連れた帰省、どんな点に注意が必要なのでしょうか。

ネットワーク報道部記者 野町かずみ

nyu171228.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:野町かずみ | 投稿時間:17時10分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年01月11日 (木)相次ぐ孤立出産の危険


※2017年12月20日にNHK News Up に掲載されました。

妊娠した女性が助産師などによる医療的ケアを受けずに自宅などで1人で出産する、いわゆる「孤立出産」をするケースが相次いで報告されています。こうした出産は、母体へのリスクが高い上、出産後に子どもが死亡することもありますが、身近な人にも相談できずに「孤立出産」を選ばざるをえない事情があるというのです。いったい、なぜなのでしょうか。

ネットワーク報道部記者 後藤岳彦・田辺幹夫・大窪奈緒子

ait171220.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:後藤岳彦 | 投稿時間:17時48分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲