医療

2018年06月05日 (火)広がる「身元保証サービス」 利用の注意点は?


※2018年5月16日にNHK News Up に掲載されました。

「身元保証人を用意してください」
病気で入院するときや、老人ホームに入る際、こんなふうに求められることが多くなっています。これまでは家族や親族がその役割を担ってきましたが、1人暮らしの世帯が増える中、広がりを見せているのが、事業者が行う「身元保証サービス」です。その実態を研究機関が調査したところ、家族に代わってさまざまな支援を行うことで高額の費用が必要になる場合があることが分かってきました。全国の消費生活センターに寄せられる相談や苦情も増えているということです。納得いくサービスを受けるには、どうすればいいのでしょうか。

ネットワーク報道部記者 飯田耕太

hir180516.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:飯田耕太 | 投稿時間:17時01分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年05月14日 (月)あなたは心肺蘇生ができますか?ためらわないためのQ&A


※2018年4月18日にNHK News Up に掲載されました。

今月、京都府舞鶴市で行われた大相撲春巡業。土俵の上であいさつしていた舞鶴市長が突然倒れ、救命処置に向かった女性に対し、行司が土俵から下りるようアナウンスする問題が起きました。伝統を守るか、緊急対応を優先するかなどをめぐって注目されました。市長は一命を取り留めたということですが、ずっと気になっていることがあるんです。医療関係者でなくても、その場にいた人が素早く心肺蘇生をできなかったのか…。でも、自分の胸に手を当てて考えると、ためらう気持ちがあるのも事実。「心臓が動いていても、心臓マッサージしていいの?」「脳卒中の人はそっとしておかなくていいの?」数々の疑問を専門家に尋ねてみました。

ネットワーク報道部記者 郡義之・吉永なつみ

ana180418.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:郡義之 | 投稿時間:13時32分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年05月09日 (水)のぞみで品川から名古屋へ 感染拡大に注意を


※2018年4月13日にNHK News Up に掲載されました。

沖縄を旅行したあと「はしか」を発症した10代の少年は、新幹線「のぞみ」を利用して、東京・品川から名古屋に帰省後、感染が確認されました。沖縄から名古屋へ。「はしか」の感染拡大が止まりません。拡大するはしか感染の現状と対策に迫ります。

ネットワーク報道部記者 大窪奈緒子・玉木香代子

noz180413.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大窪奈緒子 | 投稿時間:16時05分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年05月08日 (火)優しさの連鎖


※2018年4月12日にNHK News Up に掲載されました。

生活の中のふつうの音に苦しむ人たちがいます。聴覚過敏と呼ばれる症状で悩みは2つ。音が大きく聞こえるような苦しさと、音をやわらげようとつけている“ヘッドホン”への誤解です。音が聞こえにくいようにとつけているのに、音楽を聴いていると誤解されます。「マナーが悪い」と注意されてしまうのです。でもネットを通じた、優しさの連鎖が苦しさをやわらげようとしています。

ネットワーク報道部記者 佐藤滋・高橋大地・大窪奈緒子

yas180412.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:佐藤滋 | 投稿時間:15時30分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年04月26日 (木)1人の観光客が感染広げたか ワクチン接種を


※2018年4月9日にNHK News Up に掲載されました。

その外国人観光客は発熱して3日後、多くの人でごった返す繁華街を歩いていました。この観光客と接触したとみられる、少なくとも7人が、その後「はしか」を発症。沖縄県内では8日時点で、「はしか」の感染者が34人、感染拡大が止まりません。沖縄では平成10年から13年まで流行した際に、9人の子どもが犠牲になっていて、関係者が「はしかゼロ」に向けた取り組みを続ける中で起きた、今回の感染拡大。感染はどのように広がり、私たちは何に気をつければいいのでしょうか。

沖縄放送局記者 小島萌衣
福岡放送局記者 米山奈々美
ネットワーク報道部記者 後藤岳彦 玉木香代子

hit180409.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:後藤岳彦 | 投稿時間:16時08分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年04月10日 (火)ペットの血液が足りない


※2018年3月20日にNHK News Up に掲載されました。

「愛犬が病気で輸血ドナーを探しています」。病気になったペットを救いたい飼い主からの切実な呼びかけです。ネット上では今、こうしたツイートが散見されるようになりました。何が起きているのか。取材を進めると、ペットの輸血をめぐるある事情が見えてきました。

ネットワーク報道部記者 後藤岳彦・高橋大地・飯田暁子

pet180320.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:後藤岳彦 | 投稿時間:16時09分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年03月23日 (金)切れない爪


※2018年3月1日にNHK News Up に掲載されました。

それは切りたくても切れない爪で、爪を切れないだけでなく、髪を洗うことも、体を洗うこともできませんでした。
そうしたことができないのは体の“痛み”からで、その痛みの原因は世界的に有名な歌手も患っている病気でした。取材のきっかけは、NHKに届いた1通の短いメールでした。

ネットワーク報道部記者 大窪奈緒子

kir180301.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大窪奈緒子 | 投稿時間:17時28分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年10月04日 (水) なぜ"虐待入院"と名付けたか


※2017年7月28日にNHK News Up に掲載されました。

病気もけがもしていない子どもたちが入院を続けている異常な事態が全国の病院で起きています。小児科医のグループの調査でその数は去年までの2年間で少なくとも356人。自宅に戻ると再び虐待を受けるおそれがあるほか、児童養護施設などの施設にも空きがなく、行き場を失ってしまっているのです。私たち取材班はこうした状況を「虐待入院」と呼び、その実情や背景をニュースや番組でお伝えしました。放送後、さまざまな反響があり、その中には「“虐待入院”ってNHK独自の言葉?」など呼び方に疑問を投げかける声もありました。私たちはなぜ“虐待入院”と名付けたのか。そう呼ぶしかない、医療現場や子どもたちが置かれている厳しい現実があったのです。

社会部 村堀等記者
ネットワーク報道部 野田綾記者

gyaku170728.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:野田 綾 | 投稿時間:16時59分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年09月27日 (水)"私、梅毒になりました"


※2017年6月27日にNHK News Up に掲載されました。

ある国立大学の最寄り駅。待っていたのは、肩までの黒い髪に、紺色のスカートをはいたごく普通の女子大生でした。
前日、NHKに「私は、梅毒になりました」というメールが届きました。「このままでは感染の広がりが止まらない。危険を知らせてほしい」彼女が思いつめたのは、自分が感染を広げてしまったかもしれないという後悔からでした。

ネットワーク報道部 岡田真理紗記者

doku170627.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:岡田真理紗 | 投稿時間:16時11分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年09月20日 (水)"かぜ"の治療が世界を救う


※2017年6月13日にNHK News Up に掲載されました。

知ってますか?恐ろしい推計があるんです。
対策をとらないとおよそ30年後、”1000万人が死亡”。その対策が求められているのは薬が効かない「耐性菌」
抗生物質など抗菌薬を繰り返し使う中で、細菌自体が変化し出現することがあるんです。
世界を救うために、いま、”かぜ”の治療から変わろうとしています。

名古屋局 松岡康子記者

kaze170613.1.jpgのサムネイル画像

【続きを読む】

投稿者:松岡康子 | 投稿時間:15時55分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲