2017年08月09日 (水)災害時の食物アレルギー対策


2017年6月5日に名古屋のWEB特集に掲載されました。

災害時に避難所で配られる食事には配慮が必要なことがあります。
「食物アレルギー」です。
いま、小学校に行く前の子どもの20人に1人は、小麦や卵、牛乳などにアレルギーがあると言われています。

誤って食べてしまうと、最悪の場合は、命に関わるおそれがあります。
食物アレルギーの子どもを災害時にどう守るのか、始まった対策を名古屋放送局の松岡康子記者が取材しました。

are170605.16.jpg

【続きを読む】

投稿者:松岡康子 | 投稿時間:13時50分 | カテゴリ:食 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

  

2017年08月07日 (月)妊娠中のがん 治療の課題シンポジウム


※2017年5月28日に放送されました。

妊娠中にがんが見つかった場合、
妊婦とおなかの中の赤ちゃんをどう救うのか、全国の医師や看護師が参加して妊娠中のがん治療をめぐる課題を話し合うシンポジウムが東京で開かれました。

gan170828.6.jpg

【続きを読む】

投稿者:清有美子 | 投稿時間:14時17分 | カテゴリ:医療 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

  

2017年08月04日 (金)"毎日が修学旅行のつらさ" 施設で暮らすLGBTの子どもたち


※2017年5月30日にNHK News Up に掲載されました。

LGBT=性的マイノリティーの子どもをめぐる、
ある調査結果が今月、明らかになりました。

民間の団体が全国の児童養護施設を調査したところ、
回答した施設のほぼ半数がLGBTの子どもが「現在いる」あるいは「過去にいた」などと答えたことがわかったのです。

こうした子どもたちがどのような思いを抱いて施設で過ごしているか、想像したことはありますか?
調査した団体によると、それは、”毎日が修学旅行のつらさ”
調査から、その実態が見えてきました。(報道局・宮脇麻樹記者)

LGBT170730.4.jpg

【続きを読む】

投稿者:宮脇 麻樹 | 投稿時間:14時39分 | カテゴリ:LGBT | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

  

2017年07月28日 (金)ある再会 "せっかく生まれてきたのだから"


※2017年月5月25日にNHK News Up に掲載されました。

その女性は生まれた時、息をしていませんでした。

その影響で体を動かすことも話すことも自由にできなくなりました。
それでも10年前、周囲の反対を押し切ってひとり暮らしを始め、
私はその第一歩を取材しました。

去年、神奈川県で障害者19人が殺害される事件が起きたあと、
私はどうしてもその女性に会いたくなりました。
ある言葉が心に引っ掛かってしかたがなかったからです。
(報道局 牧本真由美記者)

sekkaku170525.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:牧本 真由美 | 投稿時間:15時58分 | カテゴリ:生き方 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

  

2017年07月06日 (木)運動のあとに乳製品を


※2017年5月17日に東海地方のローカルニュースで放送されました。

運動をしたあとにヨーグルトなどの乳製品を摂取すると、運動だけを行うより筋力が増加し、生活習慣病の改善や予防につながる可能性があるという研究結果を、中高年の健康づくりに取り組んできた信州大学の研究グループがまとめました。

undo_170517.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:松岡康子 | 投稿時間:16時50分 | カテゴリ:健康 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

  

2017年07月06日 (木)間違ったら大変!山菜と有毒植物


※2017年月5月18日にNHK News Up に掲載されました。

「おいしい山菜だと思ったら、毒のある植物だった」
いま、誤って有毒な植物を食べ死亡したり病院に運ばれたりするケースが全国で相次いでいます。
この10年でも11人が死亡。食べ間違いが命取りになるかもしれない危険な植物たち。

あなたは見分けられますか?

nogusa170518.2.jpg

【続きを読む】

投稿者:牧本 真由美 | 投稿時間:16時02分 | カテゴリ:損しないニュース | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

  

2017年06月30日 (金)なぜ 育児CMに批判


※2017年月5月15日にNHK News Up に掲載されました。

「その時間が、いつか宝物になる」

この言葉で終わる、育児に奮闘する女性を描くインターネット上の動画のコマーシャル。
この動画に“母親が苦労することを称賛する雰囲気が怖い” “過去の育児を思い出して見ていて苦しくなる”といった厳しい意見が寄せられ話題となっています。

動画で描かれているのはいまよくある育児の姿ですが、なぜ厳しい意見が集まるのか、追ってみました。
(報道局・清有美子記者 藤目琴実記者)

ikuji170515.2.jpg

【続きを読む】

投稿者:清有美子 | 投稿時間:16時24分 | カテゴリ:子ども・子育て | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

  

2017年06月26日 (月)SOGIハラって?


※2017年5月15日にNHK News Up に掲載されました。

「あの人、こっち(ゲイ)なんだって」。「ホモみたいで気持ち悪い」
こうした会話を聞いたり、自分でも言ったりしたことがある方、少なくないのではないでしょうか。
「そんなこと、一度も言ったことはない!」と言い切れる自信が少なくとも、私にはありません。たぶん子どもの時、いや学生時代にも言ったことがあると思います。差別につながるという意識が薄いまま使っていたと思います。
そうした言葉に「SOGI(そじ)ハラ」という名前がつきました。
学生時代の私のような発言がないようにという願いを込めて。

sojihara170515.4.jpg

【続きを読む】

投稿者:宮脇 麻樹 | 投稿時間:10時52分 | カテゴリ:LGBT | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

  

2017年06月23日 (金)出産後に自殺した女性の実態調査開始 支援策を提言へ


※2017年4月26日に放送されました。

出産後に自殺をした女性の実態を調べ、心の状態が不安定になりやすい産後の支援策につなげようという研究を、国立成育医療研究センターなどの調査チームが始めました。

出産後の女性は体の状態や、生活リズムなどが大きく変化することから、精神的に不安定になりやすく、およそ1割が産後うつになると言われています。
sango170426.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:飯田 暁子 | 投稿時間:10時38分 | カテゴリ:子ども・子育て | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

  

2017年05月26日 (金)男性がん患者 外見ケア紹介する取り組み広がる


※2017年4月30日に放送されました。

がん治療の副作用で、
髪の毛が抜けるなど外見の変化に悩む男性患者に、化粧などを通じて外見のケアを紹介する取り組みが広がっています。
大手化粧品メーカーの資生堂では、がん患者の男性に化粧の方法を紹介するパフレットを作り、ホームページでも公開を始めました。

gankanja_170429.9.jpg

【続きを読む】

投稿者:清有美子 | 投稿時間:16時03分 | カテゴリ:医療 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲