その他

2019年11月28日 (木)"危険"なとび箱 どう防ぐ


※2019年9月9日にNHK News Up に掲載されました。

「年間2万件」。学校の体育の授業の「とび箱」で起きた事故の件数です。小中学校では骨折などの大けがの原因として最も多いと言われ、障害が残ったというケースも。どうすれば防げるのか探りました。

ネットワーク報道部記者 田隈佑紀・鮎合真介

kikenn.190909.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:田隈佑紀 | 投稿時間:15時58分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年11月21日 (木)既読のつかないLINE


※2019年9月3日にNHK News Up に掲載されました。

「亡くなった僕の父に、妻がLINEを送り、『既読つかないかしら』と、ときどき楽しそうに眺めてる。この妻、いいな。内容は、聞かないでいる」

何気ないこのツイートをきっかけに、亡くなった親や友人に、メールやSNSのメッセージを送った経験があるという、投稿が相次いでいます。もう決して「既読」にはならないはずのメッセージ。どんな思いを投げかけているのでしょうか。

ネットワーク報道部記者 目見田健・ 加藤陽平

kidoku.190903.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:目見田健 | 投稿時間:12時09分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年11月19日 (火)「いつもの夏」はいつまで?


※2019年8月30日にNHK News Up に掲載されました。

8月ももうすぐ終わり。皆さんはどんな夏を過ごしましたか?ことしもふるさとでいつもの夏と同じように家族や友だちと花火を見に行った、というあなたは運がよかったのかもしれません。全国で開かれている花火大会、今、次々と中止に追い込まれているんです。

仙台放送局記者 石井石井良周・長崎放送局記者 玉田佳
ネットワーク報道部記者  野田綾・郡義之

itu.190830.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:野田 綾 | 投稿時間:10時37分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年11月15日 (金)ありがとう、おっちゃん


※2019年8月26日にNHK News Up に掲載されました。

夏休みの里帰りや家族旅行。
子ども連れで出かける機会が増える時期ですが、子どもが大声で泣いたり、はしゃいだりすると、気になるのは「社会の視線」です。

ネット上では、子ども連れで出歩くことに対する厳しい非難の声が後を絶ちません。そんな中、ある出来事を経験した母親は、つぶやきました。
「ありがとう、おっちゃん」

ネットワーク報道部記者 大窪奈緒子・ 斉藤直哉・ 和田麻子

ari.190827.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大窪奈緒子 | 投稿時間:12時54分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年11月14日 (木)流されていた私 変われた


※2019年8月26日にNHK News Up に掲載されました。

好きな相手から、「コンドーム、つけなくていいよね」って言われたら、なんと返しますか。嫌われたくなくて「うん」と答えてしまうと、後に残るのは、のぞまぬ妊娠と、性感染症への不安。流されてしまう自分を変えたい。考えた結果、見つけた方法とは…?。

ネットワーク報道部記者 岡田真理紗

naga.19826.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:岡田真理紗 | 投稿時間:10時49分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年11月12日 (火)いいんですか? ミュージアムでパシャリ


※2019年8月20日にNHK News Up に掲載されました。

「スマホで作品を撮っていいですよ」
そんな美術館や博物館が目立つようになっています。
でも、そもそも博物館や美術館って撮影OKだった?
「SNSにアップできるからうれしい」
「立ち止まる人が増えて迷惑」
さまざまな声があがる中、“ミュージアム”での写真撮影のトレンドを取材しました。

ネットワーク報道部 記者 高橋大地・田隈佑紀

ii.19820.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:高橋大地 | 投稿時間:11時20分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年11月08日 (金)"起きたら犯罪者扱い" いったいなぜ


※2019年8月19日にNHK News Up に掲載されました。

「起きたら犯罪者扱いされててびっくりですが完全に事実と異なります」
茨城県の高速道路で起きたあおり運転の事件で、容疑者の女と間違われネット上で実名をさらされた女性がSNSに書き込んだことばです。
でも、今回と全く同じ事が、おととしにも起きていました。

ネットワーク報道部 記者 井手上洋子・目見田健
北九州放送局 記者 櫻澤健太

oki.190819.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:井手上洋子 | 投稿時間:12時43分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年11月07日 (木)あきらめの悪いスプリンター


※2019年8月13日にNHK News Up に掲載されました。

日本で一番速いスプリンターは誰か、それを決めるのが陸上日本選手権だ。サニブラウン アブデル・ハキームや桐生祥秀、男子スプリンターに注目が集まったことし、女子のレースには異色とも言える選手が決勝に進んだ。その選手を取材すると“あきらめが悪い”はほめ言葉だと思うようになった。

ネットワーク報道部記者 松井晋太郎

aki.0813.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:松井晋太郎 | 投稿時間:15時27分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年11月06日 (水)「~べき」おばけかエンジェルか


※2019年8月8日にNHK News Up に掲載されました。

「きちんと働くべき」「結婚するべき」「空気を読むべき」…。「~すべき」という強迫観念=「べきおばけ」に取り憑かれている人、多いのではないでしょうか。
ひきこもっている人が特に苦しめられているという、この「べきおばけ」とどうやって向き合ったらよいのか、ひきこもり経験者の千原ジュニアさんと中川翔子さんたちと一緒に考えました。

べきおばけ取材班:記者 高橋大地
ディレクター 木原克直・ 岡田歩・ 池上祐生

beki.190808.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:高橋大地 | 投稿時間:12時57分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年11月01日 (金)寺の掲示板が、しみる


※2019年8月6日にNHK News Up に掲載されました。

「ボーッと生きてもいいんだよ」
こんなことばが落ち着いたたたずまいの寺の前に書かれていたらじわじわときますよね。実は今、門前で仏の教えなどを掲げる掲示板に個性豊かなことばが並ぶようになってきています。

ネットワーク報道部記者 野田綾・ 加藤陽平・ 秋元宏美

tera.190806.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:野田 綾 | 投稿時間:12時10分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲