2020年1月

  

2020年01月10日 (金)ジモト情報で生き抜く


※2019年10月18日にNHK News Up に掲載されました。

台風19号がもたらしたあまりに広く深刻な被害を伝える日々のニュース。でも、一人ひとりが生き抜くために必要なのは地元の細かな情報です。
「体育館が満員になりました(別の)中学校へ避難して下さい」
例えば、台風が近づき避難所に行こうとした時、こんな情報があれば助かります。新たな動きを取材しました。

ネットワーク報道部記者 斉藤直哉・國仲真一郎

jimoto.191018.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:斉藤直哉 | 投稿時間:11時41分 | カテゴリ:災害・防災・安全 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年01月09日 (木)窮状も 再起も...SNSで届いた被災地の声 ~宮城 丸森町~


※2019年10月17日にNHK News Up に掲載されました。

「救世主が必要だ」
かつて取材で何度も訪れた宮城県丸森町が、人口減少の中で移住者を呼び込もうと掲げたキャッチフレーズが思わず頭をよぎりました。今回の台風19号で阿武隈川の支流が氾濫し大きな被害が出た丸森町では、16日の時点で亡くなった人が7人となり、安否不明者の捜索が続くなど厳しい状況にあります。通信環境も悪かった当初、SNSで連絡を試みた町の知り合いの人たちからは、被災地の窮状とともに、前を向いて災害を乗り越えようという声も届き始めています。

ネットワーク報道部記者 成田大輔


kyuu.191017.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:成田大輔 | 投稿時間:12時48分 | カテゴリ:災害・防災・安全 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年01月08日 (水)「少しでも力に」 支援始まる


※2019年10月15日にNHK News Up に掲載されました。

「少しでも力になりたい」
「ふんばって」
「一刻も早く日常が戻るように」ーー

大切なふるさと、仲間やお世話になった人が暮らす地域への支援が始まっています。

台風19号で被害を受けた人たちをいち早く支援したいという気持ちが「ふるさと納税」に集まっています。

ネットワーク報道部 野田綾・ 目見田健

sukoshi.191015.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:野田 綾 | 投稿時間:13時01分 | カテゴリ:災害・防災・安全 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年01月07日 (火)養育費不払い 日本は"ひどい"国なの?


※2019年10月11日にNHK News Up に掲載されました。

たとえ離婚したとしても、子どもには苦労をさせたくない。
こう思う親は多いのではないでしょうか。
でも現実は離婚した母子家庭の子どもは、4人に3人の割合で養育費を受け取れていません。ある自治体は「多くのひとり親家庭が離婚後、貧困に直面する。こんなにひどい国は先進国で日本だけだ」として、養育費を支払っていない親の名前の公表を検討し始めました。
ネット上では“歓迎”“やりすぎ”などと議論が巻き起こっています。
なぜこうした状況が長年続いているのか。
取材で見えてきたのは、置き去りにされた「子どもの権利」でした。

神戸放送局記者 安土直輝
ネットワーク報道部記者 有吉桃子

youiku.191011.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:有吉桃子 | 投稿時間:11時54分 | カテゴリ:子ども・子育て | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年01月06日 (月)"危険な台風" 気象庁会見から見えたものは...


※2019年10月11日にNHK News Up に掲載されました。

大型で非常に強い台風19号。12日に東海地方または関東地方に上陸する可能性が高まってきた。今の勢力で上陸すれば東日本では観測史上初めて。
気象庁は11日に開いた会見で、1200人を超える犠牲者が出た61年前の台風を引き合いに出し「それに匹敵する」と呼びかけた。
今回の台風19号。
気象庁が指摘する「危険な状況」とは、いったいどういうことなのか。
記者会見から台風の姿や警戒点を読み解いた。

社会部記者 老久保勇太  
ネットワーク報道部記者 管野彰彦・ 斉藤直哉

kikenn.191011.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:管野彰彦 | 投稿時間:12時59分 | カテゴリ:災害・防災・安全 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲