2018年6月18日

2018年06月18日 (月)幸せの黄色いたすき


※2018年6月11日にNHK News Up に掲載されました。

「駅のホームは欄干のない橋」
視覚障害者が、駅を歩くとき実感するという言葉です。ホームドアが設置されていない駅も多く、転落事故が後を絶たない中、事故を防ぐために、周りの人が視覚障害者に声をかけて一緒に歩いて案内する。大切だと分かっていてもいざその場面になると、「声をかけていいのか」と迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
そうした中、視覚障害者の助けてほしいという気持ちを周囲に伝える「幸せの黄色いたすき」が互いの気持ちをつなごうとしています。

ネットワーク報道部記者 後藤岳彦

shi180611.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:後藤岳彦 | 投稿時間:14時00分 | カテゴリ:その他 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲