旬食みえ レシピ集

2022年09月26日 (月)【旬食!みえ】 梨のティラミス

料理監修:三重調理専門学校

梨のティラミス

〈梨のティラミス〉

〇材料(5個分)

<コンポート>
梨           2個
水           200ml
レモン汁        大さじ2
グラニュー糖      大さじ2
はちみつ        40g
シナモンパウダー    少々


<ティラミスクリーム>
マスカルポーネチーズ  300g
生クリーム(動物性)  100ml
卵黄          2個分
グラニュー糖      60g
卵白          2個分
グラニュー糖      40g

 

<コーヒーシロップ>
インスタントコーヒー  小さじ1
グラニュー糖      大さじ1
お湯          大さじ3
ハードビスケット    適量
ココアパウダー     適量

 

〇作り方
①梨を4等分し、種を取る。皮をむいて、さらに3等分する。
②鍋に水・レモン汁・グラニュー糖・はちみつ・シナモンパウダー・梨を入れる。
クッキングシートで落としぶたをして、弱火で約30分煮込む。
③箸がスッと刺さるくらいのやわらかさになったら、最後に強火で煮詰め水分をとばす。
④氷水につけて粗熱をとったら梨のコンポートの完成。
⑤マスカルポーネチーズに生クリームを加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく。
⑥溶いた卵黄にグラニュー糖を加え、60度くらいのお湯で1分~2分湯せんしながら粘り気がでるまで混ぜる。
⑦卵白を泡立てメレンゲを作る。グラニュー糖を数回に分けて加え、ツノが立つまで混ぜる。
⑧冷やしておいたチーズに湯せんした卵黄とメレンゲを合わせ、切るように混ぜたらティラミスクリームの完成。
⑨グラスの底に砕いたビスケットを敷き、インスタントコーヒーをお湯で溶かしたシロップを塗る。
⑩その上にひとくちサイズに切ったコンポート、ティラミスクリームを順番に重ね、仕上げにココアパウダーをかける。

 

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:16:35 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2022年08月30日 (火)【旬食!みえ】 オクラのえび詰め揚げ・山形の『だし』

料理監修:三重調理専門学校

okura.jpg

《「オクラのえび詰め揚げ」作り方》
<材料(4人分)>
オクラ      12本
むきえび     200g
塩        小さじ1/2
酒        大さじ2
かたくり粉    大さじ3

①オクラに塩をすり込んで、産毛を取る。
②オクラのへたを切り、がくの部分も取り除いたら、水洗いする。
③オクラを縦半分に切り、種を取る。
④背わたを取ったえびに塩をふり、フードプロセッサーにかける。
⑤形がなくなったらお酒を加えて再び混ぜ、すり身にする。
⑥オクラの内側にかたくり粉をまぶし、⑤のすり身を詰める。
⑦全体にもかたくり粉をまぶし、180℃の油で約3分揚げたら完成。

 

《「山形の『だし』」作り方》
<材料(4人分)>
オクラ     200g(約20本)
なす      200g
しょうが    10g
みょうが    50g
大葉      20枚
塩       小さじ1
砂糖      小さじ2
和風顆粒だし  小さじ1
酢       大さじ2
しょうゆ    大さじ3

①オクラに塩をすり込んで、産毛を取る。
②オクラのへたを切り、がくの部分も取り除いたら、水洗いする。
③オクラは縦に4等分して5ミリほどの長さに刻む。
④ナスは角切りにして、水にさらし、あく抜きをする。
⑤ショウガとミョウガをみじん切り、大葉を千切りにする。
⑥③~⑤を合わせたボウルに塩、砂糖、和風顆粒だし、酢、しょうゆを入れ混ぜる。
⑦冷蔵庫に入れて1時間ほど置き、全体がしんなりしたら完成。
(そうめん、ごはん、豆腐などお好みのものにかけてお召し上がりください)

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:13:49 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2022年08月05日 (金) 【旬食!みえ】 かぼちゃのイタリアンコロッケ

料理監修:三重調理専門学校

かぼちゃのイタリアンコロッケ 

《「かぼちゃのイタリアンコロッケ」 作り方》

≪材料≫約20個分

かぼちゃ 1/2個 
バター   20g
たまねぎ 1/2個
ベーコン   2枚
オリーブ油 大さじ1
カマンベールチーズ 90g
小麦粉  大さじ4
卵    1個
パン粉  大さじ6


<トマトソース>
完熟トマト  2個
たまねぎ  1/2個
にんにく   2かけ
塩    小さじ1/2
オリーブ油  大さじ2

 

≪作り方≫
①トマトのヘタを取り、切り込みを入れる。
②沸騰したお湯で1分ほどゆでたら冷水につけて、皮をむく。
③トマトの種を取り、角切りにする。
④にんにくとたまねぎをみじん切りにする。
⑤トマト・塩・にんにく・たまねぎを、オリーブ油をひいたフライパンで煮込む。とろみがついたら
 トマトソースの出来上がり。

⑥かぼちゃの種とわたをスプーンで丁寧に取り除く。
⑦かぼちゃの皮をむき、小分けにする。
⑧電子レンジに入れ、700wで約5分から6分温める。竹串がスッと刺さればOK!
⑨温めたかぼちゃを冷めないうちに潰し、バターを加え溶かしながら混ぜる。
⑩スライスしたベーコンとたまねぎを、オリーブ油をひいたフライパンでしんなりするまで炒める。
⑪かぼちゃに炒めたベーコンとたまねぎを混ぜ、片手で握れるくらいの大きさに分ける。
⑫小さく切ったカマンベールチーズを入れ、ラップに包み丸める。
⑬小麦粉・卵・パン粉をつけ、180度の油で3分ほど、きつね色になるまで揚げる。

 

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:13:19 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2022年06月15日 (水)【旬食!みえ】 モロヘイヤのカレー

料理監修:三重調理専門学校

モロヘイヤのカレー

《「モロヘイヤのカレー」作り方》

《材 料(4人分)》
モロヘイヤ     200g
たまねぎ      1/2個
にんにく      20g
しょうが      2かけ
マッシュルーム   100g
サラダ油      大さじ1
塩         少々
豚ミンチ      200g
鶏がらだし     大さじ2
カレー粉      大さじ2
固形スープのもと  2個
トマトの水煮    400g
水         100ml
生クリーム     200ml

 

〈作り方〉
① モロヘイヤの葉と茎を分け、葉の部分をカレーの具として使う。
② 塩を入れたお湯でモロヘイヤを30秒ほどゆで、氷水で冷やす。
③ 粗熱をとったモロヘイヤを細かく切り、粘りを引き出す。
④ たまねぎ、にんにく、しょうがをみじん切りに、マッシュルームを薄切りにする。
⑤ 油をひいたフライパンで、にんにく、しょうがを炒める。
⑥ 香りが出たら、塩で下味をつけた豚ミンチを加え、ほぐれるまで炒める。
⑦ 玉ねぎを加え、やわらかくなってきたら、マッシュルームを入れ火を通す。
⑧ 鶏がらだし、カレー粉、固形スープのもと、トマトの水煮、水を加える。
⑨ 煮立ってきたらモロヘイヤを入れ、全体にとろみがつくようよくかき混ぜる。
⑩ 仕上げに生クリームを加え、軽くかき混ぜたらできあがり。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2022年05月25日 (水)【旬食!みえ】 緑茶のスフレパンケーキ

料理監修:三重調理専門学校

緑茶のスフレパンケーキ

<緑茶のスフレパンケーキ 2枚分>

卵          3個(卵黄は1個分、卵白は3個分使用)
薄力粉        大さじ2
ベーキングパウダー  小さじ1/2
緑茶の粉末      小さじ1
牛乳         大さじ1
グラニュー糖     大さじ2
レモン汁       小さじ1

<緑茶シロップ>
緑茶の粉末      大さじ1
グラニュー糖     大さじ1
水          大さじ5

 

〈作り方〉
① ミルミキサーやすり鉢で、茶葉を粉末になるまで細かくする。
② 卵は黄身と白身に分ける。黄身は1個分、白身は3個分使う。(白身は冷蔵庫で冷やす)
③ 卵の黄身・グラニュー糖・牛乳を混ぜ合わせる。
④ 茶葉・ベーキングパウダー・薄力粉はふるいにかけ、③と混ぜ合わせる。
⑤ 冷やしておいた卵の白身でメレンゲを作る。白身をハンドミキサーで泡立て、
  グラニュー糖を数回に分けて加えながら、さらに混ぜる。
⑥ ⑤にレモン汁を加えて、ツノが立つくらいまで泡立てる。
⑦ メレンゲに④を合わせ、気泡をつぶさないよう底からすくうようにやさしく混ぜる。
⑧ ホットプレートと、セルクル型の内側に油を塗る。
⑨ 生地を流し入れ、低温でおよそ7分焼く。
⑩ 底がきつね色になったら裏返し、水を少しずつ加えながらふたをして8分ほど焼く。


〈緑茶のシロップの作り方〉
① 粉末にした茶葉とグラニュー糖を合わせ、そこに少しずつお湯を加えて混ぜる。
② とろみがつくまで弱火で煮詰める。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2022年04月20日 (水)【旬食!みえ】 春キャベツのラザニア 

料理監修:三重調理専門学校

春キャベツのラザニア

「春キャベツのラザニア」作り方
《材 料(4人分)》
キャベツ      1個

<ミートソース>
たまねぎ      1個
マッシュルーム   100g
にんにく      2かけ
オリーブオイル   大さじ2
塩         小さじ1/2
合いびきミンチ   400g
小麦粉       大さじ2
トマトの水煮    400g
赤ワイン      大さじ2
砂糖        大さじ1
固形スープのもと  2個
ケチャップ     大さじ1
ウスターソース   大さじ1

<ホワイトソース>
バター       50g
小麦粉       50g
牛乳        500ml
塩         小さじ1/3

チーズ       80g

 

〈作り方〉
① キャベツを一口大に切り、2分ほどゆでる。
② やわらかくなったらお湯を切り、手で触れるくらいまで冷ます。

〇ミートソース作り
① オリーブオイルをひいた鍋で、みじん切りしたにんにくを炒める。
② 塩で下味をつけた合いびきミンチを加え、そぼろ状になるまで炒める。
③ 粗くみじん切りしたマッシュルームとたまねぎを入れ、しんなりしてきたら小麦粉を
  加える。
④ 粉っぽさがなくなるまで混ぜた後、トマトの水煮、赤ワイン、砂糖、固形スープのもと、
  ケチャップ、ウスターソースを入れる。
⑤ 汁気がなくなるまで煮詰めたら、ミートソースの完成。

〇ホワイトソース作り
① バターを溶かした鍋に小麦粉を加え、弱火でかき混ぜる。
② 粉っぽさがなくなりサラサラな状態になったら、温めた牛乳を少しずつ加える。
③ 塩で味を調えたら、ホワイトソースの完成。


① 冷ましたキャベツをしぼって、水気を切る。
② 耐熱容器にキャベツを敷きつめ、ミートソース、ホワイトソースの順に重ねる。
③ さらにその上にキャベツ、ミートソースをのせ、チーズをかける。
④ 220℃のオーブンで約20分焼いたら、できあがり。

 

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2022年04月06日 (水)【旬食!みえ】 甘夏のマフィン

料理監修:三重調理専門学校

甘夏のマフィン

甘夏のマフィン

〇材料(4個分)

<マーマレード>
甘夏      4個(皮は2個分を使用)
グラニュー糖  甘夏(皮と実)の量の半分(今回は365g)

<マフィン>
無塩バター      60g
グラニュー糖     50g
卵          1個
牛乳         80ml
薄力粉        160g
ベーキングパウダー  5g
マーマレード     100g

〇作り方
① 包丁で甘夏の皮をむき、皮と実についた白い部分を取り除く。
② 皮と実の重さをはかる。
 (ここからマーマレードに使うグラニュー糖の量を計算)
③ 皮を熱湯で20秒から30秒ほどゆでる。
④ 皮を千切りにする。
⑤ 包丁で甘夏の実を1つ1つはずす。この時、種はお茶用のパックに入れる。
⑥ 実・皮・グラニュー糖(皮と実の量の半分)・種のパックを鍋に入れ、弱火から中火で
  約20分加熱したらマーマレードの完成。火を止めて冷ましておく。
⑦ 常温で柔らかくしたバターにグラニュー糖・溶き卵・牛乳を少しずつ加え混ぜる。
⑧ ふるいにかけて合わせた薄力粉とベーキングパウダーも入れて、切るように混ぜる。
⑨ 冷ましておいたマーマレード100gを加え、さらに混ぜる。
⑩ 生地をカップの8分目くらいまで入れ、180℃のオーブンで約25分焼く。
⑪ 焼きあがったマフィンの上にもマーマレードをかけてできあがり。

 

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2022年02月22日 (火)【旬食!みえ】 なばなのパスタ ジェノベーゼ風

料理監修:三重調理専門学校

なばなのパスタ ジェノベーゼ風

《「なばなのパスタ ジェノベーゼ風」》
《材 料(4人分)》
パスタ       300g
塩         適量

《ソース》
なばな       300g   
水         150ml
パルメザンチーズ  60g
ソース 松の実   40g
おろしにんにく   20g
塩         小さじ1
オリーブオイル   150ml
粉チーズ      適量


〈作り方〉
①パスタを袋の表示どおりにゆでる。(太めの麺がおすすめ)
②パスタをゆでている間に、ソースを作る。
 沸騰したお湯に塩となばなを入れて2分ほどゆで、氷水にさらす。
③なばなを絞って水を切り、3センチほどの長さに切る。
 ※あとで飾りに使う分を少しとっておく
④ミキサーにゆでたなばなと水を入れて、なめらかなペースト状にする。
⑤パルメザンチーズと松の実を加え、細かく砕く。
⑥おろしにんにくと塩も入れ、塊がなくなるまでミキサーにかける。
⑦ミキサーにオリーブオイルを2回に分けて入れ、よくなじませたらソースの完成。
⑧パスタとソースをよくからめ、お皿に盛りつける。
⑨飾りのなばなをのせて、粉チーズを散らしたら出来上がり。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2022年01月26日 (水)【旬食!みえ】 大根ギョーザ

料理監修:三重調理専門学校

大根ギョーザ

 

「大根ギョーザ」レシピ

<材料>
(皮)
大根      1/2本
塩       適量
かたくり粉   大さじ2

(タネ)
白菜      100g
にら      1束
しいたけ    4本
塩(野菜用)  小さじ1/2
豚ひき肉    200g
塩(肉用)   小さじ1/3
おろしにんにく 小さじ1
おろししょうが 小さじ1
しょうゆ    大さじ1
酒       大さじ1


<レシピ>
① 大根は皮をむき、真ん中の太い部分を2・3ミリほどの薄さの輪切りにする。
② 大根に塩をふり、水分が出て柔らかくなるまでしばらく置く。
③ 大根の水気をペーパータオルで吸いとり、茶こしを使ってかたくり粉をふるう。
④ 白菜・にら・しいたけは、みじん切りにして塩をふり、しばらく置く。
⑤ 豚ひき肉に塩を加えて、粘りが出るまでよく練る。
⑥ おろしにんにく、おろししょうが、しょうゆ、酒を加えて、よく混ぜる。
⑦ 野菜の水気をよく絞って、豚ひき肉と混ぜあわせる。
⑧ 大根にタネをのせて、半分に折ってはさむ。
⑨ 油をひいたフライパンで、両面に焼き色がつくまで中火で焼く。
⑩ フライパンに水を加えてフタをし、2・3分蒸し焼きにする。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2021年12月22日 (水)【旬食!みえ】 じねんじょの茶巾蒸し 和風あんかけ

料理監修:三重調理専門学校

じねんじょの茶巾蒸し 和風あんかけ

 

《「じねんじょの茶巾蒸し 和風あんかけ」作り方》

《材 料(4人分)》
<じねんじょの茶巾蒸し>
 じねんじょ     200g
 卵         1個
 塩         少々

<和風あん>
 水         400ml
 和風顆粒だし    小さじ1
 かに缶(ほぐし身) 1缶(55g)
 酒         大さじ1
 うす口しょうゆ   小さじ1
 みりん       大さじ1

<水溶きかたくり粉> 
 かたくり粉     大さじ2
 水         大さじ2

 

〈作り方〉
① じねんじょは皮をむいて酢水につけた後、すりおろす。
② 卵と塩を加えて、切るように混ぜる。
③ 耐熱性の器にラップをかけ、上からじねんじょを流しこむ。
④ ラップで包み、口をよくねじって輪ゴムで留める。
⑤ 8分蒸して、状態を確認する。
  表面は蒸しパンのようなかたさ。中は竹串を刺して、じねんじょが少し付いてくる程度が
  目安。
⑥ 水を入れた鍋に和風顆粒だし、かにのほぐし身、酒、うす口しょうゆ、みりんを加え、加
  熱しながらかにの身をほぐす。
⑦ 沸騰してきたら一度火を止め、水溶きかたくり粉を回し入れる。
⑧ 全体になじんだら再び加熱して、とろみをつける。
⑨ じねんじょの茶巾蒸しに和風あんをかけ、みつばとゆずを飾ったら完成。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


ページの一番上へ▲

カテゴリー

番組

RSS