太田磨理

2022年06月13日 (月)オータマのもっかい会いたい~志摩マリンランド編~

志摩市の水族館「志摩マリンランド」が営業を休止して約1年。

マリンランドに関わった方々や動物たちの今をお伝えしました。

 

まず元館長の里中知之さん。

IMG_3741.jpg

いなべ市が行うネコギギの保護事業に携わっていらっしゃいます。

ネコギギは国の天然記念物に指定されている淡水魚。

nekogigisan06.png

里中さんは「ネコギギを通して自然の大切さを子供たちに伝えたい」

と話してくれました。

 

続いて会いに行ったのはケヅメリクガメのセイラさん。

今は伊勢市の伊勢シーパラダイスで元気に暮らしていました。

IMG_3775.jpg

約12年前、セイラさんの体を洗ったりえさをやったり

お世話をさせていただきました。

当時はセイラさんを軽々と持ち上げていましたが、、、

seirasan2010.jpg

 

現在は30キロを超えて持ち上げるのも一苦労。

だいぶ大きくなりました。

seirasan202206.jpg

 

セイラさんを飼育するのは

同じく志摩マリンランドからやってきた安部瑞貴さん。

abesan06.jpg

安部さんは主に魚類や両生類を担当されています。

タイミングが合えば、セイラさんのお食事タイムはもちろん、

安部さんが膝にイグアナをのせてえさをやる姿が見られるかも!

 

こちらはペンギンのニットちゃん。(手前真ん中)

nittochan06.jpg

マリンランドからやってきてすぐ環境にも慣れ

パートナーを見つけて赤ちゃんも誕生しました。

 

ニットちゃんをお世話するのは飼育係の森本陽介さん。

moriyosukesan06.jpg

森本さんはペンギンをはじめトド、アシカ、イルカなど海獣担当。

目標とするのはシーパラダイスの田村龍太館長なんですって!

 

その田村館長は「志摩マリンランドの思いも受け継いで

一生懸命お世話して、元気に長生きしてもらえるように

頑張ります」とおっしゃっていました。

tamurakancho06.jpg

 

マリンランドにあったマンボウのモニュメントは紀北町の道の駅へ。

一部のケープペンギンは香川県にある四国水族館へ。

shikokukihoku2.png

四国水族館の方によると、ペンギンたちは病気もせずに

もとからいるペンギンたちとも仲良くしているそうです。

 

場所はそれぞれ違いますが、新天地で元気に暮らしている

方々や動物たちに会うことができました。

お世話になったみなさん、ありがとうございました。

 

番外編です。

ネコギギポーズ↓↓

nekogigis.jpg

左から、いなべ市教育委員会の矢﨑充彦さん、里中さん、

佐藤俊介さん。実は佐藤さんには以前別の取材でお世話になっていて

約10年ぶりの再会でした。

 

伊勢シーパラダイスの皆さんです。

imamurakoho06.jpg

seapara06.jpg

 

今回の撮影は実は海獣が苦手という滝口カメラマンでした。

takigucchi06.jpg

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:21:00 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2022年06月13日 (月)バスケ「ヴィアティン三重」B3参入決定!【太田磨理】

バスケットボールチーム「ヴィアティン三重」は

三重県で初めてプロバスケリーグ「Bリーグ」の下部組織

B3参入が決まりました。

そこで5月のまるっとトークでは「ヴィアティン三重」の

中心選手、阿部祐也選手をお招きしました。

abesenshu05.jpg

持ち味であるスピードを生かしたプレーはもちろん、

ハードなディフェンスもこなします。

abesankougeki05.jpg

B3リーグの選手は、仕事をしながら活動している人が

ほとんど。

阿部選手は、今年度から津工業高校の教諭を

務めています。

学校の先生とBリーガーの二刀流です!

 

阿部選手は「B3でチームが活躍することで

三重のバスケットボールのレベルアップや

地域の活性化に貢献したい」と話してくれました。

abesanshikishi.jpg

B3リーグは秋に開幕。

阿部選手の活躍も楽しみですね!

応援しましょう!!

 

実はお茶目な阿部選手です。

ochameabesan.jpg

  

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:20:45 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2022年06月13日 (月)オータマのもっかい会いたいin関宿

5月に訪れたのは亀山市の関宿。

江戸時代から続く町並みが今も残っています。

sekijyukumachi05.png

 

まず約10年ぶりに会いにいったのは

創業約380年の老舗和菓子屋14代目、

服部亜樹さん。

IMG_3607.jpg

 

そして妻の理佳さん。

IMG_3637.jpg

 

この10年の間に、なんと亜樹さんが忍者の末えいであることがわかる

古文書が発見されました!

歴史学者の方によると、服部家は多くの先祖が

忍びの経歴を持っていたことがうかがえるそうです。

komonjyoakisan.png

忍者は保存食の技術にたけていたので、

この伝統の和菓子も忍法で作られたお菓子かも。

sekinoto05.png

 

さらに亜樹さんは去年カフェをオープンしました。

そこは洋菓子とコーヒーが楽しめるカフェ!!

pudding05.png

 

しかも中庭にはPOPアートが描かれています。異空間!

IMG_3598.jpg

亜樹さんは「カフェで異空間を感じてもらうと

また関宿が違う目で見られる。

100年後に、より価値のある関宿になっていてほしい」と

話してくれました。

 

続いて会いに行ったのはアメリカ出身のブライアン・マホニーさん。

briansan05.png

関宿祇園夏まつりの祭ばやしに参加しています。

関宿の美しさに魅了され、関宿に住んで20年。

現在は三重大学の講師などを務め家族と暮らしています。

「まつりと町並みのマッチングが最高!」とのこと。

IMG_3630.jpg

 

今回お世話になった関の山車会館の西川さん(左)と川上さん。

IMG_3635.jpg

 

関宿は忍者の末えいも海外の人も魅了するまちでした!

関宿の皆さん、お世話になりました。 

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:20:12 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2022年04月25日 (月)みうみくんのお仕事図鑑~老舗のお餅屋さん~

今回ご紹介したのは津市にある老舗のお餅屋さん。

mochiya.png

 

9代目の加藤俊次さんです。

9katosan.png

 

こだわりのみたらしだんご作りに密着しました。

2mitarashi.png

 

俊次さんはシンプルなだんご作りにこだわっています。

使う材料は米粉だけ。

komeko.png

 

練って蒸しただんごを餅つき機でつきます。

こうすることで、やわらかくて弾力のあるだんごに

仕上がるそうです。

mitarashiGS.png

mitarashiup.png

 

実は俊次さん、お店を継ぐつもりはなかったそうです。

父・丈也さんが病気だという診断を受け、

会社を辞めて帰ってみると、、、

なんと誤診だったそう。

丈也さんは今でもお元気!

8katosan.png

8katosan2.png

 

俊次さん、当初は複雑な思いがあったそうですが、

立派にお店を継いで23年が経ちました。

母・美代子さんも心強いと話していました。

miyokosan.png

 

俊次さんは「お餅を通して和みの空間ができ、

一家団らんの手助けができれば」と話してくれました。

oshigotozukan.png

 

これからもご家族でずっとお店を続けていってほしいです。

ご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

IMG_3533.jpg

 

今回の撮影クルーです。

IMG_3442.jpg

花見だんごを撮影中。いわゆる「物撮り」です。

IMG_3444.jpg

左から、

加藤さんのお店に10年通っている森ディレクター、

好きな食べ物はやきそばとみたらしだんご!池田カメラマン、

そしてとっても優しい加藤照明&音声マンです。

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:16:02 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2022年04月06日 (水)オータマのもっかい会いたいin紀宝町

3月に訪れたのは県の最南端のまち、紀宝町。

みかんがとれて、ウミガメが産卵に訪れるまちとして

知られています。

IMG_3303.JPG

 

お世話になった皆さんです!

みかん農家3代目の石本慶紀さん。

IMG_3300.jpg

年間40種類ものみかんを生産していて、

10年前にはアテモヤという高級フルーツ作りにも挑戦。

まさにみかん業界のチャレンジャーです!

3年ほど前には道の駅紀宝町ウミガメ公園の社長に就任。

IMG_3292.jpg

 

道の駅ではスタッフの皆さんも地道なチャレンジを続けています。

川原田彩さんは”手書で商品案内板や新聞を作っています。

IMG_kawaradasan.jpg

 

レストラン担当の南孝子さんは

旬のブラッドオレンジを使った新しいスイーツの開発に挑戦。

IMG_3307.jpg

孝子さんには以前訪れたときにもお世話になっていて

「10年後もまた会おうね」と約束しました!

いや、それまでにまた伺います(笑)

 

カメが大好きな飼育員、伊藤柊也さんは

ドッグランならぬ”カメラン”にチャレンジしようとしています。

IMG_3315.JPG

伊藤さんが飼っているゾウガメのパオくんと。

 

みかん農家の石本さんに会いに行ったら

チャレンジをしまくる社長になっていて

周りの人たちにもそのチャレンジ精神が浸透していました。

 

IMG_3298.jpg

ちなみに、今回は前回と同じ撮影隊でロケに行ってきました。

後ろ左端=新里照明&音声マン、

左から2番目=山川カメラマンです。

石本さんは山川カメラマンのことを覚えてくれていました。

IMG_3368.jpg

「薄目でカメラをのぞき込む感じ」が印象的だったそう。

 

そして今回の編集は仲島編集マンでした!

IMG_nakashimasan.jpg

 

「オータマももっかい会いたい」は新年度も

パワーアップしてお伝えします。お楽しみに!

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:19:56 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2022年04月06日 (水)今年度もよろしくお願いいたします!【太田磨理】

ことしも津市のお城公園の桜がきれいです!

高虎公もうれしそう。

IMG_3448.jpg

 

さて、今年度も「まるっと!みえ」でお目にかかります。

どうぞよろしくお願いいたします。

番組には新たなメンバーが加わりました。

齋藤舜介アナウンサーと天川和菜子気象予報士です。

それに伴い、津放送局のホームページと

局前にある看板もリニューアルしました。

これらの写真を撮影してくれたのは、「チームH」のみなさん。

IMG_3214.jpg

 

そしてヘアメイクを担当してくれたのは、いくみさん。

IMG_3224.jpg

 

ホームページではメンバーそれぞれのプロフィールも

更新されています。ぜひご覧ください!

今年度も「まるっと!みえ」をどうぞよろしくお願いいたします!!

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:19:37 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2022年02月08日 (火)オ―タマのもっかい会いたいin木曽岬町

今回訪れたのはトマトのまち、木曽岬町。

トマトの生産量は県内1位!

31軒の農家がハウス栽培をしています。

tomatoes.JPG

 

今回お世話になったみなさんです。

まちのトマト博士こと水谷幹さん。

mikisennsei.jpg

以前お会いしたときからトマトで木曽岬を盛り上げたいと

地域に貢献されています。

 

昔ながらの土耕栽培を続けている

黒宮俊明さん(右)・時子さんご夫婦。

kuromiyahusai.jpg

 

幹先生一押しの若手農家、服部達哉さん。

tatsuyasan.jpg

達哉さんはトマト農家の3代目。10年前に脱サラして

農家を継ぎました。

達哉さんのハウスは最新技術を取り入れていて

水分や肥料、室温などコンピューターで管理しています。

tomatolong.jpg

 

続いてトマト農家の女性たちが集まったグループです。

jyoseihan.jpg

トマトの天ぷら、トマトごはん、などなど

農家さんならではの料理を用意してくれました。

noukameshi.jpg

 

当時もお世話になった服部磨美さん。

masumisan.jpg

明るく優しいお人柄は変わっていませんでした。

 

地元で人気の喫茶店店主、三輪英希さんと妻の尚子さん。

miwahidekisan.jpg

お店では英希さんが考案したトマト尽くしのメニューが楽しめますよ。

tomatokishimen.jpg

 

今も昔も変わらず、まちの皆さんがトマトを

大切に思っていらっしゃるのがよく伝わってきました。

kuromiyasanto.jpg

木曽岬のみなさん、ありがとうございました。

 

~スタッフ編~

アート担当ゆかちんです。

yukachan.jpg

いつもゆかちんがかわいいイラストや字幕を作ってくれています。

よ~く見ると、オータマのイラストが

今回はトマト仕様にバージョンアップ!

 

撮影隊はトマト大好きメンバーでした。

tomatohan.JPG

大重カメラマン(右)、新里音声&照明マン(右から2人目)。

 

編集は、

趣味は山登り、トマトはちょっと苦手な

川村編集マンでした。

kawamu.jpg

次回もお楽しみに!

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:17:33 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2022年02月01日 (火)南伊勢町の旅【太田磨理】

去年12月、南伊勢町を訪れたときの様子を

「ウイークエンド中部(ういちゅ~旅)」や

「まるっと!みえ」内で放送しました。

南伊勢町は海の幸、山の幸に恵まれた食材の宝庫です!

まずは海のお宝、冬が旬のヒオウギ貝。

貝殻をパクパクと動かすので

地元ではアッパッパ貝と呼ばれ親しまれています。

kai.jpg

この貝を専門に扱う濱地武さん・三保子さんご夫婦。

1hamasan.jpg

町外にはあまり出回らないという

南伊勢町のソウルフードを全国に広めようと、

アッパッパ貝を使ったさまざまな料理も

考案されています。

IMG_3017.jpg

お二人の仲の良さと絆の強さが印象的でした。

これから県内をキッチンカーで走って

アッパッパ貝の魅力を伝えたいということです。

キッチンカーで流すテーマソングも制作中

だそうですよ。

 

かわって、山のお宝はみかん!

mikan.jpg

内瀬地区で育つみかんは「内瀬みかん」と

呼ばれています。

農園を案内してくれた田所一成さん。

IMG_2952.jpg

田所さんは温州みかんのほかにも

高級みかんの「せとか」を育てて

銀座のフルーツ店に卸していて

なんと1個1600円の値がつくそう。

みかんに愛情をたっぷり注いで

大切に育てていらっしゃるのが

よく伝わってきました。

 

そして、放送で紹介できませんでしたが

南伊勢町でお世話になったみなさんです。

IMG_2956.jpg

he.JPG

コロナが落ち着いたら

南伊勢町をのんびり旅してみてはいかがでしょうか♪

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:13:04 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2022年02月01日 (火)"椋本の大ムク"里帰り【太田磨理】

津市芸濃町椋本には「椋本の大ムク」と呼ばれる

大きなムクの木があります。

IMG_3040.jpg

国の天然記念物に指定されていて

”椋本”という地名の由来になったといわれる木です。

高さは約18メートル!そして樹齢は1500年以上!!

地域のシンボルとして愛されています。

この大ムクを後世に残していこうと、

先月、岡山県で育てられた後継樹の苗木が

椋本神社の境内に植えられました。

IMG_3036.jpg

苗木は1メートル30センチくらいまで

育っていました。

椋本神社の駒田良介宮司は

「この苗木が、この土地の人とともに

未来永劫(えいごう)続いていくことを

願っています」と話してくれました。

また、苗木を育てた森林総合研究所林木育種センター

関西育種場の添谷稔場長は「苗木を里帰りさせられて

ホッとした」と、笑顔を見せていました。

IMG_3038.jpg

(右から駒田宮司、添谷場長、

    関西育種場の堀口和真さんと山本あゆみさん)

(ちなみに右奥は大重カメラマンです。)

いつかはこの苗木が2代目大ムクとして立派に育ち

地域のシンボルとして皆さんに親しまれるように

なってほしいですね。

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:12:44 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2022年01月04日 (火)江川智晃さん~豚肉と野球で地域貢献を~【太田磨理】

12月9日放送の「まるっとトーク」、ゲストは

伊勢市出身で元プロ野球選手の江川智晃さんでした。

IMG_2912.jpg

宇治山田商業高校から福岡ソフトバンクホークスに入団、

その後15年間野手として活躍されました。

現役引退後は球団のスコアラーを務めましたが去年三重に戻り、

第2の人生に選んだ仕事は豚肉の加工販売業。

1208hakui.jpg

saisatsu.png

母方の家業が養豚場経営ということもあり、

豚肉をスライスしてパック詰めにしたり加工品を作ったりする

会社を立ち上げました。配達もご自身で行います。

 

そんな忙しい合間を縫って、江川さんは小学生のときに通っていた

今一色野球スポーツ少年団の練習に特別コーチとして参加。

saisatsu3.png

選手のみんなは目を輝かせながら江川さんの指導を受けていました!

江川さんの恩師で、監督の富士井元洋さんは

「(江川さんは)仲間思いの優しい子だった。第2の人生も応援している」と

エールを送っていました。

kantoku.jpg

(今一色野球スポーツ少年団 富士井元洋監督)

江川さんは”不言実行”で「豚肉と野球で地域貢献をしたい」と

話してくれました。

IMG_2915.jpg

これからのご活躍もお祈りしています!

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:13:21 | 太田磨理 |   | 固定リンク


ページの一番上へ▲

カテゴリー

番組

RSS