2020年10月21日 (水)【旬食!みえ】 しいたけの錦糸シューマイ

料理監修:三重調理専門学校

20201021

<材料4人分> 

豚ミンチ         250g
塩            小さじ1/2
たまねぎ        1/2個
しょうが(すりおろす) 小さじ1
酒            大さじ1
しょうゆ         大さじ1
ごま油          大さじ1
かたくり粉        大さじ1
砂糖           小さじ1
卵            2個
サラダ油        大さじ1
シューマイの皮    20枚
生しいたけ       12枚
かたくり粉       大さじ2
グリーンピース     12粒


〈タレ〉
しょうゆ         大さじ2
酢            大さじ2
砂糖          小さじ1
ごま油         小さじ1/2

 

<作り方>

①しいたけの軸を切り、カサの上の部分を少し削(そ)ぎ落とす
②玉ねぎとカサの切れ端をみじん切りにする
③豚ミンチに塩を加え、粘りが出るまでよく混ぜる
 ★初めに塩を入れることで粘りが強くなる★
④③に砂糖とおろししょうが、酒、しょうゆ、ごま油を加え混ぜる
⑤さらに、かたくり粉と②も入れて混ぜ、バットにうつす
⑥人数分の切れ目を入れて、冷蔵庫で冷やす
⑦熱したフライパンに油を馴染(なじ)ませたら、余分な油を捨て火を止める
⑧再び火をつけて、溶いた卵を一気に流し入れる
⑨固まってきたら裏返して、反対側にも熱を加える
⑩焼けたら折りたたみ、千切りにする
⑪細く切ったシューマイの皮と⑩を合わせる
⑫しいたけのカサの内側にかたくり粉をまぶす
 ★しっかりとまぶしておけば、タネが外れにくい★
⑬冷やしておいたタネを冷蔵庫から取り出し、丸める
⑭タネの周りを⑪で覆ってしいたけに乗せる
⑮上にグリーンピースを飾って蒸し器で12分蒸す
⑯タレの材料をすべて混ぜ合わせたら、完成!

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2020年10月14日 (水)おさんぽ!みえ「ぬくいの郷」

こんにちは~!

今回の「おさんぽ!みえ」では、津市白山町にある直売所「ぬくいの郷」に行ってきました♪

227.jpg

ぬくいの郷は、15年ほど前に地元の農家が中心となって立ち上げたお店で、

今年7月、JA三重中央の直売所としてリニューアルしました。

 

この時期は、秋の食材が豊富。

228.jpg

229.jpg

クリやサトイモ、サツマイモなどが並んでいました。

230.jpg

白山町産の大豆で作られる「みそ」や、

手作りの和菓子、炊き込みご飯なども地元の方々に

親しまれているそうですよ~。

 

そして、これから11月にかけておすすめなのが「柿」!

農家の1人で、次郎柿という品種の柿を出荷している

臼井さんの畑にお邪魔しました。

231.jpg

約30アールの畑には、柿の木が120本以上!

多いときは、1日500キロほどの柿を収穫するそうです。

232.jpg

秋にシャキシャキとした甘みたっぷりの柿を実らせるため、

臼井さんは前のシーズンが終わった直後から肥料をまき、

冬場に枝をせん定するなどして、1本1本の木を最適な状態に

保ってきました。

240.jpg

 愛情込めて育てられた秋の味覚が楽しめる直売所「ぬくいの郷」。

みなさんもぜひ行ってみてくださいね☆

投稿者:髙木理加 | 投稿時間:12:11 | 髙木理加 |   | 固定リンク


2020年09月25日 (金)【みえDE川柳】 お題:守る

天 幸せの笑顔を守り抜いてます/久実さん

丹川修先生 笑顔を崩されることのないように、気を付けなければならないとの決意とも受け止められるが、ピンチの時こそ笑顔を崩さない。それが、周りの人へも幸せを与え、自分にも幸せを引き寄せることにつながる。スポーツの世界でも苦境に立たされた時、たとえそれが、つくり笑顔だとしてもピンチを救う原動力になる。そういった光景をしばしば見る機会がある。笑顔で立ち向かう姿に、こちらまで幸せな気分にさせられる。○○スマイルと言われる所以(ゆえん)である。このように受け止めれば、さらに勇気が湧いてくる。「守り抜いてます」が、いきている。

 

地 口下手も信念守り絆得る/らっきー麗さん

丹川修先生 決して饒舌(じょうぜつ)ではないが、自分の信念を貫く事により得た絆こそ本物の絆ではないだろうか。むしろ、口のうまい人との間には、なんとなく表面的で薄っぺらなものを感じてしまう。口下手、無口な人であっても、しっかりとした信念を持った人には魅力を感じるものだ。

 

人 とりあえず指切りをして聞くヒミツ/汐海 岬さん

丹川修先生 「言わないから、絶対に言わないから」と指切りをして、ヒミツを聞き出す。それは、ヒミツを聞き出す為(ため)の作戦だったのか? それとも、初めはヒミツを守る気でいたが、知ってしまったらどうしても話したくなったのか?はたまたヒミツを聞く時のお決まりのルールなのか? 上5の「とりあえず」にその真意が込められている楽しい句である。

 

<入選>

転んでも玉子を守る主婦の意地/いちかわいさおさん

時々は正義をまもるフリをする/おじいさんさん

守らねば青い地球が錆びてくる/スイッチさん

思い出を守ってくれる日記帳/猫原えみさん

守秘義務を知らない人に囲まれる/金子鋭一さん

スカーフで首元守り若づくり/小宮やすさん

手の平の中がわたしの守備範囲/まゆゆさん

かろうじて四季を守っている地球/加藤当白さん

お守りの消費期限が分からない/ムギさん

結び目の固さで守る組織力/福村まことさん

 

丹川修先生 丹川修先生

 それぞれに「守るもの」 「守るべきもの」が、数多くあり楽しく選をさせて頂きました。ただ、「守る」と言うお題が、硬いためか標語に近いものが、数多くみられました。
 きっと、真面目すぎる方の作品でしょう。作品を聞いたあとに「そうですね」と思わず続けたくなります。そこから脱却するためには、作品の中に「人間」が存在するか自問自答してみることです。そして、その「人間の持つ心の動き」を少し、裏からや斜めから見る工夫をしてください。例えば(あてつけのように・・・・・・・)。言い換(か)えれば、「皮肉」や「おどけ」の心もちを加味できれば大成功です。口で言うのは簡単ですが、やはり、たくさん作ってみること以外に、近道はないとの結論になりそうですね。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:18:50 | 過去の入選作 |   | 固定リンク


2020年09月23日 (水)【旬食!みえ】 シャインマスカット大福

料理監修:三重調理専門学校

シャインマスカット大福

<材料4人分> 
シャインマスカット   8粒
白あん         80g
クリームチーズ    80g
(求肥)       
白玉粉         80g 
砂糖           40g
水            100ml

片栗粉         少々

 

<作り方>
①白あん、クリームチーズは4等分にし、それぞれぶどうを真ん中にして丸めて冷蔵庫で冷やしておく。
②ここから皮となる求肥(ぎゅうひ)作り。ボウルに白玉粉と砂糖を混ぜ、少しずつ水を加えて混ぜる。
 (ちょこっとポイント)白玉粉がダマにならないように、少しずつ水を入れて混ぜる。
③固まりがなくなるまで混ぜたら、電子レンジで加熱する。
 600Wで2分。
 白っぽさが残っていたら、かき混ぜて再度1~2分。
④③の生地をバットに入れ。片栗粉をまぶしながら8等分にする。
 (ちょこっとポイント)くっつかないように、片栗粉をまぶしながら、分ける。※熱いので、やけどに注意。
⑤冷蔵庫から取り出した①を真ん中にして、求肥で丸める。
 最後は、つまむようにして口をふさぐ。

 

 

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2020年09月16日 (水)おさんぽ!みえ「四季菜尾平店」

こんにちは!足立明里です。

今回のおさんぽは、

「四季菜 尾平店」にお邪魔しました♪

sikisaobira.jpg

店内には、秋の味覚!

くりやかぼちゃ、さつまいもなどが並んでいました。

kurikuri.jpg

 その中で、いま人気なのが・・新米です!

okomeshot.jpg

このお店では、白米はもちろん玄米も売られていて

好みの度合いに無料で精米してもらえます♪

okomehiki.jpg

精米の度合いは

「1分づき」から「8分づき」まで

細かく分けられているんですよ。

norumaruga.jpg

栄養も残したいけど、

玄米の食感がちょっと苦手・・。

そんな私は、ちょうど中間の「5分づき」に

しました!

gobuduki.jpg

akarinogohan.jpg

玄米の風味が少し残りつつも、

癖はなくて食べやすーい!

歯ごたえがしっかりあって

おいしかったです(●^o^●)

 

皆さんもこの秋、

精米の度合いで変わるお米の味や食感を

いろいろ試してみてはいかがでしょう? 

 

投稿者:足立明里 | 投稿時間:13:58 | 足立明里 |   | 固定リンク


2020年08月28日 (金)【みえDE川柳】 お題:薬

天 ポケットの飴がわたしの常備薬/まゆゆさん

橋倉久美子先生 「ポケットの飴(あめ)」と言えば、いわゆる「大阪のおばちゃん」が連想される。持ち歩きに便利で安価、小腹を満たすにも退屈しのぎにも、人間関係作りにまで役立つ飴は、常備薬には最適、最強のアイテムである。その効能は誰もが思い浮かべるだろうし、私も持ってるよと共感する人も多いだろう。
 何を常備薬にするかは人によって違うだろうが、多くの人を納得させる常備薬として「ポケットの飴」を思いついたことが、この句のお手柄である。

 

地 母さんの指は全部が薬指/せきぼーさん

橋倉久美子先生 「手当て」という言葉は、文字通(どお)り「手を当てる」ことが語源だと聞いたことがある。手を当てて診察や治療をするのは医者だが、安心感を与えるには母親の手が一番である。
 この句の「薬指」はまさに薬を塗る指、手当てをする指である。薬指に限らず、全ての指が、ひいては「母さん」の存在そのものが、最良の薬なのだろう。母親の句は多かったが、易しい言葉ですっきりと述べたこの句が光った。

 

人 念のため柩に薬入れる通夜/福村まことさん

橋倉久美子先生 柩(ひつぎ)には、愛用の品や大切にしていたものを入れることが多い。故人は晩年、薬が手放せなかったのだろう。三途(さんず)の川を渡る途中で体調を崩したりしては困るだろうと、薬を持たせるというのだ。あるいは故人が几帳面(きちょうめん)な人柄で、薬がないと飲み忘れを気に病むだろうと思ったのかもしれない。いずれにせよ、家族の故人に対する愛情が感じられる句である。

 

<入選>

薬飲むおいしそうねと孫の顔/大澤 葵さん

約束はすぐに忘れる薬指/夜半亭あぶらー虫さん

病人の姿で薬飲んでます/久実さん

薬より効く先生の大丈夫/ゆずきちゃんさん

旅先で金庫に入れる飲み薬/あおちゃんさん

気休めと分かっていても飲む薬/かぐや姫さん

朝の膳おかずみたいに出る薬/あさか舞さん

デザートはひいふうみいと薬飲み/三太郎さん

処方薬飲むさす塗ると忙しい/オクラの花さん

病院から薬局までの遠い道/たごまる子さん

 

橋倉久美子先生 橋倉久美子先生

 433句いただきました。時節柄コロナに特効薬が欲しいという句の他、薬の多さを詠んだ句や「百薬の長」の句が多かったように思います。「母」や「恋」を使った句も、意外とたくさんありました。
 薬が多いとか飲み忘れるとかは、経験している人も多いので共感は呼ぶものの、よくある内容になってしまい、独自の表現がないとなかなか入選には至りません。あまり人が思いつかない「もの」や「こと」まで発想を広げられると、おもしろい句が生まれる可能性が高くなります。
 中八、下六など、五・七・五ではない句がかなりありました。川柳はリズムのよさが大切なので、中七、下五は守ってほしいと思います。上五は少し長くてもリズムは崩れにくいので、どうしても長くなるなら、上五に持ってきてみてください。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:18:50 | 過去の入選作 |   | 固定リンク


2020年08月26日 (水)【旬食!みえ】 いちじくのスイーツグラタン

料理監修:三重調理専門学校

 

いちじくのスイーツグラタン

<材料4人分> 

いちじく               4個
卵黄                3個
グラニュー糖          45g
コーンスターチ         大さじ2
牛乳                240ml
生クリーム(動物性脂肪)  100ml
白ワイン            大さじ1
バニラオイル          少々
粉糖              少々

 

<作り方> 

①いちじくを8等分のくし切りにする
②卵黄を溶きほぐしてグラニュー糖を加え、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜ合わせる
③②に、コーンスターチをふるいながら加える
④牛乳を人肌に温める
★熱すぎると、卵黄と合わせた時に固まってしまうため、手をかざして、ほんのり温かいと感じる程度が目安!
⑤温めた牛乳を③に少しずつ加えて混ぜたら、鍋にうつして中火で温める
★ダマにならないようにかき混ぜながら温めましょう!
⑥クリームが滑らかになってきたら、火を止めて、白ワイン・バニラオイル・生クリームを加え、軽く混ぜる
⑦耐熱皿にうつし、上にいちじくを並べる
⑧220度のオーブンで約15分焼く
⑨軽く焦げ目がついたら、粉砂糖をふりかけて完成★

冷蔵庫で冷やしても、おいしく食べられます♪

 

 

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2020年07月31日 (金)【みえDE川柳】 お題:流す

天 私だけ水に流していた話/かぐや姫さん

丹川修先生 本来なら許しがたい話だが、そこは寛大な心で水に流すことにした作者。ところが、その話に立ち会っていた他の人から電話でもあったのか、次に会った時なのか「この間のあの人の話は一体どういうことなの。とても許せないわ」などと未(いま)だにプリプリ怒っている。水に流したのは自分だけだったのかと悩む。或(ある)いはその話の相手から、少し言い過ぎたかなと反省をするどころか、まだ言い足りぬとばかりに、追い打ちをかけられたのか。実生活に良くある一コマを巧(うま)く捉えた、このような「独り言」や「つぶやき」のなかに立派な川柳がある。

 

地 平等に天は流しているチャンス/加藤当白さん

丹川修先生 この句の「流す」は、他の作品とは違う「与える」という意味合いがある。天(神)だからこそ高いところから流し与えているのだろう。しかも平等に。ところが、チャンスをチャンスと捉えられないのが我々、凡人である。知らぬ間に来て、知らぬ間に去っていくのがチャンス。後で気付くのはまだ、ましと言える。大きな視野で捉えたところがこの句を面白くしている。

 

人 不都合は流してしまう自己都合/ポンタロウさん

丹川修先生 最近の、どこかの国のリーダーのことかと思わずニヤリとさせられた。或いは、どこの会社でも、家庭でも、友達同士でもよくあることですね。ただ、句の形として、同じ単語(都合)を繰り返し使っている。時として、ダジャレや言葉遊び川柳に陥ったりすることが多いが、この句の場合は、面白さが勝り、いやみのないリズム感あふれる句と評価させて戴(いただ)いた。

 

<入選>

武勇伝聴きつつ祖父の背を流す/アカエタカさん

校風を流し続けて来た校歌/ワン吉さん

しまい風呂今日の私を流しきる/花キャベツさん

聞き流す大きな耳を持っている/まゆゆさん

流されること無く母は一世紀/淺川八重子さん

妻のグチ受けて流して半世紀/桑名の川子さん

詰まらせることなく流す過去の恋/汐海 岬さん

流したい過去もいつかは澄んだ色/糖質無制限さん

笹舟を流すちっちゃな祈り乗せ/素人さん

流しても流しきれない「うそ」の数/伊藤啓成(ひろなり)さん

 

丹川修先生 丹川修先生

 題として、「流す」はやや難しく、作句に、ご苦労されたかも知れません。
 その表れでしょうか「聞き流す」「涙or汗を流す」などが数多くあり、広がりがありませんでした。また「流れにのる」「…の流れ」など「流れ」を扱った句もかなり多くみられました。その中には非常に良い句もたくさんあり、没にするには、心苦しく思われましたが、やはりここは「題に忠実に」という観点から残念ながら入選にはさせて戴けませんでした。また、「流れ星、流行、流暢(りゅうちょう)など」のいわゆる字結び的なものを扱った句も同様に戴くことはできませんでした。今後の作句の参考に是非なさって下(くだ)さい。毎回、多数のご投句を戴き、感謝しております。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:18:50 | 過去の入選作 |   | 固定リンク


2020年07月22日 (水)【旬食!みえ】 とうもろこしごはん とうもろこしのふわふわ揚げ

料理監修:三重調理専門学校

旬食みえ とうもろこしごはん とうもろこしのふわふわ揚げ

<材料4人分> 【とうもろこしごはん】

とうもろこし     2本
塩        大さじ1
バター        20g
醤油       大さじ2
米        2カップ


<作り方> 【とうもろこしごはん】

①とうもろこしは、芯から粒を切り離し3分塩ゆでする。
②鍋にバターを溶かし、①と醤油を加え、味をからめる。
③炊飯器に米と2合より少なめの量の水、②を合わせ、とうもろこしの芯をのせて
炊く。
※芯を入れることで、より甘味が染み出す。

 

 <材料4人分> 【とうもろこしのふわふわ揚げ】

とうもろこし     2本
塩        大さじ1
小麦粉      大さじ4
卵          1個
塩        小さじ1/2
長芋       200g
豆腐       1/2丁
揚げ油        適量


<作り方> 【とうもろこしのふわふわ揚げ】

①とうもろこしは、芯から粒を切り離し3分塩ゆでする。
②水切りした豆腐を裏ごし、長芋は皮をむいてすりおろす。
③ボウルに卵を溶き、①と②、塩を混ぜながら加えていく。
④③に、小麦粉をふるいにかけて入れる。
※弾力のあるグルテンの生成を防ぐため、小麦粉は最後に加えて、さっくり混ぜる。
⑤揚げ油を180℃に熱し、④をスプーンで丸めて落とし入れ、きつね色になるまで約5分揚げる。

※塩(分量外)をつけてお召し上がりいただきます

 

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:12:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2020年07月21日 (火)おさんぽ!みえ「サンファームおばた」

7月の「おさんぽ!みえ」は、

伊勢市小俣町にある農産物直売所、

「サンファームおばた」に行ってきました♪

 

obatagaikan.jpg

夏野菜をはじめ、

めかぶ・わかめ・てんぐさなど、

海に面する町ならではの乾物が並んでいました。

tengusa.jpg

 

その中でも、ひときわ存在感を放っていたのが・・・

メ・ロ・ン!!

 obatameron.jpg

 網目模様が綺麗に入ったマスクメロン★

作っている農家を訪ねました。

meronzurari.jpg

小俣町は霜が降りにくく温和な気候で、

メロンの栽培に適しているそうです♪

ハウスにも工夫があるとのことで・・・

屋根に注目!

meronhouse.jpg

太陽の位置が低い冬場でも

しっかりと光を取り込めるように、

南側のガラス屋根の面積を大きくしているんです。

日差しをたっぷり浴びて育ったメロンは、

糖度が14度から15度。

meronsessya.jpg

香りが強く、味は濃厚。

甘みもほどよく、美味しかったです(●^o^●)

直売所では、

お中元用に箱入りメロンが置いてあります。

ぜひ行ってみてくださいね~♪

投稿者:足立明里 | 投稿時間:13:35 | 足立明里 |   | 固定リンク