2020年02月14日 (金)薬物の "ゲートウエー" ~MDMA 本当の怖さ~


※2019年11月18日にNHK News Up に掲載されました。

カラフルでさまざまな形をした “かわいらしく見える” 錠剤。それは心と体をむしばむ、れっきとした薬物です。しかし、軽い気持ちで手を出してしまうケースが後を絶ちません。薬物の「ゲートウエー」とも言われる本当の恐ろしさとは。

ネットワーク報道部記者 大石理恵・ 管野彰彦
岡山局記者 阪口実香歩・水戸局記者 齋藤怜

yakubutu.191118.1.jpg

yakubutu.191118.2.jpg「10年以上前から薬物を使用していた」
俳優の沢尻エリカ容疑者が警察の調べに対して供述した言葉です。
彼女が所持していたとされるのが合成麻薬のMDMAでした。

“かわいさ” にだまされてはダメ

yakubutu.191118.3.jpg
「カラフルな色と様々な模様の刻印が特徴で、一見すると麻薬に見えずラムネ菓子に見える」。

MDMAについて厚生労働省麻薬取締部のホームページにはこう書かれています。

確かに見た目はとても「薬物」には見えません。

ところが、見た目のかわいらしさからは想像もつかない恐ろしい作用が指摘されています。

yakubutu.191118.4.jpg「一時的に陶酔感が得られ幻覚作用もあるが、乱用を続けると精神錯乱や記憶障害を引き起こす」
「心臓発作、脳卒中、けいれんを引き起こします」

(厚生労働省麻薬取締部のホームページ)

化学的につくられた麻薬

yakubutu.191118.5.jpg薬毒物の鑑定などを行っている「法科学鑑定研究所」の古山翔平さんによりますと、MDMAは、コカインや大麻などの植物からつくるものとは違い、複数の化学物質を合成して作られます。

出回っているものの多くは粉末ではなく錠剤の形をしていて、口から飲んで摂取する方法が一般的だということです。

使用経験者が語る

yakubutu.191118.6.jpg
MDMAを使うと、いったいどうなってしまうのか。

かつてMDMAに手を出したという男性に話を聞くことができました。

聞かせてくれたのは千葉県館山市で薬物依存症の人のリハビリ施設を運営している十枝晃太郎さん(48)。

次々と あらゆる薬物に…
十枝さんは19歳の時、友人に勧められ大麻を使用したのがきっかけで、31歳まで大麻、覚醒剤、MDMA、コカインなどあらゆる薬物を使用しました。

23歳の時に大麻取締法違反で逮捕。

猛反省し、二度と使わないと自分に誓いましたが、執行猶予の期間を過ぎると、再び薬物に手を出しました。

その後、26歳の時、MDMAを初めて使用しました。

価格は1錠5000円前後。

当時、1996年。
MDMAが『エクスタシー』と呼ばれ日本で出回った頃でした。

昇り龍のような高揚感

「体質にもよると思いますが、僕の場合、重力が半分になったんじゃないかというくらい身軽になって、皮膚感覚も変わり、昇り龍になったようでした」

合間に別の薬物も

「パーティードラッグ」とも呼ばれ、若い人にも広まっていると見られるMDMA。

十枝さんによると、MDMAは常用すると耐性ができてしまうため、1度使用したあとは最低でも1週間空けていたそうです。

yakubutu.191118.7.jpg「空いている期間に他の薬物に手を出す人がいるんです。ちなみに僕は合間に大麻を吸っていました」(十枝さん)

仕事も辞め…そして入院

yakubutu.191118.8.jpg
十枝さんは薬物中毒のため職に就いても約束が守れず、すぐに辞めてしまう日々が続きました。

精神科の病院に繰り返し入院するようになり、体力的にも精神的にもどん底の状態に。

支援を受けて薬物を絶つ

このままではダメだと、2度目の入院をきっかけに、薬物依存の人を支援する「沖縄ダルク」に入所。

それ以降18年、薬物を絶っています。

現在は千葉県館山市のリハビリ施設「館山ダルク」の代表として、薬物依存者の回復のために取り組んでいます。

yakubutu.191118.9.jpg「薬物は初めの1回さえ避けることができれば何も失わないで済む。ただし1回でも手を出すとすべて失う可能性が高い。友人、パートナー、お金、仕事。すべて失う可能性が極めて高いんです」

親族の薬物使用で生活一変した女性は

yakubutu.191118.10.jpg
MDMAは、使用した当事者だけでなく家族や親族も巻き込んで生活や関係性を一変させてしまいます。

叔母がMDMAを使用していたという西日本に住む20代の女性。

女性が10歳の時、祖父母と暮らす叔母の家を訪ねるとピルケースに入った色とりどりのMDMAを見せられ「痩せる薬だ」と説明されたと言います。

驚いたことに、当時小学生だった女性に叔母は「使ったら痩せるから 買わないか」と勧めたそうです。

女性は学校の授業でMDMAを見たことがあり、すぐに薬物だと分かりました。

「学校で、薬物は繁華街や見知らぬ人から勧められるケースが多い、と学んでいたので、まさか家族からと驚きました。“ニコニコマーク” や “UK” などといった文字がデザインされたものもあり、かわいいなと思いましたが、叔母が怖くなって断りました」

yakubutu.191118.11.jpg薬に依存してしまった叔母は、薬を買うため、祖父母の銀行口座から現金を引き出したり、勤務先のスーパーのレジから金を盗んだりするなどの犯罪にも手を染めたといいます。

さらに、自宅のローンのためのお金もくすねては繰り返し薬を買うようになり、祖父母は自宅を手放すことになり、今も連絡をとることはほとんど無いということです。

叔母の薬物依存をきっかけに自分の両親は離婚。

周囲に相談もできなかったという女性はその当時の苦しい思いを話してくれました。

「家族巻き込む怖さ知って」

「両親が薬をやめるよう何度頼んでも叔母は薬をやめず、家族としての信用を裏切られました。家族に薬物をしている人がいると周囲に相談することもできず、苦しかったです。薬物は家族も巻き込むという怖さを知ってもらいたいです」

この5年で急増

yakubutu.191118.12.jpg
厚生労働省などの調査によりますと、MDMAの押収量は年によって異なりますが、この5年で見ると急激に増加しています。

厚生労働省監視指導・麻薬対策課によりますと、2013年ごろにかけて「脱法ドラッグ」とか「脱法ハーブ」と呼ばれていた危険ドラッグが流行。

それまでMDMAを使用していた人が危険ドラッグに乗り換えたものの、2014年に危険ドラッグが禁止されると、再びMDMAに手を出す人が増えているのではないかということです。

相次ぐ逮捕 俳優…ミュージシャン…中学生まで

yakubutu.191118.13.jpg
MDMAの使用は後を絶たず、有名人の逮捕も相次いでいます。

2009年に元俳優の男性がMDMAを使用したとして逮捕され、当時一緒に使用していた女性は中毒症状で死亡しました。

2014年には歌手の男性が、覚醒剤とMDMAを使用した疑いで逮捕されました。

さらに最近ではことし3月、当時中学3年生の女子生徒が自宅で大麻とMDMAを所持していたとして逮捕・送検されました。

「薬物のゲートウエー」
yakubutu.191118.14.jpg
薬物に詳しい昭和大学薬学部の沼澤聡教授は、MDMAの使用をきっかけにより危険性が高い薬物に手を出す “ゲートウエー”(入り口)という位置づけになっていて、「軽い気持ちで手を出しては絶対にいけない」と警鐘を鳴らしています。

ファッション感覚で手を出してしまう

沼澤教授によると、MDMAは覚醒剤と化学構造が似ていて、1980年代の後半ごろから覚醒剤の代替薬物として国内で流通が始まったということです。

当時は規制する法律が整備されていなかったために広く出回り、使われるようになったと言います。

覚醒剤と比べて興奮作用は低いものの、感覚が鋭くなるといった作用が強く、音楽イベントや性行為の際に使われることが多いということです。

沼澤教授は「MDMAは薬物の中ではマイルドだといったイメージが持たれているうえ、海外の芸能人が使っていたりしたことからファッションのような感覚で手を出してしまう傾向があり、薬物のゲートウエーになっている現状がある」と指摘しています。

心身へのダメージはほかの薬物と同じ

yakubutu.191118.15.jpg
また沼澤教授は、長期間にわたって使用した場合、ほかの薬物と同じように神経が破壊されて幻覚や幻聴といった慢性的な症状が現れたり、肝臓などに疾患が起きたりするということです。

また、一度に多量に摂取した場合は死亡するおそれもあると言います。

沼澤教授は「MDMAは乱用しているうちに徐々に効かなくなってくるので、繰り返し使うようになったりより強い薬物を使うようになったりするおそれがある。MDMAは危険な薬物だという認識をきちんと持つことが大切だ」と訴えています。

身を滅ぼさない方法はただ一つ
かつて薬物を使用し、現在は依存者の回復のために力を尽くしている館山ダルクの十枝さん。

18年、薬物には手を出していません。

それでも「断ち切ったつもりですが、まだこの先はわかりません」と話しています。

一度近寄ると縁を切るのが容易でない薬物。

「はじめから手を出さないこと」が身を滅ぼさないための唯一の方法です。

投稿者:管野彰彦 | 投稿時間:10時40分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲