2017年11月16日 (木)【愛媛】救いの神、現る?


長い滑り台を見ると・・・

滑りたい!という衝動が・・・(笑)のサムネイル画像


ついつい滑りたくなるスタッフ一同
トレーナーに何度も滑ってもらい、
入念にカメラリハーサルを
行いました。


そして・・・

完璧なオープニング!?
完璧なオープニング!!を
目指すのでした!!(笑)

 

 




お手紙の山岡さん思い出の二見の波止場。

PB080023.JPG
アジやタイ釣りしたという場所
を散策。
さすがに、タイやアジは
見えませんでした(;一_一)

 

 

 

( 放送には出ませんでしたが)

なぜか稲庭うどん
ランチは亀ヶ池温泉で、
なぜか稲庭うどん。
正平さんいわく「この先のキツイ坂に備えて、ランチは軽めのうどんが一番!」
プロ根性を見ました。byカントク

 
 

 

この秋最強(凶?)の上り坂
<今夜7時のとうちゃこ版>
この秋最強(凶?)の上り坂!
救いの神か??

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

♪~こんにちは。♪~

長い滑り台で登場しましたね。ちょっと怖そうですね。僕も滑りたくなりました。

寒くなりますので、身体に気を付けて下さい。

投稿日時:2017年11月19日 12:35 | くまのプーさん

 昭和の子供の頃を思い出す 懐かしいお手紙でした。

陽水さんの「少年時代」のメロディーが聞こえてくるようです。

土地のオジさま達との軽口が 面白くて 楽しくて ほっこりします。

「もうイヤ もうイヤ」とボヤキながら 自力で上った

最凶の坂の先には 「絶景が」 待ったいました。

息をのむ風景に「まあ~ この美しさはと・・・しばし放心」

       幸せな時間をいただきました。

正平さん ありがとう! スタッフの皆様 ご苦労様でした!

投稿日時:2017年11月17日 18:29 | とんがり姉さん

朝はお尻の痛い思いをして、とうちゃこでは最強(凶?)の坂に悩まされ、でも最後に見せていただいた風景は、潟湖の向こうに海が広がる滅多に見れない珍しい風景でした!皆様の苦労の賜物です!!

投稿日時:2017年11月17日 09:33 | シマエナガ

今回は伊方町ということで、楽しみにしておりました。
いきなりの「イタタ」の滑り台。笑わせていただきました。
母は伊方町(旧三崎地区二名津集落)の出身で、正平さんがお手紙を読んでいる途中で「伊方町」と呼んだとたん、「伊方町?」と言ってTVを凝視しておりました。
旧道は、かなりのアップダウンのある道、確かに「最凶」の坂になり得るなと思いました。
母の実家(もう廃墟)は、お手紙の方と同じく、五右衛門風呂、NHKしか入らないTV、扇風機。大阪と違うのは、空気が綺麗であることです。そして、住民の方々がすごく優しい。
まだ、朝版しか鑑賞できていないので、早く夜版・とうちゃこ版を見届けたい気分です。

投稿日時:2017年11月17日 09:27 | ひまつり

正平さん、スタッフの皆さん…毎日お疲れ様です!

すべり台のシーン…楽しみにしていましたよ!
子供みたいにはしゃぐというか、痛いのを楽しんでいる
シーンは、何度見てもいい!
今回は5人で…着地の後は、ちょっとフラフラでしたね(笑)
トレーナーさんもお疲れ様♪ お腹痛くないのかな⁉
見ているだけでもムズムズする…!

投稿日時:2017年11月17日 08:12 | feliz

本物や‼︎ カッコイイ‼︎ 本当に自転車で行ってるんだ〜〜握手してくださいと駆け寄って来た男性が、、救いの神だったのに〜〜あ〜ぁ、断っちゃった。軽トラ乗るのにタイミングがあるなんて思いもしませんでした。 そうか…目的地はもうすぐだったんですね。 見た目よりキツイ最高ランクの激坂に、キツイ〜、苦しい〜、まだあるん?と弱気も強気も本音も出た坂。。お疲れ様でした、 ホント、無理はダメですよ。しっかりケアしてくださいね。心の風景が見渡せる場所からの絶景、有難うございました。 明日も坂、階段の試練の旅は続くのでしょうか?楽しみにしています。

投稿日時:2017年11月17日 06:33 | ぶらうにぃ

亀ケ池にはすぐとうちゃこ。ベストポイントを探すために上り道。
救いの声がかかったというのに~、もう少し下で来いって(笑)。
男の人からもモテモテな正平さんでした!?寄ってくる方々嬉しそう。
田舎があるっていいなあと町育ち田舎なしの私は思います。

投稿日時:2017年11月17日 04:40 | るる

愛媛県687日目伊方町とうちゃこから
まあ良い大人が正平さんとカメラマンの新井さんだけでなく、
チーム火野全員で滑り台楽しんだんですね。
子供と違い、大人は体重があるぶん大変だと云う事、教えて貰いました。
オープニングで(爆笑)でした。
そんなスタートから道程が凄かったですね。
あんなに細い、犬走りの延長の様な細い道で、
正平さんが脱輪しないか、ハラハラドキドキスリル満点でした。
そしてこころの風景に辿り着くまでの登り坂、大変でしたね。
何時もなら正平さんだけが音を上げるのに、全員が音をあげてました。
苦労して辿り着いた亀ケ池越しに観た女子岬は、
天気が今一つでしたが、素晴らしい絶景でした。
こんな素敵な故郷が在る山岡さん、父親を越える頼もしい父親に成って下さい。

投稿日時:2017年11月17日 01:10 | 三河みどり

いつも楽しく拝見しています、私の年代になると【76歳過ぎ】癒しになります、民放見ていると、お笑い芸人ばかり、年配者が頑張っていると、力が湧きます、正平さんと10歳ほど違うが、親近感を覚えます、正平さんの体が続く限り、番組を続けてほしい、勝手な事は分かっていますが、体をご自愛ください。

投稿日時:2017年11月16日 23:41 | 松村信幸

すべり台は、本日登場。
3年前の富山県の回を彷彿。
ローラーが施されているから痛いんでしょうね。
おじさんたちが童心にかえるから、とてもおもしろいです。

女子岬。めっこと読むのが勉強になります。
これ、愛媛県の人しか読めないでしょうね。

明日の予告画面。何気に同行二人でお遍路の姿があるのは四国を意識してのもの。さりげない気遣いのスタッフにあっぱれです。

投稿日時:2017年11月16日 23:32 | ヒロリン

大人の男5人の滑り台は、笑えてきました(笑)
二見は父の親戚がいた塩成のとなりで、二見と塩成が似た風景なので二十数年ぶりに見た風景に懐かしさを感じました。
愛媛の旅は正平さんのハァ〜ハァ〜が多かった気がします。明日はどんな道なのか?
楽しみにしています。

投稿日時:2017年11月16日 22:39 | あべちゃん

軽トラのお兄さんをお断りして、自力で上られた正平さん
潔くて、男らしくカッコいいですね~!
明日は平坦で、正平さんが思わずハミングできるようなルートでありますように‥

投稿日時:2017年11月16日 21:43 | kimiちゃん

687日目の旅、観たよ。
「亀ヶ池越しに女子岬を見渡せる場所」
以前と同じメンバーでの滑り台
他の方も書き込みましたが、クイズでの苦い失敗が
蘇りました。
今回も同じようなクイズが出たら注意します。
五右衛門風呂に子どもの頃に入ったことがありますが
怖かったです。
他人の家のような道、時々、狭い道がこころ旅では
出てきますが、今回のもかなりのものでした。
握手に来た男性、坂に軽トラで来てくれるとは。
こころ旅>坂>軽トラを知っているのでしょう。
本当に自転車で来るんやとも言っていましたね。

投稿日時:2017年11月16日 21:09 | ももの爺

「イタタタ‥!」と叫びながらの大人の滑り台
衝撃的な画に、“痛そう~”と思いながらも、おもいっきり大笑いしました。
新井さん 痛いのは同じなのに、お尻に手当てられず、プロフェショナルを感じます!
史上最狭路地をケ・セラ・セラで渡る正平さんとチームのみなさん、さすがパーフェクトです!
Bカメさん 最高のビューポイントに、ブラボーです!
とうちゃこの予告タイトルが、太字に‥
凶の文字、と?マークが、とっても気になっています。

投稿日時:2017年11月16日 16:30 | kimiちゃん

久しぶりに姫井さんが走られるから、今週は何か面白い仕掛けがあるかも・・と楽しみにしておりました。
ありましたね(^_^)v
昨夜の、新井さんの後ろからキリン目線で追いかける高所カメラ!
自撮り棒?どんだけ長いのだろう?持ったまま走っている?ヘルメットに装着?揺れないね。物干し竿か?

次々と疑問が湧いてきます。

そうそう、橋渡りで正平さんと並走する新井さんも!
チャリを漕ぎながらどうして正平さんを横から撮れるの?ズームアップとか、走りながらなぜドンピシャに焦点を合わせられるの?

素人にはますます謎が深まります。
メイキング動画を拝見したいものですm(__)m

今朝の滑り台シーンの、新井カメラ+姫井マイクの完璧なアングルは、きっと今夜ご披露・・されますよね(^_-)-☆

にしても、スケルトンスタイルで入念なリハって、どこを目指しているのかな。。こころ旅!?


投稿日時:2017年11月16日 16:05 | ojo

陽水さんの名曲を、地でいくような将樹さんの夏休み、幸せだった夏休みの数日をまたお子さんにも、というほどの、心地良い場所なのですね。二見ではおじさんたちが気軽に声をかけてくださったり、町のゆったりした温かさが滲み出ていました。
朝版を見る限り、坂道の辛さは微塵も感じられませんでしたが、予告では絶叫と軽トラ、かなりの闘いがあったのですね。皆さんの叫び具合からして、かなりの「手に汗」ものでしょうか。
滑り台でのオープニング、いつもの通り、本気で遊ぶ「もと少年たち」に、元気をいただきました。

投稿日時:2017年11月16日 14:19 | pon

7時45分、おはよーございます。と始まるこころ旅、なっなっんだこりゃー?
5人揃ってお尻が、、、、。
朝から、爆笑でございます(^-^)

投稿日時:2017年11月16日 14:18 | かりゆし5800

 高い所からのすべり台、完璧なオープニング!以前の「ピンクのすべり台」を想い出しました。
 高いところが苦手な正平さんは大丈夫だったようですネ。正平さんの後ろから滑ってきたスタッフの皆さんから、イタイ、イタイとの叫び。
 自動車?もすれ違いができないような細い脇道を通り、タイやアジが釣れそうな海へ向かっての走行、楽しめました。
 とうちゃこでは、この秋、最強の上り坂に救いの神が見られそう。楽しみです。
 

投稿日時:2017年11月16日 13:21 | ココア

今日のお手紙は聞いているだけでワクワクする子供にとって格好の遊び場だった夏休みの田舎の思い出ですねぇ。不便さはあっても魅力的だったのがひしひしと感じられました。
羨ましいです。田舎に帰省という体験がないもので。
絶叫のオープニングは以前もこの顔ぶれだったのか。あの時クイズに出題されてカメラのアライさんをカウントせず不正解になったんですよ。ポチッとボタン押したら❌印
ガーン(涙) ショックと共にいじわる!と思ったもんですよ !
最強(凶)の上り坂&救いの神? どんなとうちゃこが待っているでしょうか・・楽しみ!

投稿日時:2017年11月16日 11:18 | ゆきぱん

愛媛県3個目。 雨が、本降りでなくポツポツでよかったですね。 滑り台から痛い‼︎ 熱い ‼︎と降りてくる男5人。誰もペタッとお尻をつけることなく着地が素晴らしいです。’2017春、高知県の旅の時も大爆笑でしたね。 眼下に海を眺めて下り坂のスタートで、Bカメさんにヤッホ〜〜と気持ち良さそう。途中、 生活道路なのでしょうか?ナビにも載らないような家の裏みたいな道、すれ違いも出来ない程の狭い道のコースを調べられたのには感心します。私の 子供の頃の家、嫌だなぁと思っていたポットントイレや、五右衛門風呂、もちろん扇風機なし、団扇で涼を取る生活が懐かしい。 今では時々TVで、昭和の時代を振り返る番組でしか見られなくなりましたが、五右衛門風呂の火を焚べるのは父だった事を思い出します。 秋の旅最強(凶)の上り坂、男性からの車で行きましょうか?に甘えるのか?自力なの
か?楽しみです。

投稿日時:2017年11月16日 10:47 | ぶらうにぃ

あら 軽い気持ちで また滑り台に挑戦されたのかと 思ってましたが
入念な カメラリハーサル?(@_@)
う~ん さすがこころ旅。奥が深い・・・(-_-;)
お尻痛いの よくわかるんです。(経験者は語る)
トレーナーさんのご苦労も お察しいたします(^-^;

坂が多いですね。愛媛県。
正平さんは毎日ですもんね。
救いの神か?? か??が気になります。
もう軽トラでも何でも 駆使してくださいませ。
毎日は きついです。

さて とうちゃこはどんな風景かしら? 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2017年11月16日 10:10 | norinorimiffy

この100mもある滑り台からの始まりにも何度もカメラワークのリハーサルがあった事はブログを見ないと分からない。スタッフの皆様の尽力があればこそ事故やケガもなく続けられてると思います。正平さんが話してらした前に滑った滑り台は今日のお便りの主がお住いの茨木市のピンクの滑り台だったのでは? 当たっていたら奇遇だこと。
義母の故郷の宇和島が近づき何時もにも増して夫が饒舌で皆さんの話が聞こえてこない(^^;
お便りの中の風景の描写の細かい事。それだけ思いも強いという事だろう。海の風景は大好き。画面から潮の香りがしてくる。「住みやすいええ所」と地元の方々も仰っていたが夏休みにこんな田舎があれば嬉しいだろうな〜。今夜は久しぶりに「救いの神様」が登場のよう。愛媛、三連ちゃんの坂、坂、坂はお気の毒。使える物は何でも使っちゃって下さいませ

投稿日時:2017年11月16日 08:31 | GUREKO

正平さん、朝から けつあつい、けつあつあがったか?なのに最凶のあれ、軽トラたすけてーくれー!

投稿日時:2017年11月16日 08:21 | 千葉ののぶちゃん

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

バックナンバー