2017年06月08日 (木)【富山】グリーン&ゴールド



3日目スタート!
スタートは、きのうのゴールとは
別の球場、「ボールパーク高岡」。



グリーン&ゴールド
チャリオと走行中。
北陸新幹線が遠くに走っていた。

 

 

 




グリーン&ゴールド
左手には田んぼ、
右手に麦畑。
グリーン&ゴールドな風景を進む。

 

 




そして、昼食。

アイスプラント、おいしい!
サービスでいただいた
アイスプラントという野菜。
(凍っているわけではありません)
おいしかった♪

 

 

 


 

そして、ランチの鉄板メニュー登場!
こころ旅ランチの“鉄板”メニュー
「鉄板ナポリタン」
ごちそうさまでした。

 

 


 
今夜7時のとうちゃこ版<今夜7時のとうちゃこ版>
いよいよ麗子さんの「こころの風景」へ・・・
ブルマー姿で歩いた夏の思い出はとうちゃこ版で!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

昼食のお店の方がハイテンションですごくおもしろかったです!

投稿日時:2017年06月28日 17:30 | at

85歳のおばあちゃんからのお手紙。
戦後すぐの川での遊びから、家路に戻るまでのなんとも言えない感情。
当時の情景がはっきりと目に浮かぶお手紙でした。

木苺を食べながらとか樹齢1300年の木とかほんとにこどものころの情景、そして待っていた祖母
ほんとに懐かしい風景ですね。

今ではたぶんしなくなった遊びとかずっと残したい風景です


投稿日時:2017年06月11日 11:34 | ひでお

ストーリー仕立ての心の風景。
なんだかほっこりするようなエピソード。
当時のお友達の名前もしっかり記憶に残っているのですね。
お寺の門で麗子さんを待っていたご家族の気持ちも伝わりました。
ご家族には心配な出来事だったのでしょうがご本人には忘れられない若かりし日の
思い出なのでしょうね。
見応えありました!

投稿日時:2017年06月10日 12:46 | チャリ僧

今から70年程昔の夏の川遊びの一コマ。 みずみずしくリズム感のあるお手紙の世界観に入り込めました。85歳のバァちゃんです。という麗子さんにお会いしたくなるような・・・ブルマ姿で帰った距離かなりありましたね。お腹もすいたし、家ではおばあちゃんが心配しているだろうと覚悟を決めて家路に向かったのを想像すると勇気がいった事でしょう。私ならどうしたかしら?うずくまり、友に家に知らせてと泣くばかりのような気がします。
川遊びの危険を察知する術も心得ている冷静さ、年下を守る正義感、ブルマ姿で帰る潔さと麗子様の少女時代にあっぱれと思った回でした。

投稿日時:2017年06月09日 11:07 | ゆきぱん

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
木曜日とうちゃこ版、見ました。
85歳の麗子さんのお手紙、、、、何度も思い返されたエピソードなんだろうな?と思いながら、拝見しました。
ドキドキ、ハラハラな展開に惹きこまれ、またお祖母様の愛情も感じられ、、、、いいお話!!
お手紙を辿る旅、昔と今が同時に感じられ、不思議な感覚になりました。
毘沙門杉、凄い!!
肝を冷やした正平さん、お疲れ様でした。
ラスト富山は、いずこへ〜。

投稿日時:2017年06月09日 05:57 | REIKO

歩いて帰るには遠かっただろうなと思う道のりでした。おばあちゃんが心配されていたのがよくわかりますよ。庄川も、杉の根っこも大きかったですねー。


投稿日時:2017年06月09日 04:30 | るる

今日のお手紙の美文字と、何十年前のことを、昨日のことのようにこと細かく記憶されていることに驚きました。
今では死語になりつつあるブルマー
正平さんと高鍋監督さん、やけに多かったブルマー連呼
長い長い中田橋
座り込んだ正平さん、恐怖の頂点だったのですね~
結びの一言に、正平さんらしくて笑っちゃいました。

投稿日時:2017年06月08日 22:59 | kimiちゃん

今日の放送は、元気なおばちゃんにタジタジ。
正平さんを三田明にタイガーウッズと間違えたおばちゃんがしゃべり倒して元気良すぎ。
こうゆう方々が登場するのもこころ旅の楽しみの一つです。

明日の放送は、朝日町。いよいよ、正平さん。新潟上陸だ!

投稿日時:2017年06月08日 22:55 | ヒロリン

少し遅くなりましたが正平さんお誕生日おめでとうございます
とうちやこは球場からのスタート暑いとボヤいた正平さん
チームの皆んな半そでなのに薄いといえ長袖は俳優さん
だから日焼けはNGと解釈しました
依頼場所の庄川、ブルマー姿で川遊びした女子3人、麗子さんの
服だけが無かったのは友達が母親代わり祖母に麗子が居なくなったと
届けてくれてました心配してたおばあちゃんの顔が目に浮かびました
今回の依頼者は私の母親と同世代でしたから時の流れ時代の流れを感じた旅でした。

投稿日時:2017年06月08日 21:19 | 三河みどり

正平さん、モノトーンでまとめたファッションとてもお似合いで素敵ですね。今日のお手紙の地を訪れるのは、中田橋!長い~橋正平さん渡り切るのは無理・・正平さんに橋にへばり付く姿は見れなくて残念でも庄川の川べりに咲く美しい風景を見れてカメラマンさんありがとうございます。龍澤さまの中学生の頃の思い出を一つ一つたどると短編小説を読ませていただいている気持ちで画面に見入っていました。樹齢1300年の木の根を保存しとく毘沙門堂、おばあちゃんと抱き合って泣いた石柱、訪ねていただけて良かったですね。富山県3日目、素晴らしい旅をご案内頂きありがとうございます。

投稿日時:2017年06月08日 21:14 | モワ

639日目の旅、観たよ。
「中田橋 毘沙門堂 光證寺」
スタート地点の映像に最初は昨日の野球場かと錯覚。
暑いのにハイネックの服、男の生きる道での今日の旅でしたね。
レストランの元気なお母さんの出没に一瞬、固まった火野さん。
断られた昨日と違い大歓迎のお店。
お手紙に出てきた、ヒデ子ちゃん、シゲ子ちゃん、マリ子ちゃん
生きているなら、会話を楽しくしているのでしょうね。
85歳のバアちゃんからのお手紙、ユーモアに溢れていましたし
字も達者で。
あそこが縮みあがった火野さんもいつもながら
ユーモアたっぷりでした。

投稿日時:2017年06月08日 21:09 | ももの爺

城光寺球場こけら落とし、高校1年の私も行きました。怪物江川、試合前のキャッチボールは91mの表示の前からホームベースのキャッチャーミットにズドーンとストライクボールを投げたのに驚きました。91mから何度投げてもストライクで地肩の強さに驚きました。中学の野球部で友人だった子が補欠でベンチ入りメンバーだったので招待券をもらって確か1塁側から眺めたのを昨日のように覚えています。その後、草野球で城光寺球場のマウンドから投手として投げた時は、マウンドからホームベースも遠く見え、あの時の江川はやはり怪物だったと実感しました。その私は今年還暦を迎えます。若い頃の強烈な思い出を、思い起こさせていただいて番組に感謝します。

投稿日時:2017年06月08日 20:37 | あみたん娘

子どもの冒険は、時に大人の胸をつぶしてしまいそうに、大胆なことがありますね。大事なお孫さんを預かり育てたお祖母さんが、ヘナヘナとへたり込んで、麗子さんのふくらはぎを打った時のお気持ちを思うと、瞼が熱くなります。
麗子さんは麗子さんで、思春期の入り口の娘さんらしく欄干に貼り付きながら移動し、しかも光證寺まで3キロも歩いたこと、苦いようなおかしいような複雑な思い出ですね。
庄川の流れ、中田橋、毘沙門杉、光證寺、緻密な推奨ルートだけあって、当日の様子がありありと想像がつき、今、思い出を共有できたような心持ちです。今日も優しい旅をありがとうございました。

投稿日時:2017年06月08日 19:40 | pon

85歳の麗子さんはこの景色の中に73年は昔の幼いご自身を重ねてご覧だろうか・・・
先ずは庄川の川幅のデカさに圧倒。服を抱えて待ってらしたお婆様がヘナヘナになったのはこの風景、道のりを見ればお気持ちが良く分かる。川遊びは楽しいものだが危険とも隣り合わせ。こんな立派な大木も水の力には勝てない。川で居なくなったと聞けばワナワナと震えられた事だろう。麗子さんご自身ものんびり木苺を食べながら・・・なんて書いてらっしゃるがきっと本当はこの道のりをブルマー一つで帰らざるを得なかったのは心細かっただろう。だからこそまるで昨日の事のように事の経緯まではっきりと覚えておいでなんだろう。女の子の大冒険のとうちゃこ。蒸し暑い中を苦手な橋渡り付きで奮闘して下さって有難うございました

投稿日時:2017年06月08日 19:35 | GUREKO

首筋を日焼けすると体力が奪われるので、最近は夏場でも、ハイネックのアンダーシャツを着る高校球児が増えていますよね。
正平さん 『男の生きる道』『アスリートの生きる道』として、今日のスタイル 大正解でした!

今朝の「ひよっこ」から「こころ旅」の30分間、登場人物のほとんどが女性で、しかも皆さんエネルギッシュでインパクト強い方ばかり(^^)
『元始女性は実に太陽であった』の言葉がよぎり、こりゃ~うかうかしてらんないナと元気をいただきましたよん☆

それにしても、【高岡半裸の女学生大冒険!】というテレビ欄の見出しの刺激的ですこと(^m^)
今日の旅では随所に、幼くても年長者であっても女子の潜在的な生命力の強さを感じましたでしょ・・?
ね、「こころ旅」の男子達!(^_-)-☆

投稿日時:2017年06月08日 17:45 | ojo

春の旅も中盤に差し掛かってますねー毎日テレビ拝見しこころ旅のチームに一員の心境で応援してますよ

投稿日時:2017年06月08日 15:17 | 沖島かほる子

“男の生きる道”ファッション!モノトーンが男っぽくて、とっても素敵ですっ!
田んぼの水面にうっすら写るチームこころ旅‥
ホッとするような風景で大好きです。
面白い先輩女子の登場ですね。待ってました。
子供達の読み聞かせのボランティアもされているとは!
パワフルな方ですよね。
正平さんに、嬉しさ爆発という感じで、とても楽しい方でしたね~
でも、そっと呟かれた正平さんの本音(?)に、大笑いでした。

投稿日時:2017年06月08日 14:15 | kimiちゃん

本日のランチは、「鉄板ナポリタン」にしましたね。

僕も旅先・出張先で「鉄板ナポリタン」を2回楽しんでいます。昔懐かしい味で美味しいです。

また、食べたくなりました。

投稿日時:2017年06月08日 13:19 | くまのプーさん

昨日のとうちゃこが歴史のある野球場に対し、”ボールパーク高岡”と言う、2年前に出来た球場が今日のスタートで新旧見られました。正平さんの野球好きは、八丈島の時も草野球で何度も行くと聞き、多摩川河川敷で、ソフトボールの打席に立たれたりと、いつかこころ旅野球チームが出来ればいいな。コーチは黒田さんで。。 今日の服装が、パンツ以外黒色コーデ。暑い時にバカじゃない⁇と言われても、正平さんにとっては「男の生きる道」なんですね。ファッションは我慢‼︎は、理解出来ますよ(笑) いつもは皆んなで和やかなランチが、今日は正平さんしか映らない、愛知県ではポピュラーな鉄板ナポリタンに一瞬のムセ芸も、おば様の独壇場で最初から最後まで賑やさにお手上げでしたね。笑いっぱなしでした。食べた気せえへんはホントでしょうね。子供の頃の冒険話から、正平さんへのお願いが叶うのでしょうか?楽しみです。

投稿日時:2017年06月08日 11:59 | ぶらうにぃ

アイスプラント!ほんのり塩味がしてサラダとかに入れるとおいしいんですよね!道の駅に行ったとき見かけると買っていますよ。ナポリタンもおいしそー!!!

投稿日時:2017年06月08日 11:31 | まままんぼ

今日のお手紙は、とてもおもしろく、頭の中で想像しながら聞いていました。何歳頃の思い出だったのか、胸を隠すぐらいだから小学校5.6年かそれとも、中学生?とうちゃこ版楽しみにしています。あと、ランチのお店、昨日と真逆の展開の強烈なお出迎えで戸惑っている正平さんの顔が面白かった。

投稿日時:2017年06月08日 11:09 | はるみ

人生上り坂。。。
ユーモアがあって ちょっと切ないお手紙と
昼食に立ち寄ったお店の方の 明るさに(^.^)
救われました・・・感謝です。

とうちゃこ版も楽しみにしています(^_^)/

投稿日時:2017年06月08日 09:16 | norinorimiffy

てっきり昨日の続きと思った今朝も野球場からの3個目の富山。蒸し蒸し暑くっても暑苦しそうなスタイルが正平さんの男気なのか・・・。いつもは正平さんより目立つ高鍋監督も今日は珍しくダークカラー。いろんな監督がいらっしゃるが高鍋監督と岡崎監督はスタイルで直ぐ分かるようになった。Bカメからの水田に映る一軍で今日は最後のメカさんが一番目立つ。ファッションも楽しみ。今日の85歳になられる龍澤さんのお便りは丁寧に美しい字で書かれた、まるで昨日起こった事のように瑞々しい思い出のお便り。とっても説明が丁寧で想像しながら拝聴した。正平さんが苦手は承知の上ではっきりととうちゃこ場面を指定されてておもしろい。それにしても正平さんに「飯・食うた気・せえへん!」と言わしめた最高にハイテンションのお喋りに苦笑だった。昨日は断られ富山のランチはおもしろい。

投稿日時:2017年06月08日 08:46 | GUREKO

富山県三日目、今朝も高岡からの始まりでした。
「こころの風景」までの道すがらのお昼ご飯、お店のおばちゃんのテンションの高さに圧倒され気味でしたね。
おばちゃんパワーって凄いです。(でも、富山県民のおばちゃんが、みんなあんな風だとは思ってほしくないです(笑)控えめな人も結構いますからね・・・)
お天気にも恵まれて 喉かな富山の田舎の風景、満載ですね。

そして今夜のとうちゃこ版、ブルマーで歩かれた麗子さんを想像しながら拝見するつもりです。楽しみ楽しみ・・・


投稿日時:2017年06月08日 08:43 | ゆきこ

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2020年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

バックナンバー