2023年07月03日 (月)【こころ旅 クラシック】ウォークラリー2023春・第15回


きょうの放送は2015春の旅より

銚子川の夏の思い出のお手紙でした。


409日目三重県紀北町

故郷の紀北町 銚子川

「またええとこ教えてもらった」と正平さんがつぶやいた銚子川の渓谷。
夏に子どもたちがラムネのビー玉になった気分で飛び込んでいる様子が目に浮かびますね!


ウォークラリー2023春 15回目!!アンケート
 
ウォークラリーも残り4週となりました!
みなさんで完走まで頑張って行きましょう(^^)/ 完走特典も待ってますよ♪
もちろん、これからの参加も大歓迎!

投稿者:番組デスク | 投稿時間:19:30

応援メッセージ

ラムネという川遊びを楽しんだ銚子川の魚飛び 凄く印象的で過去の直前スペシャルかリクアワでもコメント投稿しました。カメラさんが水中カメラで撮影したプクプクの泡の綺麗なこと。自分がラムネのビー玉になった気分と書かれていました。今は都会で働く坪根さんが川遊びできる環境にいた自分を懐かしむ素敵なこころの風景・・梅雨でジメジメのこの季節に見ているだけでスカーっと清涼感ある川の流れに癒やされました。 ランチで立ち寄ったカラオケカフェのあしらいが上手なママさんと正平さんのはしゃぎぶりもあらまぁ~と思いつつもご愛嬌でしたね(笑)

投稿日時:2023年07月09日18:03 | ゆきぱん

《こころ旅クラシック》409日目、三重県紀北町。坪根透さんのお手紙にいざなわれて、「故郷の銚子川」を訪ねる旅。――たぶん、途中のランチ処で立ち寄った、カラオケのあるお店の印象が強烈で、今回の再放送になったのかもしれないけれど……じつは、この「こころ旅」での「銚子川」の紹介のあとには、その「奇跡の透明度」が、ちまたに大きくクローズアップされて、のちのNHKスペシャルでの特集にもつながったのでしたネ。――観光地として整備されているわけでもなく、「自然保護」が掲げられているわけでもないローカルな生活域の川が、こんなにも透明であること!映像に、ゴミひとつ見えなかったことも、奇跡のように思える旅でした。

投稿日時:2023年07月10日00:55 | 川崎ジンジャーエール

409日目クラッシク版観ました。 いやー!兎に角「魚飛渓」綺麗でした。世にもこんな所があるのですね。正平さんの投げた石の渓流の中での様子 泡に包まれて神秘的でした。坪根さんの一生の宝物ですね!感動のこころ旅でした。お食事処、スリーショット、正平さんモテモテ男最高でしたね!

投稿日時:2023年07月04日13:34 | てるてる

これこれ!この回も、是非、又、観たかったんで嬉しいですo(^-^o)(o^-^)o ランチしに入られたお店のママさん、ビックリされて喜んでらっしゃいましたね♪ 本当に綺麗な川ですよね(^o^)v 確か、NHKさんで、この川水の美しさを放映してた特集番組がありましたね(*^^*) 銚子川で鮎釣りをすると言う地元ブログ友さんがいて、この回の時に盛り上がったことを思い出しました(^o^)v な、な、なんと、その人は、偶然にも正平さんと同じ誕生日ということが判り、驚くやら!羨ましいやら!( ̄□ ̄;)!! 正平さんとは35歳違いの39歳(*^^*) 太郎君、今日も観てたかな~?

投稿日時:2023年07月03日22:32 | だらぶち

409日目クラシック版、観たよ。トンネル走行、幼稚園の卒園式、カラオケ店のママさんとのやり取り、地元客との会話、水中の気泡など懐かしみました。ママさん、元気にしているかな。

投稿日時:2023年07月03日20:42 | ももの爺

三大ブルーのひとつ、銚子川 Eテレで去年放送され(カメラマン)、魅了され写真集を購入しました。正平さんがおっしゃておられたように水の清らかさに魂を揺さぶられました。ラムネ泡 正にそうです。

投稿日時:2023年07月03日20:36 | ちいちゃん

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2024年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

検索

バックナンバー