2012年04月12日 (木)好きやねん (゚^∀^゚)


今日は長瀞に寄ったんだ。

長瀞だ!

 

長瀞が荒川なんて、知らんかったΣ(´∀`;)


おみやげ屋さんが並んでいるところで、
「みそおでん」の看板を見つけて、つい吸い寄せられた(笑)
監督に直訴して食べることに \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

あゆこんにゃく

 

あゆのかたちをした
こんにゃくダヨ。

なんかカワイイなぁ。

 

 

 

ウマ~い ヽ(´∀`)ノ

 

ウマ~い!
オレ、こんにゃく好きやねん。

 






監督より:
正平さん、ホントにこんにゃく好きみたいです。
前日のお昼にも、こんにゃくを食べてました。

番組デスクより:87日目の旅は、日曜午前11時から週末版でたっぷり放送します。

投稿者:火野正平 | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

2012年04月12日 (木)
好きやねん (゚^∀^゚)

ここへ投稿して下さった方の
色んな「こころの風景」と
番組で放送された懐かしい思い出が
何とな~く重なったり...
重ならずとも思いが伝わったりして♡

皆さんも私みたいな気持ちで
この番組を楽しみに視聴なさっているんだなぁ~
って改めて感じられました。(*^。^*)

特に私宛に寄せられたメッセージを大切に大切に読むと
また♡癒される相乗効果に出会えました。(*^。^*)

私にコメントくださった心優しい方々に
ひとつひとつ丁寧にお返事したい気持ちですが
ついつい長文になりご迷惑になるといけないので
この場をお借りして心からお礼を言わせて下さい。

嬉しくなるメッセージ♡
共感して下さったメッセージ♡
十人十色のメッセージ♡

そんな皆さんの
お優しいこころのメッセージに感謝しています。
読んでる間♡心が温かく優し~く癒されました。(*^。^*)

嬉しくて♡ありがたいこの思いを
上手に伝える言葉が見つからない...(((/_;)))
でも伝えたい...♡
在り来たりな言葉になりますが...♡

『共に視聴して頂き♡ありがとうございました。』m(__)m

投稿日時:2012年04月16日 13:01 | OTENBA♡彌

(こころ旅)再開にお手紙間に合わず・・残念です。

《長瀞》にも立ち寄られていたのですね・・

3年前に、両親と、母のお友達(埼玉在住)と、長年の母の願いをかなえる旅行に行ったのが長瀞でした。
「長瀞の石畳でゆっくり話がしたいなぁ~」との願い通り石畳に並んで腰掛け、子どもに戻ったようにうれしそうに、どことなくあどけない表情を浮かべて話し込んでいたのを思い出します。

正平さんが立ち寄られていたのを見たかったです。

これから長い旅です、体に気を付けてください。
これからもこころ旅応援しています。

投稿日時:2012年04月15日 21:59 | おかやまのみっちゃん

私は寄居町に住んでいる高校2年生です
火野さんが秩父線に乗った御花畑の近くにある高校に通っています

私は正龍寺から少し歩いたどこかに住んでいるのですが
実は私も小学5年の頃、正龍寺の周辺でヤヨイさんと同じくように遊んでいました
私はいつでも行けますが、最近はあまり行けていないので
同じように遊んでいた、言わば正龍寺周辺の遊びの先輩がいるとわかりとても嬉しいです
久しぶりにあの頃遊んでいた友達に会いたくなりました

投稿日時:2012年04月15日 11:34 | 海月

OTENBA・彌さんへ
正龍寺のお子さんとも遊んだと読まれていましたので
あの和尚さんの子かと想像していました。
当時はあの和尚さんも若かったんでしょう。
あと、鐘の回りでジャンプをしたりは
何となく映像的に想像できました。

投稿日時:2012年04月13日 09:14 | ももの爺

88日目 赤岩の渡し 観ました
昨日 千代田町のHPを見ると、観光の欄に「赤岩渡船、利根大堤」と有り 
月曜朝版でも 渡し船のシーンが映り 放送で「赤岩の渡し」が目的地として始まると
なるほどと思いました 渡し賃は無料だそうです 埼玉県側で 黄色い旗を揚げると
来てくれると書いて有りました(エンディングで少し 旗が映りました)
また 感違いをしていました エンディングのシーンは その日の出来事で
予告のシーンでは無い だから昨日のエンディングの電車も昨日の事で 本日は電車に
乗らないと 納得しました。  常夜燈がレトロで 夕焼けが綺麗で 良かった
深谷ネギのジジ、ババと「売れてない 俺!!」笑いました。

投稿日時:2012年04月13日 08:32 | みんやー

OTENBA♡彌さんからの「感謝メール」に 私も胸が震えるほど
感動して泣けました。
TVを観ながら「お手紙出した方は きっとこの優しいご住職さんも
憶えているだろうね・・」と うちでも話していましたが やっぱり!
本当に嬉しかったことでしょう。。。
とても穏やかで まさに「仏様」のようなお坊さま、訓話をお聞きしてみたくなりました。

今日は 正平さん流の「木魚たたき」に涙流して笑い
最後、たった1度の鐘の音が いまでも耳の奥に響いています。

昨日は 砂嵐の洗礼に泣いた正平さんでしたが 
今日はスッキリ 元気まんまんでしたね? よかった~(*^_^*)

投稿日時:2012年04月13日 02:10 | bouya

マリーさんへ

「何かNHKへ送られました?」って・・・
はい、送りました。
ボツになった手紙・・・・グスッ!

ブログをお読みの皆様
申し訳ありません、個人通信で。
これじゃ意味分からず、ちんぷんかんぷんです。
分かる方はニヤついてるかも。

投稿日時:2012年04月13日 01:40 | ともこ

火野正平様、スタッフの皆様へ
懐かしい 埼玉へようこそ!
という思いで画面を眺めております。
今日の埼玉県大里郡寄居町はわたくしの出身地です。
西武鉄道を利用して皆野から寄居町へ向かうのは思っても見ない逆方向でしたが、秩父山地から関東平野に向かう道筋ですから、自転車のチャリオ君にとっては下り坂、追い風をうけてよかったですね。
正龍寺さまは存じあげませんが、里山風景がまさにわが故郷寄居町でした。お寺様の境内で遊ばせていただいた、古きよき時代をわがことのように思い出しました。
これが火野さん率いる「こころ旅」の真髄でしょうね。
さいたま市、狭山湖、寄居町、そして明日は長瀞でしょうか。
日々の放送を自分の手紙が読まれているような思いで楽しみにしております。土日の59分版も楽しみです。
どうぞ皆様気をつけて!番組のますますの盛況を祈念申しあげます。

投稿日時:2012年04月12日 22:49 | 大志

こころ旅をずっとみていますが、まさか埼玉に来るとは思ってもいませんでした。その上私の住んでいるさいたま市からはナント南部領辻とは・・。あのあたりは見沼たんぼに春花がさいて本当にいいところです。カッコーの声がきこえたりすると遠景に新都心のビル群が望めるのに、どこか遠い里山に遊びに来たような気分になれます。その上にあのカーブ、ちょっと泣けました。なんにもないさいたま市だけど、私の大好きなところがテレビに出てうれしいかった。狭山湖も幼稚園の遠足でいったところだし・・正平さん埼玉に来てくれてありがとう。このあとの旅も楽しみにしてます。(テレビで印象に残った青森県津軽と下北半島を結ぶフェリーに放送のあと乗りに行ってしまった。今年もこころ旅を参考に旅に行きたいと思っています。)

投稿日時:2012年04月12日 22:19 | ひさこ先生

正平さん、スタッフのみなさんこんばんは!
残念です!残念です!残念です!
寄居はわたしの庭・・・とまではいかなくても
わたしの町内みたいなところだったのに!
すぐそこまで来ていたんですね。

皆野から長瀞を経由して寄居へ入ったんですね。
荒川沿いの秩父街道ではなくて、対岸の道路を走って良かった!
秩父街道は道幅も狭く、右は山 左は荒川とチャリでは危険です。
ただ 対岸の道路も山坂あり たいへんだったのでは・・・
見なれた景色がたくさんあり うれしかったです。
お手紙の主さんのこころの風景
正龍寺は行ったことがありません。
寄居に行った時に、立ち寄ってみたいです。

投稿日時:2012年04月12日 20:07 | リクのママ

OTENBA♡彌さんへ
とっても素敵な「心の風景」でした
今回もご本人がコメント下さって嬉しいです
>こみ上げる想いにふるえさえ感じました
体験者ならではのコメント
私がもしこういった体験したら
たぶん頭がぼーっとして、1回目の視聴は頭に全然入って来ないんじゃないかなと思います
彌さんが何回も何回も見られたと言うこと
泣きながら見られたという事
情景が手に取るように分かりました
疑似体験させてもらいました
素晴らしい体験をされた彌さんが羨ましいです✰

ともこさんへ
生まれが埼玉、青春時代は群馬、そして現在千葉在住
まるで今度の春の旅は、
ともこさんの為に用意したようなものじゃないですか?
ずるいずるい!
なにかNHKに送られました?(笑)
「寄り添って座ってる県」なんって私のDNAには合わない表現でしたね
自分でも書いてて、首がムズムズしましたもの

明日から群馬県
私は旅行好きで、国内外、足運んでますけど、
残念ながら今回の関東地方には、まだ縁がありませんでした
でも群馬県には、以前ミステリーツアーなるもので草津温泉に行きました
その途中で当時話題になった八ツ場ダムの工事現場を見る事ができました。
あの時私たち6人のオバタリアンがバスの中で交わした言葉
「今夜は部屋で八ツ場ダムをこれからどうするか?話し合いをするから
町長・議長・以下みんな8時に集合」
それ聞いてたバスの中のツアー客は爆笑してました
6人とも、DNAが同じおばちゃんばかりの旅でした
正平さん、あのダム工事現場に行ってくれないかな~

投稿日時:2012年04月12日 20:05 | 五番街のマリー

所沢駅前から番組スタート。
火野さん、メガネが又変わりましたね!

皆野駅迄輪行。
降りたらツバメが!
正龍寺迄約17Kmの道のりを走る。
今日は、いつもと違い、追い風。
風が火野さん達を押していく。
のどかな道でガマの穂が取れているのを見つける。

正龍寺に到着!
立派な仁王様がお出迎え?
御住職に、鐘をついて良いか、撮影しても良いか等を尋ね、
許可をもらう。
お寺の中に入れてもらい、木魚発見!
叩かせてもらう。ふざけて自分の頭も叩く!(笑)。
御住職が木魚の叩き方指導をして下さる。
全然違う叩き方なんですね。

鐘をつかせてもらう。いたずらっ子の目をして。
良い音色がず~っと響いて~余韻。

お寺や鐘の音を聞きながら、子供が遊ぶ所が目に浮かぶようでした。
御住職も良い方!!近所の子供達がお寺で遊んでいた話をなさっていた時、
目を細めて、静かに微笑んでいらっしゃいましたね。

彌さん、コメント拝見しました。
お手紙採用されて良かったですね!
楽しい幼少時代を過ごされたんですね!!
ライダージャンプ、お寺ではなかったですが、私もしてましたよ!!
お手紙も、自転車のシールも可愛かったです!

投稿日時:2012年04月12日 17:50 | たーこ

火野さん、スタッフの皆さん、毎日お疲れ様です
でも、逆に、こちらは楽しく見させて頂いています
私は、埼玉で生まれ、(殆ど)埼玉で育ちました
毎日、見る景色、覚えていたり、知っていたり、です
特に、今日のお寺、住職さん、良く存じています
亡き父の菩提寺と同じ住職です(即ち兼務です)
よく、葬儀・法事などで送迎しました
でも、今回は坂の少ないルートでよかったですね(笑)
お寺と荒川を挟んで反対側に回って頂ければ、
綺麗(城址跡)ですが、アップダウンの多い道でした
正平さんのハーハーが聞けたのですが、残念!
明日は、尚我が家の近くに、楽しみです
皆さん、お体に気を付けて頑張って下さい

投稿日時:2012年04月12日 16:48 | ojijimikio


何度お礼しの言葉を並べても足りないくらい
嬉しい気持ちで再度投稿してしまいました。m(__)m  


心温かい正龍寺の和尚さんに
お礼の手紙を書こうと思います。( ..)φ

お寺は勿論
和尚さんの話し方もお顔の表情も
本当に懐かしかったです。(^。^)

沢山の人の『 こころの風景 』が
正平さんや番組スタッフさんを
待っているはずです。

この番組を通じて沢山の視聴者が
こころ旅の中に
こころで参加しています。

こんなに感謝される温かい番組って
なかなか無いと思います。

♡この番組に出会えて幸せです♡
♡正平さん♡番組スタッフの皆さん♡
♡『本当にありがとうございました』♡



投稿日時:2012年04月12日 15:23 | OTENBA♡彌

ワーー!!メガネ、正平さんとお揃いでーす!うれしー(*^^*)
お天気に恵まれて良かったですね!

投稿日時:2012年04月12日 14:30 | 法敬院釈尼實園(園は変換できずやむ終えず)

嵐のサイタマだったので埼玉県人としてお詫びに“追い風”をプレゼントさせていただきました。
正龍寺のご住職には、流石の正平さんも初めは緊張で顔が引きつっていましたね。 

輪行の際、たった500メートルだけ正平さんに近づけたこと、私の宝物にします。

投稿日時:2012年04月12日 14:17 | 智映子


火野正平さん 和尚さん スタッフの皆さん
『ありがとうござうました♡感慨無量です』m(__)m

「 正龍寺とその周辺 」

お手紙を投稿させていただいた者です。m(__)m
テレビ画面の隅々まで拝見させて頂きました。

正平さんの面白くも優しいサービス精神とリアクション(-^.^-)
懐かしい本堂と木魚の音♪~ 
正平さんが私の代わりに鳴らしてくれた
大きな鐘の澄んだ音色と♪~
画面いっぱいに広がる寄居の風景が一つになり
スーーーッと私のこころや身体に懐かしさが響き♪~(((∪.∪)))
こみ上げる想いにふるえさえ感じました。

最後に一言...
正平さんが「〇〇さん、聴こえたかなぁ?」って
優しい言葉に
泣きました。泣かされました。嬉し泣きです。。。♡(ToT)♡
懐かしさに癒され過ぎて言葉に表せないくらい
幸せに感激しています。♡(ToT)♡

私の「こころの風景」
シッカリ見て!!! 録画もして!!!
何度も何度もな~ん度も繰り返し泣き泣き見てます。

もう2度と戻れない
懐かしい私のこころの風景に
今日は再会出来ました。
(夢のような時間でした)

正平さん♡スタッフの皆さん♡
本当に本当に本当に♡ありがとうございました。


☆追伸☆

福島県や被災地は今!
色んなところからの
こころ&こころ の助け合いに
力を頂きながら自らも頑張っています。

正平さん♡スタッフの皆さん♡
登り坂や天候にも左右される
過酷な長旅でしょうが
この番組を見て
沢山の人が確実に笑顔と元気を受け取っていますょ(^◇^)

ずーっと応援していますので
怪我に気をつけて程良く頑張って下さい。
にっぽん縦断 こころ旅♡バンザーイ♡ヽ(^。^)ノ


投稿日時:2012年04月12日 13:55 | OTENBA♡彌

リクのママさんへ
さっき、関東4県の方々にお詫びの書き込みして
今、リクさんからの昨夜のコメント読みました
>天然???(ゴメンナサイ!マリーさんらしい凡人のわたしでは
>思いつかないコメント)
>思わず 笑っちゃいました。
・・・あ~良かった!笑いで済まして下さって胸なでおろした所です
そうなんです。天然?とよく言われます

鹿児島から宮崎への高速走ってるとき、
「動物に注意」「イノシシに注意」 「うさぎに注意」
・・・と道路脇に次々と現れた看板
次に現れたのが 
黄色い字 で書いてあった 「キリに注意」
え~!!ここはキリンも出るの~?
何いってんの、キリンじゃなくて霧でしょうが・・と友達
帰ってから娘に、
黄色い字で、おまけにカタカナでキリだよ
誰だってあの状況じゃ<キリン>と思うよねと云ったら、
そんなに思うのお母さんだけだよ、と失笑されました
プログのみなさん
これからも天然語が出るかもしれませんけど、大目に見て下さいね
doracatさんへ
>ファンミの時は、我が家にお泊りいただいて、夜を徹して「こころ旅>談義」に花を咲かせましょう。&^.^&
わぁ~い・わぁ~い・♪(^▽^)八(^▽^)♪うれしいなぁ~♪
想像してたマリーさんと違ってびっくりするかもね
見た目は「どこの奥さま?」と云われるんですから(笑)


投稿日時:2012年04月12日 12:52 | 五番街のマリー

正平さんがスリムなのは、こんにゃく好きのせいだったんですね。( ..)φメモメモ

木魚はちゃんと突けなくても、鐘のつき方は100点満点、完ぺきでした。
数回弾みをつけてから勢いよくついて、すぐに止める。
よく響く良い音が、遠くの山々にこだまして余韻を深めてくれました。
おかげで、朝からとてもすがすがしい気分になれました。

>五番街のマリーさん
昨夜のお返事読んでくださいましたか?
それと、謝る必要はありませんよ。
ここを読んでいる人なら、マリーさんのDNAは十分理解していらっしゃいます。
面白がったり、うらやましがったりこそすれ、(たまに苦笑する人はいるかもしれませんが)嫌な気分になることはないでしょうからね。

投稿日時:2012年04月12日 12:48 | doracat

正龍寺の御前様、お話がわかりそうで
すてきなご老体じゃありませんの。
村松さんも懐かしかったことでしょう。

そして正平さん、どんどんいいお顔になっていきますね!

投稿日時:2012年04月12日 12:34 | きじ

今朝の「こころの風景」”正龍寺”良かったですね。

千葉県から始まった「2012 春の旅」都会の喧騒や交通量の
多い道路の走行など少し違和感を感じていましたが。

久しぶりに山間を抜ける風景などが映し出されなんか”ホッ”と
した気分に戻され、朝の時間をゆったりと過ごすことが
出来ました、

「こころの風景」と銘打った「にっぽん縦断こころ旅」
名所、旧跡などと違った投稿者さんたちの”心に残る思い出の地”

最後に正平さんが読むお便りの内容と照らし合わせながらそのシーンを同調できる
一瞬を楽しませていただいております。

今朝の、正龍寺の釣鐘の音の余韻を聞きながら最後のシーンに
浸っていました。

これからも、私達にも”こころに残る風景”を訪ね教えてください。

投稿日時:2012年04月12日 12:25 | 白髪の凡人

強い風でも追い風、そして青い空。
長瀞にも寄られたようですが、爽快だったでしょう。
ただ今年は長引いた寒さのおかげで
新緑が遅れているのがちょっと残念。
それはこれからですね。

お寺では本堂の撮影も鐘撞きも快諾して頂いて良かったです。
住職さんも、昔子供たちが遊び回っていた頃のことを思い出されて
懐かしかったかも知れない、なんて思いました。
近所の人たちだけ、
時ならぬ鐘の音と、
正平さんたち一行が来られたことを後から聞いて、
不思議、残念、だったかも。


>マリーさん
全然気にすることありませんよ。
私は生まれ育ったのが埼玉、青春時代は群馬でしたが
少しも気になりませんでした。
「寄り添って座ってる県」という表現の方が???になってしまう。
自分のことを考えると、
地元のことさえよく知っているとは言い難いですもの。
「こころ旅」のおかげで勉強させて貰ってます。

投稿日時:2012年04月12日 12:05 | ともこ

火野さん、スタッフさん達へ
此の日は追い風で、登り坂もせめてもでしたね。該当の寄居町藤田の「正龍寺」さんは何て理解あるお寺さんでしょう!お手紙の主・村松さんは、幼い日お寺さんの本堂で遊び、木魚を叩き、鐘楼で鐘を突き、さながら遊園地の如き遊び場だったとか・・お寺さんって子供さんに優しいのですねぇ・・佐賀県の「泰智寺」さんと言い、こちら正龍寺さんも。其処で火野さん訳を話し本堂へ・・木魚もOKとの事、火野さん振り降ろす叩き方に、菖蒲住職さん笑いながら“手前から向こう側”へ押す様にと・・火野さん俄か僧侶さんと言った処・・明るい本堂内に椅子が並び境内は整然と美しい・・さぞ檀家さんに愛されるお寺さんと拝察。鐘も突いて・・鐘楼でお手紙を読み念願の鐘を突き全員でテレ笑いしたのが愉快でした。

投稿日時:2012年04月12日 11:57 | saeko

こころ旅が楽しみでNHKをみています。おおげさかな。
朝正平さんが”行くよ!”と呼びかけたらお願いですから”はい!”と元気よく応えてあげて。
聞こえない日は見ている私が代わりにお返事します。
かっこいい5人組の走る姿にきゃや!と若返っています。

投稿日時:2012年04月12日 11:02 | ばーみりおん

87日目の旅、見たよ。
4月4日の収録と火野さんの口から聴こえたような。
正龍寺の住職が木魚を叩いたり、鐘をつくことに許可を出して
くれて良かったです。
突然の(以前の放送で火野さん自身が言った山門を上がる三文)役者やスタッフの訪問に住職もどうしたらという反応でしたから。
木魚をたたく場面は笑えました。
天候が悪い日が多く、書き込みをしている時、
火野さんは今日は悪天候に苦労しているんだろうなと
想像する日々です。

投稿日時:2012年04月12日 10:59 | ももの爺

おはようございます
皆様にお詫びを言いたくて、朝早く書き込みしてます

昨日、関東4県の事を
>なんか東京の上の方に、ごちゃごちゃ鎮座してる県
←こんなコメントして送信したあと、
わぁ~私、なんて失礼な表現したんだろう
「寄り添って座ってる県」と云いたかったのですけど、ちょっと遊びすぎてしまいました
怒られそう!どうしようどうしよう~・・と思いながら床に就いたら
案の定この県にお住まいのみなさんに、<怒られた夢>みました
これは早く誤らなければ・・今夜も夢で怒られそうと思い
朝の家事も後回しで投稿しました
茶目はずしてしまい、4県のみなさまゴメンナサイ

今朝の正龍寺は幼い頃を思い出させるいい所でしたね
たしか秋の旅・佐賀編でもありましたよね
ぎょろっとした大きな目玉の羅漢像を見て逃げたという
お手紙を思いだしました

私も4つ上の兄のあと付いて遊んだおてんば娘でした
見上げるような杉の中に佇むお寺
木の上に矢倉作ってその上でお昼寝したり、
山の奥深くに入ってシイの実食べたり、
いま思うと楽しい思い出がいっぱいの子供時代でした

正平さんも108つの鐘鳴らされ、煩悩を払われましたか?
正平さんは帽子とったら、そのまんまじゃない(笑)
木魚の叩き方も教えてもらい、
ついでに頭も叩き(泣かせた女たちよ、許してくれ)
すつかりお寺に溶け込んでましたよ
σ(゜ー^*)かわいい~

投稿日時:2012年04月12日 09:32 | 五番街のマリー

おはようございます。
今日もまた、楽しいコントありがとうございました。
木魚と正平木魚の掛け合い、おいしかったです(^ ^)
今日もまた、楽しい一日が始まります。
美味しそうなコンニャク、良いですね~~
今日の追い風は、皆からの応援ですね。
追い風さんありがとう。
これからも、正平さんを後押ししてください。
フーフーフ~

投稿日時:2012年04月12日 08:57 | みいこちゃん

87日目 正龍寺 観ました
お天気 快晴 ツバメを見つけて「春ですね~」 風も追い風に利用して
登り坂で呼吸が「ハーハー」で 秋の「ゼーゼー」でなく 観ていて安心です。
木魚は叩くのでなく突くのですか 和尚さんが「突き方」を 指導してました
目的の鐘の音 沢山突かずに 1回 余韻を楽しむ。
月曜朝版でホームを歩くシーンが たーこ様のコメントで「花畑駅」と判り 
地図で調べると 西武鉄道と秩父鉄道の乗換駅 本日は 素通りで 皆野駅 下車 
埼玉県が今日で終わり 投稿・採用の数のせいでも3ヶ所では 物足りないような

投稿日時:2012年04月12日 08:40 | みんやー

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

バックナンバー