2020年11月04日 (水)【宮城】深まる秋を感じる



北上川の河川敷からスタート
2日目。
北上川沿いの河川敷で
お手紙を読んでスタート!




畑仕事のおかあさんと
畑仕事中のおかあさんと
ちょっとおしゃべり。

 

 

 

 

黄金色に輝く田んぼ。稲刈りまだだった
まだ稲刈りしてない田んぼの横を走る。
黄金色に輝いて美しい!

 

 

 




あけびが落ちてた
道すがら
あけびが落ちているのを
発見!!

 

 

 

 


キンモクセイは香る
今度は、
きんもくせいから
いい香りが漂っていたので、
そばまで行って観察w

 

 

 

 

冷やし中華
お昼は、冷やし中華。
「多分ことし最後だろうな」
※そもそも、ことしは3回ぐらいしか食べられなかったような…

 

 

 

 

とうちゃこ版、見てね!<今夜7時のとうちゃこ版>
まだまだ見せます!
ほのぼの出会いの連続!!
ほのぼの旅を満喫してくださいね~(^O^)/

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

にっぽん縦断 こころ旅 949日目
11月4日のチャリ旅は宮城県登米市の石越小学校から踏切までの小学校の雨の日の帰り道の思い出。
高倉万里子さん32歳の投稿だ。
10歳の思い出としても22年前、むつむつと歩いて帰宅したなどの表現をする凄い娘さんだ。
調べると3.5キロもある。
私が中学に行った55年前、当初は心細かったけど、今となっては2キロもない道だった。
2014年の334日目の新潟の筒石駅から脇野田駅まで行った、金井けい子さん(63)の投稿は同年代で文章で風景が見えてきたが、この高倉万里子さんも景色が見えた二人目です。
この子は私の娘と同年代の娘さんだ。
なぜか懐かしく、心が惹かれて地図で辿ってみた。
仕事の都合で大和町に転居されたそうで、故郷が恋しいのか、後ろ髪をひかれているのか、元気に過ごしてほしいと勝手に応援しています。

投稿日時:2020年11月08日 23:02 | ひもじい

     (*^3^)~☆『今晩は!』
 正平サン、スタッフの皆様、、ご機嫌如何でしょうか。

 この回も傑作です。
さすがに正平サンも 可愛いおば様方の方言攻勢には撃沈でしたネ。
丁寧な 投稿方言指導者さん?!の解りやすい説明で 良く解りました。
 四季折々の風景を 想像出来る表現をして下さったお手紙。
… ジョギングする人を追い抜いたり、追い抜かれたり、、
笑顔が爽やかな青年でした。
…まりこ様はマリッペと呼ばれていました。(ワタシも○。チャンと呼ばれたいワ)(..)

投稿日時:2020年11月07日 21:27 | 

宮城県2日目は、登米市石越町。
田んぼの中の通学路、「線路を跨ぐ長い農道から眺める風景」です。

高倉万里子さんのお手紙は、32歳にしてすでに故郷のよさを詩的に表現なさり、聞きほれました。
たしかに小学生にとっては、ただただガマンの距離ですね。
スマホもケータイも持たないころだし、まぎらわすことのできない徒歩道。

けれど、「むつむつと歩く」万里子さんに、いっぱい考える時間を与えてくれた通学路だったような気がします。
あの長~い道を……遠くから、ポツリ歩いてくる万里子さんを見つけるご両親の気持ちを、ふと思ったりしました。

踏み切りは、東北本線ですね。
今は新幹線に、多くの往来を奪われてしまったけれど……。
この線路はかつては、東京と北海道までをつなぐ大動脈。この上を、どれだけの人々の人生を運んだか――と想像すると、さらに胸が熱くもなる、とうちゃこの風景でした。

投稿日時:2020年11月07日 14:15 | 川崎ジンジャーエール

こんにちは~。絶対、正平さんのことわかっていないおばあちゃん2人。可愛い!!
あの方言もいいなぁー。☆
正平さんとコントをしているよう!笑ってしまい、心が明るくなり穏やかになったように!
こころ旅はこの何気ない会話があるから、いいんですよね。最高!
万里子さんの小学校時代。確かにあの長い直線道路は歩いても、歩いても家が見えていてもたどり着かない。わかります。子供の目線が低いし歩幅もせまいし。それにプラス踏切。単線ではなく複線。怖かったのではないでしょうか?
それも今では”こころの風景“になりましたね。

投稿日時:2020年11月05日 13:23 | ☆わいは☆

通訳ありがとうございます。
改めて集中して聞いてみると不思議、言葉がちゃんと分かる。

むつむつは、すねる、いじけるというような意味らしい。なるほど!
方言は、ほこほこしますね。

正平さんは、好きな人ができたら忘れるって言っていましたがそんなことはありませんから。(笑)

投稿日時:2020年11月05日 12:25 | やまもも

今回訪ねた石越町小谷地は、私のふるさとの隣の地区です。線路は東北本線。高校のとき石越駅から一関駅(岩手県)までの通学列車でした。懐かしく拝見させて頂きました。(涙がでました)

投稿日時:2020年11月05日 11:13 | たかちゃん

立派な農道を走る5人衆かっこいいです。
小学生が通うには忍耐のいる長い通学路が
広がっていました。でも自然いっぱいで、爽やかでした。

投稿日時:2020年11月05日 08:04 | カヌキヤマウラコ

おはようござる。出だしの青虫のおばあちゃん会話 何言ってるかわからんもん聞いててほっこりしたね。会う人ランナー 栗取人はお国柄か温かさを感じました。石越小学校からの4キロの帰道は確かに遠い。一人で むくむくと歩く 良い描写ですね、そして線路を越えた農道から見る風景 嫌いでしたが成長するにつれ好きになっていったとか。万理子さんの成長の証ですね。何にもない所だが正平さんが思い出があると言いきったフレーズ恰好いいな。ヒゲ頂き使いますからご了承ください。ほっこり旅良かったよ  吹田のヒゲ

投稿日時:2020年11月05日 06:59 |  吹田のヒゲ

2日目はいい天気❗️正平さんの白いシャツが眩しかった❣️
金木犀がパラパラと花を落とすのを初めて見ました(°_°)
地面がオレンジ色になってましたね。
本当に広大な景色、広い空、そして長〜い真っ直ぐな道。
色々な物を見て感じて成長されたのですね。
正平さんの「何もないけど思い出がある」の言葉につきると思いました。

投稿日時:2020年11月05日 06:22 | さなえ

ちゃあんとおばちゃんの言葉を通訳してくださっている~☆
雰囲気だけは伝わりましたがありがとうございます。
かわいいおばちゃんでした。

ランナーさん、栗採りのお姉さん 会話が楽しかった。

まりこさんのお手紙がかわいいなあと思いました。
「むつむつ歩く」おもしろい表現だなと。
小学生にこの距離は確かに長い~。

「本当になんにもない。思い出がある」
正平さんの白い上着が映えていましたね。

投稿日時:2020年11月05日 05:16 | るる☆

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
水曜日とうちゃこ版、見ました。
宮城県、「こころ旅」の視聴率高い!!
キャベツ畑のおばあちゃん、お友達との会話に夢中で、撮影隊一行は目に入らないようで、、、面白すぎ!!
おかかさんの通訳、ありがとうございます。青虫の説明してくださってたんですね?
長い通学路、、、むつむつ歩く?初めて聴く言葉。とぼとぼ??
なんだか、面白いです!!

投稿日時:2020年11月05日 05:13 | REIKO

青森、鹿児島、沖縄の方言も地元の方が本気でしゃべると全くわからないと聞きますが、今日の畑のおばあちゃんもなかなかのネイティブで、どこかの外国語と言われたら、そうかなぁ~と納得しそうな感じですね(^^;)
朝・昼・夜と何回見ても、まるでコントのようで笑ってしまいました。
おかかさんの通訳を読んで、へぇ~そんなこと言われてたんだ…と今納得しました。
今度何かのリクエストアワーでこのおばあちゃんが出られたときには必ずおかかさんの通訳を入れてください(^^)

投稿日時:2020年11月05日 00:04 | ふくふく

朝もとうちゃこも冒頭におばぁちゃん登場。
外国語みたいな方言丸出しでしゃべるのが最高です。
方言、最高!

投稿日時:2020年11月04日 22:40 | タケヒロシ

 チャキチャキの宮城弁に全集中❗雰囲気で解ったような分かんないような?結局、青虫は見れんかったんやねえ

投稿日時:2020年11月04日 22:40 | いわし雲

とうちゃこ版 帰ってきた夫と見ました。
かわいらしいおば様のお話は
宮城県出身の夫の同時通訳(^^;)で楽しみました。
東北の言葉は 耳にとっても心地よいですね♡
その後も 素敵な出会い満載のとうちゃこ版でした。
あたたかい気持ちになれました(*^_^*)

投稿日時:2020年11月04日 22:14 | norinorimiffy

思わず、なつかしさがこみあげてきました。わたしたちが住んでいるいる所にとてもにているのです。実家の亡き父が駅から歩いてきてくれた、笑顔で迎えに行った農道。雨の日も風の日も通った主人が自転車で走る農道。手がかじかみそうな、雪の中塾へ、通う息子が歩いた農道。手に食い込む、レジ袋を両手に、汗をかきながら歩いた農道。走馬灯のように駆け巡っていきました。ありがとうお手紙の方。

投稿日時:2020年11月04日 21:21 | ちいちゃん

「来たよーホントに何にもない、思い出だけがある」また一つ名言が出ました。そうですね、どんな場所であれ誰かの思い出が詰まっているかもしれない、『むつむつと』歩いた農道も、そこかしこに万里子さんにしかわからない思い出がありそうです。正平さんは新しい街を好きになるにはいい人を見つけて、と御指導でしたが、どこに住んでも、この故郷が心にある限り、強く楽しく生きていかれるだろうなと思いました。
1日めは動物と、2日めは色んな人達と、楽しい出会いがいっぱいの登米市でした。穏やかな土地柄が、人々を穏やかにしているのでしょうか。
朝版の、「降る金木犀」から出発した後のテーマ曲アレンジが珍しくて、しばし聞き惚れました。番組の音楽もどんどん進化しているのですね。

投稿日時:2020年11月04日 21:04 | pon

949日目の旅、観たよ。
「線路を跨ぐ長い農道から眺める風景」
可愛かった方言が面白いお母さん(キャベツの青虫)
栗取りの屋根の女性(野良猫登場)
火野さん一行と抜きつ抜かれつの男性
子ども連れの家族
写真を構えていた一団
皆、今日の放送を観ていたかな。
冷し中華を食べたお店、今日もまだ、提供しているかな。
お手紙の方、いい人見つけて、この景色を忘れるかな。
(火野さんの経験談)

投稿日時:2020年11月04日 20:49 | ももの爺

“何もない風景”には、見えませんでしたね。
雲の形が、きれいに見える空の広さ。
周りの田んぼや山で、四季折々の変化が楽しめる素敵な風景ですよね。
正平さんのコメントに、頷きつつ同感しました。

投稿日時:2020年11月04日 20:02 | kimiちゃん

おかかさん通訳ありがとうございましたm(_ _)m

投稿日時:2020年11月04日 19:45 | 美奈成の母

高倉さんのお便りは表現豊かで聞き馴染みの無い「むつむつと歩く」ってどんなだろう?って想像していた。歩いても、歩いても距離が縮まらない帰り道をだんだんむっつりしてきて嫌になっちゃう幼い女の子の姿が浮かんできた。
長い道をひたすら走ってた人にも放映許可をいただく様子に「あら、カッコいい〜」なんて思ったり、栗は拾う物って思ってたら屋根に登って取っちゃう人に出会ったり、初っ端に登場した方言丸出しの元気なおばあちゃんとの出会いなど正平さんも「今日は人と良く出会う」って。淡々と過ぎるよりおもしろい。高倉さんのお便りの風景の道は本当に真っ直ぐ長く朝車で送った親御さんも帰宅時の万里子さんを心配されたことだろう。お便りで上手に紹介された風景は何処で暮らしてもきっと一生忘れることはないでしょう。

投稿日時:2020年11月04日 19:34 | GUREKO

中田からのスタート!中田は父の会社があったところ。懐かしい~。
キャベツ畑のおばあちゃん、いつかリクエストアワーに出ること間違いなし(笑) 正平さんまでなまり移ってるw あ、私通訳しますよw ていうか、私には普通にわかる、、、蝶々が卵産んで青虫がたかってる。この穴なんかみんなそう。今2匹ほどとったんだよー。こんなの食べたくないけれど(せっかくつくったから)食べないではいられないのよー。あっちから畑に歩いてきてとってられないよ、疲れちゃって~。イカれた年寄りと話すると面白いんだわ~、、、てな内容です!
まさかのこの時期に冷やし中華!坂道登ってアツアツだったんですね~。おとなりの仙台市は冷やし中華発祥の地なんですよ!ナポリタン同様冷やし中華もぜひ宮城の正平ごはんに加えてくださーい!

投稿日時:2020年11月04日 17:14 | おかか

おばちゃんの青虫の説明、登米市のかた通訳してこのブログに上げて~。

旅再開後、地元のかたとのふれあいや、お店で昼食もできるようになってよかったです。

万里子さんがむつむつ歩いた農道どんなんかなあ。楽しみです。

投稿日時:2020年11月04日 12:51 | やまもも

青空と、お手紙を読まれる正平さんのお顔が、何時もよりピンクに見えます。
今日も、いい日です!
野菜畑で、お喋りが楽しそうなお二人。
難しい宮城弁ですが、リズミカルで楽しく聴きました。
とっても仲がいい、お父さんと息子さん。
優しい気持ちになります。
ランニング中の男性。
ス~ッと通り越して、挨拶も爽やか!
沿道でシャッターきる人々。
きっとこころ旅に出会え、幸せそうな笑顔と笑顔に見えます。
やはり、正平さんと地元の方との触れあいが、大きな楽しみのひとつです。
九州でも、急に冬を感じた今日。
宮城のあったかい雰囲気に、心もポカポカです!

投稿日時:2020年11月04日 12:46 | kimiちゃん

岩手から宮城に入っても度々画面に映る北上川。こころ旅でお馴染みご縁がある川、山は各地に色々ありますね。キャベツ畑でのやり取りはスタート時でしたか。マイペースで可愛らしいおばあちゃまでした。この秋はアケビが良く見つかりますね。前はタムタムさんも目ざとく発見!していたし。今朝はぷくっと食べ頃のが成っていたけど高い所にしかなかった・・私も昔は山が身近にあって食べた事があるけど、大人になってからは一度も口にしていない。正平さんが食べていると懐かしいなぁという気持ちにいつもなっています。
ランチは今シーズン 貴重となった冷やし中華にありつけてよかったですねぇ。マヨもかけて味変も楽しむ。美味しそうでした。
通学路の風景、ほのぼの〜なとうちゃこ版楽しみに拝見いたします!

投稿日時:2020年11月04日 11:33 | ゆきぱん

おはようございます。函館地方は今朝 雪が降り紅葉に雪が映えましたました。
正平さんが冷やし中華 早速マヨネーズ掛けて美味しそうに食べていましたね。我が家は年中孫の好みで冷やし中華食べますが、今はマヨネーズが孫のお気に入りです。アケビは食べた事がありません。今週は北上川沿いですね。お洒落な真っ白い正平さんのお衣装いつもお似合いでステキです。今晩楽しみにしています。コロナでも放送ありがとうです。

投稿日時:2020年11月04日 10:16 | 渡辺 喜久

青虫畑のお母さん、いかにも宮城県人ぽくて癒やされました~(笑) 何か父の実家を思い出しました( *´艸`)今日のとうちゃこもさりげない風景が待っていそうで楽しみです!!

投稿日時:2020年11月04日 09:19 | ぽんぽこ

正平さん スタッフの皆さん チャリオ君 おはようございます
宮城の旅2日目。おばあちゃん2人との会話から、正平さんたじたじ。通訳してよと。本当に九州で見ている私には全然理解できず。でもなんだかほっこりして楽しそう。途中アケビ、そして満開が過ぎたきんもくせい、秋の深まりを感じられる。旅の途中、今年最後になると思われる冷やし中華。お得意のマヨネーズを...とうちゃこ版は、追い越されたランナーと屋根の上から栗拾いの方との出会いの会話 楽しみ

投稿日時:2020年11月04日 08:39 | まさふみ

冒頭からの賑やかなこと。字幕も無しで分かったのはこの元気なおばちゃんは80歳を過ぎてることくらいだった。昨日の煙るような雨降りから一転の澄んだ青空の下で読まれた高倉さんの4kmの通学路のお便りが流れる景色のように書かれてあってお上手だな〜って思いました。月曜に登場した方々の殆どが今日の登場者。とうちゃこでも朝の続きの方々が現れますね。楽しみ〜。てっきりお寿司屋さんに行かれたと思いマグロのお寿司が浮かんだら「冷麺」って。今年最後になるかもの冷麺にも正平さんは笑顔で大好きな物を「だって美味しいんだもの」ってプラスしてる。やわらか頭と同じように正平さんの胃袋も若者と同じような機能なんだろう。高倉さんにとってウンザリするような長い一本道を今夜は正平さんはどう表現されるだろうか?

投稿日時:2020年11月04日 08:34 | GUREKO

おはようございます(^^) スタート地点近くで会ったおばあちゃん、本当通訳がいてくれたら、何を話しているか良くわかったのにー。ランチは5人とも冷やし中華だったのですか。マヨネーズは正平さんだけ? こころ旅を知ってる人が増えてますね!良い番組だもの‼️

投稿日時:2020年11月04日 08:28 | 美奈成の母

おはようございます。
今日も楽しい出会い、優しい声援がたくさん。
アケビちゃん、キンモクセイの雨、大きな青空。
今日も頑張れそうです。良い一日になりますように‥

投稿日時:2020年11月04日 08:26 | TOMOちゃん

おはようございます。キンモクセイの落花、初めて見ることができて少し感動です。晴れてるのに、なんで雫が?って不思議に思いましたが、なるほど!
今日は私の住む町も快晴です。我が家と続く空の下、今日もチームのみな様、走られてるのかなあと想像しながら、ウキウキ気分で過ごさせていただきます。

投稿日時:2020年11月04日 08:24 | ゆっこ

 初っ端から笑いました。月曜朝版で印象が一際強かった、方言を話し続けて正平さんをほったらかし…マイペースなおばさん、ほっこりいいシーン。今日なんですね。他にもなかなか追い越せないランニングの男性に、栗採りの女性…あったかいふれあい満載。それにしても、気のせいか、地方に行く程、地名の読み方が難しいかも…。大変ですね。
 歩いても歩いても着かない程、蜃気楼の様にまっすぐ続く線路を跨ぐ農道ってどんなだろう…。スタート地もまっすぐな道。そう言えば…秋の旅が始まってからも、結構まっすぐな、見ていても気持ち良く、自転車でも走りがいのありそうな道が、あちこちありました。今日の道も長そ〜。今日はのどかであったかい人々満載日、楽しみです!

投稿日時:2020年11月04日 08:07 | こもまま

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2021年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

検索

バックナンバー