2017年11月14日 (火)【愛媛】紙のまちの山寺へ 夕やけを見に行く



川之江城からスタート!
朝のお手紙は、川之江城
(城山公園)で読みました。
「この番組スタッフは、
本当にお城が好きやなぁ」


途中、三島神社で休憩。

三島神社で休憩
立派な神門の由緒ある
神社でした。

 

 

 


 

 フロート系ドリンクなおっさんグループ

のどが乾いたのでお茶休憩。
お茶休憩と言いながら、正平さんをはじめとしてオッさんたちが揃って“フロート系ドリンク”を飲んでいました(^0^;)

 

 

 

 

四国中央市は紙の町
ロケ当日は風がなく、
製紙工場の煙が
ほぼ垂直に上っていました。

 

 

 

 

長~い石段が・・・
<今夜7時のとうちゃこ版>
上り坂の次は・・・
そして愛犬と眺めた燧灘
(ひうちなだ)の景色は・・・
7時からじっくりとご覧ください!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

愛犬との思い出のお手紙に涙がとまりませんでした。わたしも犬を飼っていましたが、亡くなって10年がたとうとしています。楽しい思い出ばかりです。どこに行くのにも一緒でした。近くのスーパーに行くのにも車に乗せて行きました。今でも、空に向かって犬の名前を呼ぶこともあります。
話はかわって、散歩した階段の長いこと(笑)正平さんスタッフのみなさん、本当にお疲れさまでした。素晴らしい夕映えでしたね。こんな素晴らしい風景を見せてもらいありがとうございました。お手紙の方と気持ちの共有ができたと思って感謝しております。これからもどうぞお体にきをつけ、鹿児島までの旅を続けてください。

投稿日時:2017年11月19日 20:37 | 福笑い

火野さん、スタッフの皆様、日々おつかれさまです。
何にもないド田舎にとっては、火野さんが来たってにわかにザワつき、ビデオ鑑賞会なども開かれました!
ワタクシ、新長谷寺(地元では【はせでら】と呼んでいます。近くが実家だし、三島神社は勤務先、目と鼻の先ですし〜、めっちゃニアミスぢゃ〜ん(T ^ T)

またお会い出来る日までアデュー!キリンになって待ってます♡多謝、再見!

投稿日時:2017年11月17日 13:55 | シスター。

シーンとしている。 新長谷寺の苔むした庭と木立に囲まれた厳かな雰囲気に心が洗われました。足の踏み場が浅い急で怖いような階段200段。手紙を読み終えると美しい淡いピンクのような柔らかい夕映えを拝むことができました。煙突から出る白い煙が製紙業の町を物語ってます。
森井少年と2匹の愛犬が見ていた景色にほっこりさせていただきました。

投稿日時:2017年11月15日 10:22 | ゆきぱん

秋のとうちゃこ版!やっと7時に帰り見ることができました(*゚∀゚*) 大変な一日中でしたねーお疲れ様でした。マイクの感度が良いのか、この時期に聞きなれない鳥の鳴き声たくさん聞こえましたよ!もう愛媛とは、ゴールが近く感じて寂しい気にもなりましたよ(´-`)寒くなってきたので体調に気をつけて、 朝の正平さん楽しみにしてます(*゚∀゚*)

投稿日時:2017年11月15日 08:00 | もなかちゃん

製紙工場の臭いに、正平さんの鼻もピクピク。。スタッフの一人は懐かしい臭いだそうだが、どんな臭いなんだろう、目に見えないだけに想像するだけで、、気になりますね。 今日は珍しく26歳の若い男性からのお手紙で、愛犬との思い出の地、生きようと思う場所になった所への旅。。1kmも続くキツイ上り坂は、まだまだ序の口でしたね。階段を見てアラ〜〜‼︎の新井さんの声(シャレでもなく) お手紙は此処での願いは、、却下(笑) 途中で踊り場があるものの壁の様に迫る階段、正平さんの踵も落ちるほど狭い激階段でしたね。68歳と思えない健脚に驚きでした。 途中で正平さんの嘆き、愚痴もありましたが、正平さん、スタッフさんの頑張りで綺麗な夕映えの絶景、有難うございました。お疲れ様でした。明日も晴れて、どんな旅に旅になるのでしょう? 月曜版でからすると水の街⁇ 楽しみです

投稿日時:2017年11月15日 05:29 | ぶらうにぃ

いなくなったら寂しいから常に2匹犬を飼っている正平さん。
クリームソーダ、ソーダの色が鮮やかでした。
道行く方々、出会った方々気さくに声をかけてこられてますね!
上り坂の後の階段はかなりきついかと思います、急な階段。
この階段をお手紙の方は毎日上って(犬と一緒に)、日が沈んで降りるのはこわくなかったんでしょうか?真っ暗になったら大変そう。。。
地名読み方難し。
はせでら問題(?)。お寺の名前などは正しい読み方とは別に地元の人が読みやすく変えて呼んでる場合もあるのかなと思います。

投稿日時:2017年11月15日 04:53 | るる

愛媛県第1日目の旅、お天気にも恵まれて良かったですね。
新長谷寺へ続く1キロもの坂をやっと登り切ったあとに待ち受けていた急勾配の階段に
「今日の手紙選んだの誰や〜」と、思わず愚痴をこぼす正平さん、いやいや犬を愛してやまない正平さんにはピッタリのお手紙でしたよ。
崇光さんは4歳の頃からクウやギンペイと、まるで兄弟のように育ったのでしようね。
新井さんのカメラアングルに夕映えを見つめる一人と二匹の姿が見えるようでした。
今日も番組を観ながら美味しいお酒が飲めました。

投稿日時:2017年11月14日 23:55 | オオヤマメ

まるで天に昇ってるような200段の階段!圧倒されました。
見ているだけで、めまいがしそうでした。
毎日、お散歩に行かれてたんですね‥スゴいですね。
階段を上がるときも、楽しくて賑やかなお散歩だったのではないでしょうか。
新長谷寺から、夕日に映えたピンク色の町がとても綺麗でした!

投稿日時:2017年11月14日 23:14 | kimiちゃん

愛媛の旅は、春と同じでお城が出発地点になりそうな予感。

「長谷」の読み。大概は「はせ」になりますが、今回のお寺の読みは「ちょうこく」。
でも、地元のおじいちゃんは「はせ」と呼んだりして固有名詞の漢字の読みは難しいことを実感。

だらだら坂を上った後の徒歩での200段もの石段上り。正平さんはじめスタッフの方々お疲れさまです。
とうちゃこ地点の夕日。すばらしい風景でした。

投稿日時:2017年11月14日 22:06 | ヒロリン

685日目の旅、観たよ。
「豊岡山新長谷寺から見る燧灘の景色と夕やけ」
オッさんたちがフロート系ドリンクを飲んでいる話題は
ユーモラスです。
自動車のサラリーマン
坂での応援の女性
坂でこんにちはと言ってくれた生徒
神社のおじさん
バイクの女性など
今回もいろいろな出会いを観れました。
実家の近くが製紙工場のスタッフは誰かな。
コロンブスのアメリカ発見時期、念の為、火野さん正解か
調べましたが正解でした、さすがです。
今回の犬絡みのお手紙、犬を飼って来た者としては
共感しました。

投稿日時:2017年11月14日 20:59 | ももの爺

地元(四国中央市寒川町)出身者です。地元を走ってくださりありがとうございました。長谷寺は実家に帰った時の散歩コースです。きょう、カメラの位置の同じく、本堂から見る川之江・伊予三島(※両市)の街並みは、手紙の主の彼と同じく、ずっと残したい風景です。5年前の秋の旅で、観音寺の豊稔池を訪ねられた際、新居浜から川之江まで予讃線で輪行され、川之江駅から豊稔池に走られましたが、今回、地元を走ってくださり光栄です。

なお、番組の中では「しんちょうこくじ」と言っておられましたが、「しんはせでら」と小さい時分からずっと言っております。地元の人間はほとんど「しんはせでら」と言っています。

投稿日時:2017年11月14日 20:54 | ひろふみ

崇光さんオススメの場所は、夕映えの街と海が本当にきれいでした。多感な少年は、散歩のたびにここで色んな思いを整理していたのですね。成長の途上には、こんな場所は大切だけど、みんなが確保できるわけではなく、その意味で、崇光さんの少年時代は、幸せだったろうなと、羨ましく思いました。
製紙工場の匂いは独特ですか。地域に工場があると、町はその匂いとともに印象づけられますね。匂いは画面越しにはわかりませんでしたが、待機中のトラックが「プシュ〜」とエアでご挨拶されたのが、プロっぽくてステキでした。
正平さんの「犬がいなかったことはアリマセーン、女の人が、、、」の突然の告白が、とてもかわいらしく見えました!

投稿日時:2017年11月14日 20:02 | pon

菜の花咲くころ、愛媛県のこころ旅ありましたよね。走ったことのある道が映ったので、わたしたちも同じ道走ってみました。石鎚山に向かって。
今回はくだりですか?何めぐりか興味津々です。新しいこころの発見を楽しみにしています。さて改装された道後温泉は、まだ込んでるかもしれないけどぜひ湯につかって疲れをとってください。お疲れ様です。

投稿日時:2017年11月14日 19:54 | こらーじっちゃん

今朝の正平さんの何気ない一言にはて?製紙工場の匂いってどんなだろう?って考えた事もない事が引っ掛かって検索すると一杯出てきて驚いた。画面からは伝わらない街の(匂い)もこれからは想像してみよう。今朝のブログで紹介された立派な三島神社での「コロンブス・1492・アメリカ大陸発見」の正平さん知識に「ほんまに 何でもよう知ってるな〜」って夫も苦笑い。まあ〜この石段の幅の狭い事。息を切らして上り下りしてた森井少年と二匹のワンちゃん達の可愛い姿を思い描きながら燧灘の(夕映え)を見ました。決して忘れられない思い出の場所。住職さんの登場にてっきり「長谷寺」の読み方に決着が付くと見てましたが結局は斉藤監督の指示通り(ちょうこくじ)だったんですね。応援投稿の中に愛犬の名前で登録の方を発見。私と同じ

投稿日時:2017年11月14日 19:41 | GUREKO

「正平さん、スタッフのみなさん、こんばんは」
今朝、正平さんが愛犬のことを話されていましたね?
某番組で、“ハレ”と“アメ”を見ました。本当に、犬好きなんですね?
以前、“パン”の写真も見たことがあります。
正平さんが2匹飼っていらっしゃる意味、今回のお手紙で、よーく分かりました。
さて、夕陽が見られるのか?
番組の続きを見ます。

投稿日時:2017年11月14日 19:16 | REIKO

愛媛県1日目は‥
クウチャンとギンペイくんとの想い出のお手紙から
切ないお手紙でした。
猫派ですが、気持ちは全く同じです。
猫は、生死の境を漂っても、家からいなくなることが、悲しいことです。
探しても探しても、見つかることは、ほぼありません。
犬も猫も、愛情いっぱい注いでる大切な家族ですもの‥
動物好きに、悪い人はいませんよね~
正平さん!!
夕焼けですね。又ジーンと、きそうです。
ヤバいです‥今日のとうちゃこ‥

投稿日時:2017年11月14日 12:29 | kimiちゃん

愛媛県の秋の旅。、お城シリーズにまた1つ加わった”川之江城 ”から、夕陽の出る時間に合わせてのスタートだから、 茶〜しばくぞー(懐かしいです、その言い方)休憩で、またまた懐かしい、クリソにレスカ。。レイコーも、、と、夫と話が進みました。 地名は難しいなとつくづく思いました。 素直に読めば正平さんと同じに読みますが、、しんちょうこくじとしんはせでら、どっちが正解かとうちゃこ版で判明ですね。 今日は斎藤監督。珍しく道案内が遅れ、曲がり角に急な坂道は途中で断念でしたが、長い上り坂の時でさえ、新井さん達の息づかいも荒く、前方の山の中腹のお寺の屋根を見た時のため息、、長い長い階段を登りきって、見える夕陽は綺麗でしょうね。 愛犬家の方は、犬が亡くなった時に寂しくない様に多頭飼いをすると聞いたことがあります。 私も飼っていた犬の思い入れが強く、投稿名に使っています。

投稿日時:2017年11月14日 10:42 | ぶらうにぃ

ブログの川之江城と正平さんのお写真イイですねぇ。お城スタート大歓迎ですよ。
製紙工場が海沿いに多いのはパルプを運びやすいからかな?と言われてましたね。なるほど〜。正平さんの知識は多岐にわたるなぁ。いつも感心いたします。
茶をしばく!と入った喫茶店で「クリソ」をおいちぃ!と嬉しそう飲んでる。それを目を細めて見ている水さんの表情が何とも優しかったな。オッさん達が揃ってフロート系ドリンクを飲んでるのコメントに笑いました。
新長谷寺まで坂道プラス階段、ヒーヒーハーハーの後に絶景の夕日は待っている?
とうちゃこ楽しみです (*^o^*)

投稿日時:2017年11月14日 09:54 | ゆきぱん

燧灘 見たこととない字(@_@) 読めません( ;∀;)
正平さん 読めるのすごいな~。

長谷寺 私の住んでる市にもあります。
もちろん はせでら です。
長い階段も あります(*^_^*) つながりあるんでしょうか。
それにしても 新長谷寺は どう読むんでしょう?
日本語 難しいですね(^-^;

下から見上げた お寺は
随分 高いところに見えました(-_-;)
見ている私も え~( 一一)と思う高さでした。
でも きっと素敵な景色。
とうちゃこ版 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2017年11月14日 09:12 | norinorimiffy

愛媛にはたくさんのお城が残ってるんですね。春もいっぱい見せてもらったのに・・・(^ ^)
さて 、『長谷寺』=「ちょうこくじ」なのか「はせでら」なのか? 同じ字でも土地土地で読み方が違うんでしょうね。土地の読み方も難しいものです。「チャ・しばく」って何の事って首を傾げてる人が多いのでは(^^; アイスコーヒーは(冷レイコー)みたいに大阪では普通の略語もきっと不思議でしょうね。今朝の森井さんのお便りに自身の体験を被せながらまるで子供のように長年可愛がってた子(私はホーランドロップ種のウサギでした)との突然の別れを思い出し久しぶりに泣きました。正平さんはその日の為にも常に数匹と暮らしておいでなのですね。久しぶりの上り坂の連続に200段の階段と過酷だこと。でも、きっと今夜は素晴らしい夕陽に逢えることでしょう。そして、結論も楽しみです。

投稿日時:2017年11月14日 09:10 | GUREKO

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

バックナンバー