2016年10月11日 (火)地元の味大集合!


兵庫の旅は古墳の上からスタート!

古墳の上からスタート!
ゴールの淡路島を望んで
お手紙を読みます。


古墳の横には復元住宅がありました。

立派な家だなあ。
「古墳の時代の人たちって、
立派な家に住んでたんだなぁ」
と感慨深げ。

 

 

 

 


よい感じのお店を発見!
明石の中心部を走る正平さん。
よい感じの魚料理のお店を発見!
ちょうど昼食時なので、ランチに
なりました。

 

 

 

 

漁師丼(ミニ)をチョイスした正平さん
正平さんがチョイスしたのは
漁師丼(ミニ)!
明石のタコはもちろん、太刀魚や
タイ、エビなど地元で取れる
魚がいっぱい♪

 

 

 


名物をいっぺんに堪能!
「明石の名物をいっぺんに食べられる~」とご満悦の正平さんでした♪

<今夜7時のとうちゃこ版>
淡路島から見るお手紙の主の
こころの風景とは?
初の淡路島の旅、た~っぷりと
お楽しみ下さいね(^o^)/

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

兵庫県1日目:明石海峡大橋と淡路島が遠くに見える「大歳山遺跡公園」の古墳の上から、「岩屋から見える明石海峡・大阪湾とその向こうの景色」を眺めに。ここから向うへは、船を使う。「Good.Niceです!」「いい子だねぇ~。番組 ちゃう!」この明石海峡大橋 バスで渡ったことがありますが、けっこう怖かった。船だから、今日は余裕ですね。「絵島」「岩屋海岸海水浴場」「大和島」「石屋神社」を見て回る。そこからの景色 本当に「ジオラマ」のようでした。

投稿日時:2016年10月18日 20:08 | SETSUKO

瀬戸内海を遮るような淡路島。
昔は島民の人達は、内陸にあこがれがあったのだろうと感じたりします。
源平合戦でも有名で、「明石焼」だけしか有名なものはない、ことはないですよ。(しつれいな・・・!)
高いところから下を見下ろすジオラマと違い、目線の先にある対岸のジオラマもまた風流。
いろんな人たちが毎日頑張って、生きているのであろうとしみじみするのでしょう。

投稿日時:2016年10月15日 19:54 | 兵賀正朗

ジオラマのように見える明石の街や、
明石海峡を渡る数々の船や大きなタンカー、
そして、明石大橋・・・
淡路島ならではの風景は、海のない県に住んでいる私には
憧れであり、とてもステキでした。夜景もキレイだろうなあ〜
見てみたい!! (^o^)/

投稿日時:2016年10月12日 20:38 | ひよこ豆

何と、実家のある舞子からおはよう!と始まりビックリ。大歳山遺跡公園知ってはいるが、近所すぎて行った事ないんです。晴れていたらもっといい眺望だったでしょうね。
お手紙の方の好きな風景を一つ、一つ丁寧に訪ねられて、ジオラマの世界観をたっぷりと楽しめました。ほんと電車の種類までちゃんと識別できるんですねー。山陽電鉄の普通電車が走っていたみたいです。

投稿日時:2016年10月12日 14:40 | ゆきぱん

80歳の父と79歳の母が毎日ショウヘイさんのこころ旅を見るのを楽しみにしています。
こころ旅の話しばかり朝から晩までしています!とにかく番組やスタッフ
もちろん火野正平さんの事は応援のイキを超えて神のごとく毎日絶賛!こころ旅で始まりこころ旅で終わる毎日です。どうか、安全運転で旅を楽しんでくださいね
両親の元気の源!ありがとうこころ旅!
娘の私からお礼を伝えます!
両親が元気にいるのもこころ旅のおかげです!
いつか、金沢市に来てくれるのを心待ちに…
しています。

投稿日時:2016年10月12日 06:55 | クーニャン

「流されたらどこへ行くかわからへんやん」瀬戸内沿いに住む人たちの気持ちを代弁してくださるお手紙でした☆
先が見えることを、海と山に見守られていた と書かれていてすてきだなと思いました。港を出る時Bカメさんに さびしそう~ と手を振ってましたね。おめでとうございますのおばさまや、照れ照れの小学生ファンはこの日でしたか。
正平さんの白のトップスの、首回りのデザイン、空き具合がいいなあ、おしゃれだなあと思いました!船で渡れてよかったですね笑
淡路島から見る明石の街。こんな風に見えるのですね~。

投稿日時:2016年10月12日 05:09 | るる

569日 淡路市またまた~明石海峡大橋の息をのむ美しさ!でも・・自転車は~?明石港から岩屋港まで助け船に肖れて安心しました。海と山の間に挟まれた都会の風景~ジオラマの様な!ステキな景色、岩屋の石垣の小道、途中出会ったバイクの女性、ヤングママ、正平さんフアンの小学生の男の子正平さんに出会えた事に何度もお礼を言うお母さん、こんなにもファンの方々がいるのかと嬉しい気持ち一杯です~♡美しい風景と心温まる出会いこころ旅な何だからではの事です。明日は・・楽しみにお待ちしてます・・今夜のメッセージ届くかしら?びくびく!!してます。

投稿日時:2016年10月11日 22:18 | モワ

朝版の感想。
月曜日に出た場面がふんだんに登場。
正平さんに「おめでとうございます。」と声掛けの不思議なおばちゃん。
なぜか「女性、子どもを狙う不審者に気をつけましょう」と啓発する車に遭遇。
その後に淡路島行きの船着場で赤ちゃんと小学生連れの母子との会話がなんとも皮肉というか編集の妙。
正平さんは、決して不審者ではありません!

淡路島上陸のとうちゃこ版。
まるまる太って顔の大きい猫。正平さんも岩合さんに少しだけ変身(笑)
小さな社殿のような建物が猫の住みかなのでしょうか?
あそこに住んでいるのであれば、神様猫です。

橋を架けられる程、本土に近い淡路島。
明石の風景が軍艦島のように見えますね。電車の行き来も見えますし、新潟では決して見ることができない風景を見せていただけるのもこころ旅ならではです。

投稿日時:2016年10月11日 21:57 | ヒロリン

男前か女前か?青く塗られた小さな祠の軒下で堂々と居眠りするトラ猫ちゃんも正平さんは見逃さない。正平さんが休暇中は世界の猫ちゃんを見ながらお帰りを待っている。
明石の天文館を良く見れば私の記憶より綺麗だと思ったら震災の被害を受けリニューアルされてたんですね・・・
この狭い海峡を大小の船が忙しく行き交う風景は変わらない。
淡路島は国の始まりの島とか・・・
とうちゃこの石屋神社の立派な作り。石の鳥居に平成三年吉日・・・とある。震災に耐えたんだ。凄い・・・
対岸の風景はお便りの通りジオラマのよう。夜景は綺麗だろうな〜。大阪や和歌山まで見えるんだもの。子供達が巣立って行くこともなくなった。久しぶりの風景を満喫しました。

投稿日時:2016年10月11日 21:43 | GUREKO

焦げ茶色のキャップ、パンツのパイピングとショートブーツ、そしてマイクもグレーで!
何とステキなコーディネートでしょうか。
おしゃれな正平さんが、いつもファッションの刺激となっています。
正平さんに声かけられても、堂々とうたた寝するとても可愛いニャンでした。
海沿いの風格ある岩屋神社
大型タンカー等、何隻も行き交う明石海峡
淡路島、初めて見る素敵な風景ありがとうございました。

投稿日時:2016年10月11日 21:43 | kimiちゃん

569日目の旅、観たよ。
「岩屋から見える明石海峡
 大阪湾とその向こうの景色」
ジオラマのような街が広がっている景色や
船の行き交い、大橋の景色を堪能しました。
漁師丼の映像は月曜日版で取り上げたのですね。
その他、月曜日版で取り上げた
良い子だねの猫
照れ屋の男の子、鼻の下に怪我をした男の子
あめでとうございますのバイク女性なども
今日の旅だったのが分かりました。

投稿日時:2016年10月11日 20:43 | ももの爺

60年前の2年間、淡路島洲本で過ごしました。自宅は高さ100mの山上で、海も空気もきれいな頃で夜になると通天閣や泉南の対岸を走る電車の灯りが見渡せました。
地球は丸く高さ100mから眺めても通天閣は下から3割以上が大阪湾の海の下です。(今ではPCの見通し図で簡単に証明できますが、その頃は疑う友達もいました)。舗装されてないソロバン道路を岩屋まで自転車で走り、海に潜って小石に赤く育った枝振りの良い手の平ほどの珊瑚をひろったのも今は懐かしい想い出です。

投稿日時:2016年10月11日 20:15 | BAG

「正平さん、スタッフのみなさん、こんにちは」
兵庫県、それも馴染みのある明石を走ってくださって、ありがとうございます。
スタート地点から、明石大橋がよく見えていましたね?
先日、11月の催し「明石海峡大橋 海上ウォーク」を友人が申し込んでくれたところです。4キロを歩いて渡るというということで、、、、ウォーキングを始めなきゃ!!と、思っていた矢先、なんだかご縁を感じています。
岩屋からの眺めも、大好きです!!
とうちゃこ版が、楽しみ〜〜!!(*˘︶˘*).。.:*♡

投稿日時:2016年10月11日 12:09 | REIKO

 朝の楽しみ「こころ旅」。
 やって来ました【兵庫県】。
 結婚して10年間暮らしていました。
 月曜日(加古川の土手)ツーデーマーチ第1回に家族で参加して通った道です。河川敷でテニスの思い出もあります。
 今朝の(淡路島の岩屋)会社の保養所へフェリーに乗って行ったよ。
 明石海峡大橋のできる前でした。
 夜の放送が待ち遠しいです。

 いつにもまして楽しみな【兵庫県】の旅。
 こころウキウキな毎日です。
 

投稿日時:2016年10月11日 10:58 | みけ

今日の目的地は、こころ旅未踏の地の淡路島。 公園から見える巨大建造物の明石海峡大橋を、船で渡る判断に、グッド‼︎ ナイスで〜す‼︎ の即答。 今日は雨男、岡崎監督さんですね。 ディレクターズカットのお陰で、声だけでもわかる様になった。 奈良に続き、またもや雨がポツリポツリと、、。バイクの女性や、不審者警戒お知らせのミニ青パトと、月曜朝版で笑わせてもらったのは、明石だったんだ、、、何度見ても笑えます。長崎みたいに坂が多かったですね。 坂の途中の石塀に括り付けてあったカーブミラー、よく見えているのか気になりました。 明石港から淡路島岩屋港まで船で約15分の距離ですが、家々や動く電車までハッキリ見えるんですね。 本当にジオラマみたい。 とうちゃこ版でじっくり見たいと思います。 あさイチ見ました。 駒村さんのニコニコ照れ顔、素敵‼︎

投稿日時:2016年10月11日 10:45 | ぶらうにぃ

今日の正平さんのファッション とっても素敵♡
白いシャツと黒いパンツのすっきりした組み合わせに
首から下げたメガネの赤が効いていて
老眼鏡(*^。^*)も アクセサリーになるんだ~( ..)φメモメモ
もちろん個人的には オバケの帽子もはなまる( *´艸`)

兵庫県は山の方から 街を見下ろすと
街並みの向こうに海が見えて 海なし県に住む私には
憧れの風景が見えることは知っているのですが
海を挟んで 淡路島の方からはどう見えるのか
ちょっと考えたこともありませんでした。

きっと うれしくなってしまう風景(^^♪
とうちゃこ版 楽しみにしています(^_^)/

投稿日時:2016年10月11日 10:35 | norinorimiffy

兵庫県、一個目が古墳の上から始まるとは・・・今朝も早速、社会科のお勉強。こころ旅のおかげで賢くなります(直ぐに忘れてしまうのが残念)
人って本当に驚くと思いもしない言葉が出るんだ。街中で偶然正平さんに出会ったラッキーな貴女にこそ「おめでとうございます」と言ってあげたい(^^;;
今日のこのガウチョパンツは今までもいろんな所で見てきた。お気に入りなんだろうな〜。
明石には親友がいて美味しい物を食べたり買いに行ったりしたものだ。
明石大橋ができて船便は無くなったと思っていた。昔はこんな可愛いイラストもなく大型船が通るとユラユラ揺れる小型船で渡ってた記憶が蘇った。
阪神大震災から見事に復興した神戸の街は淡路島からどう見えるのだろう・・・

投稿日時:2016年10月11日 10:08 | GUREKO

兵庫県初日から橋の問題発生?!でも、船で行く事になっていて良かったですね。ジオラマのように見える明石の風景、どういう所から見るのでしょう?とうちゃこが楽しみです。
ランチの漁師丼、美味しそう!!

投稿日時:2016年10月11日 09:49 | のたり

数年前に、タコフェリーが、無くなりましが、今も、淡路島へ、そのまま自転車で、船に乗って行けるんですね。
明石港は、橋がなかった頃は、乗船待ちの車や人の行列で賑わっていました。
対岸の岩屋は今も、橋を渡ってすぐの、サービスエリアにある観覧車のお陰で、昔と変わらず賑わいを見せています。

投稿日時:2016年10月11日 08:27 | ばいころじ~

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

バックナンバー