2011年12月08日 (木)小春日和というより、初夏のような水俣の旅。


出発直後、音声マンの自転車のチェーンが外れるも・・・

自転車のチェーンが外れる・・・

ささっと修理!

 

 

 

 

 




メカニックさんが、すばやく修理してくれて、Let's Go!

ロケ当日は、11月30日。
にもかかわらず、気温が22℃近くまで上がり、スタッフは半ソデだらけ。

初冬なのに、暑~い・・・

 

しかし・・・完全装備の正平さんに、ご注目(笑)

番組でも、「僕はオシャレですから・・・」とおっしゃっていましたね。

 

 

 

 お手紙にあった思い出の「鶴田橋」にて。

思い出の鶴田橋

 

モンコが遊んだ場所、とお手紙にありましたね。
 

 

 

 

 

 

そして、薫さんが結婚を決意した湯の児(ゆのこ)温泉の海、本当にキレイでした!

美しい砂浜

 

22℃あるとはいえ、泳げないのが残念(>_<)


 

 

 

 


湯の児のシンボル「見返り亀」

見返り亀

海亀が発見したという湯ノ児

 

 

 

 

 



湯の児温泉を発見したのはウミガメだと伝えられているので、
亀のオブジェが多いそうです。

ガッカリ・・・


 

 こちらは、「願かけ亀」のさい銭つぼにお金を投げいれようとして外れてしまった
ガッカリモードの正平さんです。

 

 

 

さぁ、明日はどこに行くのか?
思いがけない展開と息をのむ絶景、見逃せませんよ~
お楽しみに!! 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:19:30

応援メッセージ

 水俣の回に投稿した、髙橋薫です。ばたばたしていて、お礼がおそくなりました。
 正平さん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。主人と仲良く見せてもらいました。正平さんに、手紙を読んでもらった上に、「お幸せに…」とまで言ってもらって、とてもうれしかったです。ちなみに、7年前にあの部屋で夕日を見たときの気持ちのとおり、幸せな結婚生活をおくっています。
 7年前に水俣に連れて行ってもらった時も、今回のように九州新幹線の新水俣駅の先あたりのわき道を通りました。手紙には書いていませんでしたが、主人の卒業した小学校もチラッと映りました。もちろん、やつでの葉っぱを数えてはったあったあたりも通っています。それから、結婚後に私の両親(主人のご両親は亡くなってられますので)と、水俣を旅行したのですが、そのときに泊まった三笠屋とは別の旅館もチラッと映っていました。だから、今回の放送では、懐かしい景色ばかりで、ひとときも目がはなせなかったです。しっかり録画もしているので、何度も何度もみています。
 主人いわく、鶴田橋の下は、あんまり変わっていなかったそうです。正平さんが降りて行かれた石段も、前からあったみたいです。また、川の真ん中あたりに水が深くなっていたところがあり、そこで日本猿よりも少し小柄なモンコは泳いでいたと言っていました。
 湯の児島への吊り橋は、正平さんが渡れないだろうなと心配していましたが、干潮時で地続きになっていて渡れたんですね。名前が変わってしまった三笠屋さんも、ちゃんと見つけてくださってうれしかったです。最後にお手紙を読んでくださったお部屋は、私たちが泊まった部屋と、とても似ていました。
 ほんとうに、ありがとうございました。放送は、もう1週ありますが、旅はすでに終了されているのでしょうね。正平さんも、スタッフのみなさんもお疲れがでませんようにと、願っています。

投稿日時:2011年12月11日 20:13 | 髙橋 薫

正平さん、スタッフのみなさん、チャリンコさんお疲れさまです。
鹿児島編に入り、転勤族だった子供時代,思い出の地を走ってくれるかな~と期待しながらみています。
昨夜、一緒に見ていた高校生の孫が正平さんのあの自転車、すごく軽そうだけど幾らくらいするのかな~と、羨ましそうに言ってました。
夢は自転車で九州1周する事だそうです(日本1周と言わない所が現実的)
 これからの旅も怪我のないよう気をつけてください。

投稿日時:2011年12月10日 09:38 | きまちゃん

正平さん、皆様、お疲れ様です!
いよいよ鹿児島ですね。母と行った水俣や、父が入院していた人吉の病院など、色々と思い出されます!  懐かしいです。
カッコイイチャリオと、かっこいい正平さんと、綺麗な景色と、楽しい思い出と☆
次も楽しみにしてま~す(^^)/
高所から撮った全員が走ってる場面が好きです!(^^)!

投稿日時:2011年12月09日 21:02 | マクロ

朝、水俣を出発する時は雨で、夕日のお手紙は難しいなぁ~と思っていましたが、流石に火野さん、夕日に照り輝きましたねぇ。「カミさんより美しい景色に「生きていて良かった。」と感じる穏やかな海原は、必ず自分の目で見たいと思わされました。来週がゴールですかね。もったいない気持ちになっています。春の旅を見ていない私にとっても、是非是非「春の旅の再放送」をお願いします。

投稿日時:2011年12月09日 20:46 | ヒサくん

火野正平さん、そしてスタッフの皆さんお疲れ様です。

この日は久しぶりに夜の放送をリアルタイムで見れました☆

私は九州に行ったことがないので「いいなぁ。いいなぁ、絶対絶対九州に旅行に行くわ」と思いながら見てました。

湯の児の旅館でお手紙を読む正平さんが素敵でした。

16日で放送が終わってしまいますね(泣)

来年の正平さんで「こころ旅」・・・朗報をお待ちしております

投稿日時:2011年12月09日 20:36 | なつひゆ

正平さん、スタッフの皆様 お疲れ様でございました。
昨日で、本年度!! の収録は、終了したのですか?
本当に、お疲れ様でした。

一目で5台ってわかるのに、
必ず 1、2、3、4、5 と、数えています。

そして遠景の画面には、あぁ あんなに遠くから 待ち構えている
たくさんのスタッフさんがいるのだなぁ、と
今までの番組では、考えたこともないことに思い至っています。
正平さんや御一行の御様子は、もちろんのこと
美しい画像をたくさん見ることができました。

とても素敵な番組を ありがとうございます。

残りの放送が、少なくなって、さみしい・・です。

でも、でも、
正平さんは、しっかり休養して(是非、脚力を鍛えて)
チャリオ君は、メンテナンスしてもらって。

またの日を、お待ちしています。

編集さんは、休める日がないかも・・?
よろしくお願いいたします。

投稿日時:2011年12月09日 17:26 | h2

正平様、クルーの皆さま お疲れ様です。
熊本の旅 すごく素敵な熊本をたくさん紹介して下さり本当にありがとうございました。
地元にいても見逃してしまう景色に 改めて 故郷の素晴らしさを
感じさせて頂きました。
時間が出来たら 自分でも周ってみたくなる風景でした。
鹿児島の旅も 楽しみにしております。

投稿日時:2011年12月09日 17:06 | あんず

「海と山の空気がーーーーミックスジュース!!」
と言った時正平さんの口からも他のジュースがでたこと、しっかり確認しました^^v
「願掛け亀」ですが宮崎の鵜戸神宮の運玉を想い出しました。
撮影では残念ながら外したけれど、カメラが回っていないとき
また挑戦していたようですね。 そして・・・たぶん3回目に入ったと
お見受けしました。


独身時代、中学の同級生とある日ばったりと会い旅行でも行こうかという話になり、国内ですが毎年色々な所に旅しました。
目的地では必ずレンタサイクルで周辺を観光しました。
ママチャリコだけど風を感じることができ本当に楽しかった。
そのことを想い出させてくれた正平さんとスタッフのみなさんに
感謝、感謝です♪
もう少しで「とうちゃこーー!」してしまいますが健康と安全には
気をつけてください。


投稿日時:2011年12月09日 14:12 | 智映子

こんにちは

暖かかったとは言え Tシャツとは皆さんお若い...
まぁ正平さんの子供みたいな年齢ですものね(^_^)

暗い記憶しかなかった水俣の美しさにホッとしました

何事も荒らすのは一瞬でも
再生するには多くの時間を要します

この国の繁栄と今の自分がこうしていられることを 
水俣の皆さんに感謝するしかありません

通り一遍の旅番組ではこんな気持ちには
ならなかったことでしょう

”こころ旅” 本当に素晴らしい

投稿日時:2011年12月09日 12:22 | omikasago

正平さん チャリオ君 スタッフの皆さん 
こんにちは!

正平さん、お茶目な方ですネ~
足です。。。。思わず笑っちゃいました(笑)

水俣市は私が時々峠を越えて買い物する町、数年前には「鶴田橋」の直ぐ近所のアパートに娘が住んでいたこともあります。
なのでテレビの映像に釘付けでした。
そんな何でもないようなあの川べりに正平さんが来ていたんだと思うと何だか嬉しいです。
湯の児もとてもきれいな海岸ですよね。湯の児島は30年位前にはそんなに木も生えてなくてウサギとかも放されていました。子供を連れて遊びに出掛けた島です。 家族の間では「うさぎ島」と呼んでいましたし、明るく開けた島でした。  現島の姿は木々が生い茂り島全体が変わってしまったようです。

正平さんもおっしゃってられましたが、「やつで」場所からの風景がとってもきれいなんです。  春には桜並木にもなりますし。

もう直ぐファイナルですね。
なんだか朝が寂しくなっちゃいます。

投稿日時:2011年12月09日 12:05 | くうちゃん

火野正平さん・スタッフの皆さま
いつも楽しく拝見させて頂いてます。(*゚ー^)v
視聴者のみなさんと同じく、一度見たらファンになって、
毎日の放送を待ち通しく感じている一人です。

これも、勉強はしなかったが ♀を惹きつける魅力のDNAを授かった正平さんと、スタッフの方々の優しさやコミュニケーションの良さが、画面を通じて感じ取られ、とても素晴らしいと思います。

初めて見た景色、私では、きっと一生行けないであろう「こころの旅・景色の素晴らしさ」を見て、あ~日本って隅々まで ホントにイイ所ばっかりやなぁ・・て思っております。

この旅も、正平さんが「フェラーリ-なんか乗って、美女のスタッフとドライブ旅行」されても、これ程の感激は感じなかったでしょう。
チャリオがイイ~~。

今月16日が最終日と知り、ガッカリしてます。
やっと地元の新聞(京都新聞)のTV欄に「7:00こころの旅」と
書かれるようになったのに…

1年目…て書いてありますよね?
という事は 2年目・3年目も期待していいのでしょうか。

どうか私達、ばばんつ族のふぁんも お忘れなく、
「こころの旅」を続けて下さいますように。

投稿日時:2011年12月09日 10:28 | ぴぃまんにゃん

皆々様 本当にお疲れ様です。
 昨日の湯の児温泉は、とても懐かしかったです。
我々夫婦と友達夫婦とで、出かけた所だったので....
時々、行った所が放映されるので、嬉しいです。
鹿児島も楽しみにしてます。
  正平さんの素顔が見れるのが、たまりません。
 ゴールが嫌だけど、楽しみでもあるので、怪我のないように
   チャリオと頑張ってください。

投稿日時:2011年12月09日 10:10 | はなちゃん

昨日の放送での「みんなは半袖」の意味がわかりました。火野さんのいでたちを見る限り、あ~九州も寒いのね~と思いましたが、ポカポカだったのですね。
さて、9月の発売からずっと買おうかどうしようか迷っていた「こころ旅CD」、ネットで買っちゃいました!
いいです。最高です。もっと早く買えばよかった。平井真美子さんは天才ですね。音楽で風景が描ける天才です。
それから火野さん作詞の「ちょうどいい」の歌詞で、「小首かしげてこっちみてるキミ」はチャリオのことかな~と思いました。
火野さん、チャリオ、もう少しだ。がんばれ~!そして来春も期待してるよ!

投稿日時:2011年12月09日 09:48 | なおたん

正平様・チャリオ君とスタッフの皆様。
水俣川や色々の「亀」「賽銭風景」等、
楽しさあり、歴史ありで大変感動しました!!
特に正平さんは声も良くいつも聞き惚れています。
私は「カメラ・鉄道」も好きで、よく民放の旅番組を見ますが、
MCが若いタレントが多いのであまり好きになりません…
少し言い過ぎか…ん!?
その点NHKは良いです。特に「こころ旅」は最高!!
ついでに、同じNHKの毎週木曜日の夜10時からの「ブラタモリ」
も良いです。(^0^/)

投稿日時:2011年12月09日 09:34 | モッコス爺ライダー

初めまして!
初回から見ています。
同年齢の正平さんが自転車でハア、ハア言いながら何とか頑張っている姿。何気ない風景に思い出が残る様子。時々混じるダジャレとその後の恥ずかしそうな笑顔・・・などなど。近頃の放送局のくだらない番組にへきへきしていたのでこの番組は非常に新鮮に写りファンになりました。火野さんのわりと知識があり、磯で時々遊ぶ遊び心、アイスクリームに飛びつく姿等はこの人の醸し出すキャラクターだと感じます。火野さんスタッフの皆さん元気に事故だけには気お付けてこれからも番組を続けてください。長野の小さな飯島町と言う所から発信します。こちらにも来てください・・・心の手紙がなければだめか!!!。では裏方含めた皆さんお元気で!

投稿日時:2011年12月09日 09:31 | 田口 道博

京都から北海道までの旅の初めから見ています。正平さんの60を過ぎても、パワー溢れる姿と雰囲気を和ます言葉に感動し、また、「思い出の地」のどれもなんと素晴らしい風景か。名所旧跡では味わえない思いのこもった映像に浸るのを毎晩7時から楽しみにしています。
 60代後半のはやチャンより

投稿日時:2011年12月09日 09:13 | はやちゃん


まだまだ続けてくださいね☆
初めての投稿にドキドキしながら打っています。
何時も忘れかけている何かを思いださせてくれる放送です。
火野正平さんのやさしさに何時もドキドキです。

投稿日時:2011年12月09日 09:02 | きみちゃん

チャリオのサドルバックからのぞいていた赤いものは何だったんだでしょうか。火野さんの黒づくめの衣装とのコントラストがよかったなあ。
自転車をこいでる火野さんの重層な服装に服の中は汗だらけで大変なことになってるんじゃあないかと思っていたんですが、ビジュアルは大事でしょうが、下着はこまめに変えて、くれぐれも風邪など引きませんように。

投稿日時:2011年12月09日 08:21 | いぬのなつ

ファンクラブにも入会し、ますます楽しみが増えました(●^o^●)
白髪あたまの70歳過ぎのばぁばですが正平さんのファンとしてこれからも応援して行きます!
自転車大好きばぁばで今は電動自転車で走り回っています・・冬は乗れませんが・・残念です。

投稿日時:2011年12月09日 07:51 | チャウチャウ

やぁ、火野さんたちが津奈木・水俣を通過されると知っていれば、せめて沿道で声をかけたのに。この日初めて視聴しました。
それにしても番組に便りを寄せた方に感謝。半世紀もここに住んでいると、「故郷は遠きに在りて思うもの」という感覚は分からないのです。改めて私の故郷の美しさと思い出を手繰り寄せました。
赤崎小学校は傷みましたね。隣の僻地の小学校に勤務したころ、赤崎校区の保護者会の炊き出しでいただいた蛸飯の美味しかった事、また児童が漕ぐボートも海のきらめきにとけて眩しかった。
水俣の鶴田橋は土石流で流されて、投稿者はその再建中に訪れたのだと思います。私の思い出の場所はもう少し下流の二つの川が合流した所で、小学校の夏休み前には遊泳区域の綱張りに行ってました。
湯の児の白砂は人工ビーチです。昔の湯の児島には持ち込まれた兎が繁殖していて可愛かった。もういませんし、いつの間にか亀の島にされているようです。
私も加齢したら、転居するかもしれません。その時にこんな番組があって、故郷への最後の便りをしたためる機会があれば嬉しいです。
残り少ない輪行が無事でありますように、毎朝応援しています。

投稿日時:2011年12月09日 04:13 | 田中 久美子

今日は朝も夜も見ることができました。ラッキーでした。
正平さんヤツデは本当はいくつなんでしょうね?
それにしても植物にお詳しい! 蒲の穂のときにも思いましたが、小さい頃から興味がおありでしたか?
当日は「22℃」あったとのこと、暑かったことでしょう
ソフトクリームは食べられませんでしたか?
昨日の「赤崎小学校」も行ったことがあり、今日の水俣の湯の児温泉も家族で泊まったことがあり、熊本は長く取材していただきありがとうございます。千葉にいる従兄と「こころ旅」についてメールで交歓しています。お互いに知らなかった昔の記憶を呼び起こしてくれる番組に感謝です。
明日は「長島」ここにも思い出があり楽しみにしています。

投稿日時:2011年12月09日 01:46 | ゆっくんばあば

私の水俣在住の友人がBSがないので、見ることができないと残念がっていました。総合で再放送などをしてくれませんか。火野さんには元気に鹿児島まで走ってほしいです。私の依頼した知覧の武家屋敷にも行ってくれたらありがたいです。

投稿日時:2011年12月09日 01:13 | 陽ちゃん久留米

正平さん、湯の児の坂はきつかったでしょう。
お疲れさまでした。

本日のお手紙を正平さんが読んでいるのを聞いて
「三笠屋旅館」 あ・・・
熊本近隣の人は、大方、あ・・・と思われた事でしょう。
老舗の有名な旅館でしたが、閉館してしまいました。
だから、近所のワンちゃんに聞いてもね~(笑)

紅葉も爽やかな風も「こころ旅」を出迎えてくれて良かったです。

湯の児温泉からもう少し上の方に「湯の児スペイン村」があります。
眼下の青い海と、昨日の津奈木町のミカン山がある半島が
日本ではないような,写真やTVで見たスペインにように
見えて本当にキレイです!

水俣は大変辛い歴史を歩みましたけど、今はとても頑張っています。
いろんなイベントが活発にあり、何度も訪れました。
三笠屋旅館が無くなったのは淋しいけど、新しいホテルも頑張っているし
いつか泊まりに行きたいと思います。

明日の思いがけない展開とは・・・楽しみです!

投稿日時:2011年12月09日 01:02 | けいたん

22℃なんて!!さすが九州ですね! 暖房入れてる我が家の気温と同じですね。(外は11℃とかです@京都)

今回はバツイチ同士の方の結婚を決めたという内容に共感しました。
私も全く同じ境遇で、来週には相手のご両親にご挨拶に行く次第・・・
年明けには新居が出来上がります♪

明日からいよいよ鹿児島入りなんですね^0^
楽しみにしていま~す♪

投稿日時:2011年12月09日 00:32 | ゆきりん

こころ旅ご一行の皆々さま、お疲れ様です!
7日8日と、故郷の映像をありがとうございました。
ご一行様と述べさせていただいたのには、様々なハプニングやご苦心の場面を載せていただき、その大変さが想像以上だった事だろう・・・この企画に関わられた皆々様に、こころから感謝したいが故です。
かって水俣は世界にその名を知られる程、苦悩の歳月を体験。
お手紙の高橋さんのご主人の「水俣の多くを語らない・・・」心情は、正にその時代を過ごした自分にも重なりました。一言では語れない思いを、皆がかかえた半世紀以上の「苦しみ」でした。
しかし、ふるさとをこよなく愛する地元の人たちのたゆまない努力のお陰で、あんなにも美しく蘇った・・・ふるさとの皆さまに感謝いたしました。
今また、東北は未曽有の苦悩と戦っておられます。
ふるさとを愛し、生きることへの執念、努力と協力・・・日本に生まれてよかった!と言えるように、ともに自分にできることを考えて頑張って生きていきたいですね。
青く美しい地球のすがたが目に浮かびました。

投稿日時:2011年12月09日 00:13 | ニングルばぁば

今夜も、遅くに録画で楽しみました。
ところでお礼が遅くなってしまいました。
以前、正平さんのメガネについてお訊ねをしましたが、さっそく問い合わせ先をメールで教えて頂きありがとうございました。
メールチェックを怠っていました(笑)ごめんなさい!
とても嬉しいです。
クリスマスプレゼントに間に合います。

ファンクラブ入会しました。
何だか「こころ旅の輪」ができそうでワクワクです。


今日のお手紙の方、夫婦の絆がより強くなったのでは……。ほんわかしました。

正平さん、近頃橋を渡っても大丈夫になりましたか?
これ以上はダメという高さがあるのでしょうか?

明日がまた楽しみです。

投稿日時:2011年12月08日 23:09 | プーママ

番組スタッフの皆さん、正平さん、お疲れ様です。家族と一緒に毎日とっても楽しく拝見しました。景色もすてきでしたが、旅先での出会い、地元の方たちとのやりとり、心がほっこりあったかになりました。母の実家のある八代のお城のお堀、子どもの頃、夏休みに従兄と、自転車の二人乗りをして、毎年蝉取りをした場所でした。いっぱいいっぱい私の心旅も乗せて、走って下さったようで、嬉しかったです。大学生の息子も、ロードの自転車で、どこかへ行きたくなったようです。鹿児島の旅も、怪我もなく、元気いっぱい、皆さんに心旅お届け下さいね。

投稿日時:2011年12月08日 22:50 | ふーみん

S35年大分県の工業高校を卒業してチッソ㈱に入社し、陣内の独身寮(城山寮・向山寮・泰山寮)の生活、東京転勤を機に結婚して水俣を離れるまでの9年間の水俣の思い出、鶴田橋を渡って登った中尾山も見えたし・・・昔のままの湯之児島・吊り橋・・・海岸道の風景・・・堪能しました・・・
三笠屋旅館が・・・は・・・時の流れを実感しました・・・・
投稿下さった高橋様・火野正平様・スタッフの皆様・・・有難うございました。

投稿日時:2011年12月08日 22:03 | 早良九老人

三笠屋旅館が無くなり、建て替わっていた。でも旧館が残っていて良かったですね。私は61歳で来年には、火野さんのルートを辿って行こうと思っています。○○館にも泊ってみたいなあ~、地ビールが旨いらしい。ファンクラブに入会すると、ルートマップが手に入るらしい。

投稿日時:2011年12月08日 21:29 | ヒサくん

昨晩はどこに泊まられたか知りませんが、昨日の赤崎小学校からのスタートでしたね。
今日も良い話でした。
やや、素っ気無いワンちゃんとの交流。
さすが火野さんは手馴れた扱い。
ヤツデの葉っぱの数が火野さんの知識内では9のようですが、10が出てきたのは笑えました。
1ヶ月前に旅館の名前が変わっていたのはタイミングが良いと言うのか、悪いと言うのか、でした。
明日も楽しみにしています。

投稿日時:2011年12月08日 20:46 | ももの爺

今夜も楽しませてもらいました♪

 湯の児島、湯の児海水浴場、湯の児温泉
幼い頃からずっと「夏になって気が付いたらここで遊んでいた」ってくらいなじみの場所でした。
湯の児島はぐるっと一周できるだけじゃなく、丘の上に登れば鶏やウサギも遊んでいました。昭和の始めから水俣の観光を背負ってきた三笠屋の倒産は衝撃的でしたが、引き継ぐ企業がすぐに見つかり安堵した人も多かったでしょうね。
 陣内の「鶴田橋」は8~9年ほど前の水害で一部流され、お便りの方が訪ねられた時には架け替え工事中だったのですね。あの橋の少し上流部右岸にチッソの社宅があり上水場も有り、蛍の多いとこでした。
 陣内には有名な和菓子屋があり富貴ばあさんが売っていた「富貴最中」を食べるのが常でした。

 新水俣駅は、確か「不知火海の波」をデザインした駅舎だったと思います。出水駅は当然のごとく「万羽の鶴」。九州新幹線各駅にはその土地の風物をモチーフにしたデザインだと聞いた覚えがあります。

これまでも曜日が変わるごとに”とうちゃこ~”地点とスタート地点のつながりを考えるのが楽しみでしたが、
明日の放送を前に大きな疑問が、
なぜに水俣の隣の出水を外して長島なのか?
数年前までは確かに水俣から長島のさらに隣接する島へのフェリーがあったのですが・・・・
ただ、バスの乗り換え(?)シーン、これがヒント?
天草に戻り最南端の牛深からフェリーで長島・蔵の元へ上陸?
一晩謎解きにハマってみます。

ご安全に!

投稿日時:2011年12月08日 20:40 | 勘独

正平さん、チャリオ君、スタッフの皆さん、毎日、ご苦労様です。
今日の水俣も、いいところだったでしょう?
実はロケ日の3日前の27日に「薩摩街道歴史ふれあいウォーク」で昨日の津奈木町から今日の水俣まで12Kmを歩いてきたばかりです。見てきた風景が随所に出てきたので、嬉しくて嬉しく(*^。^*)
水俣市役所の脇の道路を湯の児温泉まで行く道は上り坂はきつかったでしょうけど、春の桜がとても綺麗なところなんです。その頃、お出で下さい。ひょっとしたら、海に落ちる夕日が見られるかもしれませんよ(^^)v
そして、熊本での長旅、お疲れ様でした。熊本編の最初の放送の中で「大観峰には何度も来たことあるけど」という言葉、「熊本にきたモン」とくまモン語で始まったブログ、熊本人にとっては、何よりの嬉しさでした。
小学3年生の時に引っ越してきて以来の熊本育ちの私には故郷と言っても過言ではない場所です。
車の運転ができるようになると、行動範囲が広がり、大病を患った後に始めた山登りで、更に半径が広がり、人の和も広がり、熊本に来て、よかったなあってつくづく思います。
こんな大好きな場所を、正平さん流に紹介していただけたこと、本当に感謝です。ありがとうございましたm(__)m
これからの鹿児島も、そして、その先の旅も、きっと同じ気持ちで待っている方々がいらっしゃるでしょう。どうか、ご自身の体と、自転車のメンテナンスをしっかり管理していただき、私たちを和ませ続けてください。番組が続く限り、応援し続けます(^^)v
今度はこころの風景にも投稿しますね(@^^)/~~~

投稿日時:2011年12月08日 20:30 | さんぽ猫

正平兄貴、スタッフのみなさんおつかれさまです(^_^)
昨日はこころ旅観た後、某民放のヤラセ観たせいかカキコする気になりませんでした(^^;;さて、さすが兄貴‼あの程度の吊り橋もダメなんですか?いいんですよ(^○^)誰しも苦手なモノはあるんです。あっしは毛虫、イモムシが大の苦手ですσ(^_^;)特にイモムシはTV画面に出たら即、目をそむけますΣ(゚д゚lll)来週でこころ旅終わっちゃうんですね( ; ; )どうでしょう⁈冬のスペシャル沖縄編‼
NHKさんお願いします。

投稿日時:2011年12月08日 20:19 | サウザー

今晩はもう時間がくるとテレビに見入ってしまう・・・
12月8日放映の 水俣市・・・拝見!
撮影が11月30日だったと、皆さん半袖シャツ・・・
でも 正平さん、今日の番組に黑の姿ピッタリでした。
(お洒落だもん)なんて。

八つ手の葉っぱ、切れ目が9~11位・・・なんででしょう~(天狗の葉)・・・いやはや「やつしましょう」か、キレイニ・・・関係ないかな。

綺麗な水と波と色が澄んでいるようでした。
川と海 橋、の下のごろごろ石、願い亀・・・投げてははずれ・・

旅館(つい最近まで今は新しくなった建物・・・の1F 海の見える山間と季節の角度差で、夕日の出るところが違ってるのですね。

お手紙の方はその場所から見られた(お盆のころ)・・・
お二人にはこれから幸せになってください。と。正平さん締めくくりました。ジーンときました。

とうとう、予告では明日鹿児島へ・・・さみしいな~~~
                 今日も有難うございました。

投稿日時:2011年12月08日 20:06 | kimiko

こんばんわ 火野正平さん。
和室のお部屋が とても素敵な宿ですね。

最近、電動アシスト折りたたみ自転車を購入しました。
車に乗せて 全国の島を 巡ってみたいと思っています。
島に渡り アシストバイクで 一周。

火野さんと同年ですので クロスバイクでは しんどそう。
ちょっとズルして アシストしてもらいます。

もうすぐ鹿児島ですね。
来年の旅を 楽しみに待ってます。

投稿日時:2011年12月08日 20:05 | アシストバイク

水俣の景色、長閑できれいでしたね。もう故郷はマイナスなイメージじゃ
ないですよ。湯の児温泉の景色も最高でした。
将来、ご夫婦仲良く元気でお暮し下さいね。
 正平さん、明日はいよいよ鹿児島にとうちゃこ~!ですね。
で長島町ということはもしや例のあれを通ります?
大丈夫だったかなあ・・・(^_^.)
放送もあとわずか寂しい限りです。残り少ない放送を応援して見ますね♪

投稿日時:2011年12月08日 19:59 | 薩摩おごじょ みゆ

月曜朝版で、「自転車が壊れた?!」とありましたが、
チェーンが外れただけだったんですね!
無事に修理出来て出発出来て良かったです(*^-^*)。

気温22度!
火野さん、長そでのジャケット着てはりますけど、
その下は、何も着てないと見ました!
(1月に「スタジオパークからこんにちは」に出はった時みたいな恰好でしょ?)

ヤツデ、何でその名前がついたんでしょうね?
火野さんが何故か9枚あるんだよって葉っぱを数えたら
11枚もあったところで大爆笑しました(笑)。

鶴田橋の下の川、結構水が綺麗でしたし、
川端の景色も綺麗でしたよ。
湯の児島も良い形をした島ですね。

私も水俣って、水俣病のイメージが強くて、それ以上どういう所か
知ろうともしなかったんですけれど、海も水が澄んでいて、
とてものどかで良い所だと言うことが今回、分かりました。

三笠屋旅館、場所が変わったみたいですが、
当時お手紙の主が夕日を見られた部屋に入れて良かったですね!
夕日は…お盆と12月では、そんなに出る方角が違うとは!
今回は夕日が見られなくて残念でしたが、
このロケーションなら、きっと夕日がとても綺麗だったことは想像できます。

お手紙の主さん、旦那さんと末永くお幸せにお暮し下さい。

投稿日時:2011年12月08日 19:54 | たーこ

毎朝、夫婦で楽しんでいます。最近は夜もできるだけ見ています。
来年はぜひ、太平洋側を回ってきてください。
みやざきの日南海岸や大淀川、青い海と空、色鮮やかな花々、きれいな景色を全国に紹介してください。

投稿日時:2011年12月08日 19:54 | がんちゃん夫婦(宮崎市)

「上という言葉が嫌い」とか正平さんは本当に言葉と笑いのセンスが抜群ですね。

最近お笑い番組のあざとさになんとなく笑えないと思っていた私が、笑うつもりでなくてもこころ旅では心から笑わせてもらってます。もっとはやくこの番組を見始めたかったな~。

私は歌舞伎のファンで、素晴らしい舞台を見るたびに「ああ、この役者さんと同じ時代に生きていてよかった」と思うこともしばしばなのですが、正平さんが旅をするその時をリアルタイムで見ることができてよかったな~と思っています。この番組を通じてみた景色の一つ一つが本当に綺麗で、正平さんのお手紙の朗読も本当に素敵で、なんだか「同じ時を共有した」気持ちになれるんですよね。

見逃したファンも多いと思うので是非是非春の旅の再放送、および秋の旅の再放送をお願いいたします。

投稿日時:2011年12月08日 19:39 | きみんず

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

バックナンバー