2023年12月04日 (月)今週はこころ旅クラシックセレクション&2023秋の旅セレクション



こころ旅クラシッククラシックセレクション 2011

今週は新BS(101ch)では
「こころ旅クラシックセレクション」として2011年の旅から5本を放送しますよ。
朝版が見られるまたとないチャンス!!

 

こころ旅クラシック セレクション2011
<BS 101ch>
あさ  午前7:45~ 7:55
よる  午後7:00~ 7:29

12月4日(月)  1日目 京都府宇治市への旅
12月5日(火) 35日目 青森県東津軽郡外ヶ浜町への旅
12月6日(水) 47日目 鳥取県江府町への旅
12月7日(木) 55日目 山口県下関市への旅
12月8日(金) 79日目 鹿児島県南九州市への旅

また、BSプレミアム4Kでは、同じ時間帯
2023秋の旅セレクションは青森県の旅

「2023秋の旅セレクション」

を放送いたします。
同じ時間帯に異なる「こころ旅」、
ぜひ録画して両方見てくださいね(^^)/

 



2023秋の旅セレクション
<BSプレミアム4K>
あさ  午前7:45~ 7:59
よる  午後7:00~ 7:29

12月4日(月) 2023秋青森県 月曜朝版
         (夜は「こころ旅クラシック」467日目 香川県高松市への旅)
12月5日(火) 2023秋青森県 東通村への旅
12月6日(水)     〃    七戸町への旅
12月7日(木)     〃    板柳町への旅
12月8日(金)     〃    弘前市への旅

※放送は変更になる場合がありますので、ご了承ください。

投稿者:番組デスク | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

BSプレミアムが無くなって、こころ旅が縮小してしまうのかな?と心配していましたが、今回の放送はとても嬉しいサプライズでした。 最近の旅は坂道が少なめで距離も短くなったなあと感じていましたが、初期の頃でもチャリオを押してのんびりと桜並木や商店街を散歩する正平さんを再発見し、なんだ、これでいいじゃん、と思いました。 体に無理をしない旅でも、正平さんのあったかいお人柄があればとても素晴らしい番組だと思います。 もっと再放送が増えると嬉しいな。

投稿日時:2023年12月10日09:05 | タメ

おはようございます。新たな感動を与えてくれます「セレクション」。55日目、山口県下関市。本当に初々しい兄貴と酷使するスタッフとの格闘のドキュメント。おはようと疲れ気味の兄貴のあいさつ、調子がイマイチすぐれない。それよりも今日のお手紙「あかね」様の魔女のはがきに圧倒され、兄貴も怒る。(笑) そして門司駅から特牛駅まで輪行。“こっとい”焼肉屋に似たり。山の田んぼにロール状の藁は牛の餌。喘ぎの坂道を過ぎると、そこは日本海。目の前にド~ンと角島大橋が横たわる。いざ参らん。“俺行けるかな”と弱音を吐きながら、必死に渡り切り、“いい景色だったなぁ”とにこやかに笑う。置き去りのはがきに眩しい夕日が差し込む。

投稿日時:2023年12月10日09:04 | とちぎの芭蕉

こころ旅クラシックの中でも、印象的だった5本の旅をセレクションとして、また放送していただき、ありがとうございました。 今回、貴重な朝版も見ることができて、とても嬉しかったです! 第2弾、第3弾もよろしくお願いします!

投稿日時:2023年12月09日10:41 | きみどり

茶畑のテッペンはすすきのデコレーションケーキでした。とうちゃこ版では朝版にはなかった楽しいオープニングから始まりました。「お出かけですか?開聞岳(笑)」♪花は霧島、タバコは国分~(笑) バスを使いましたがひたすら上り。Bカメがすごいです。あんなところからショットを待ってたんですね。お茶屋のお母さんがいい味を出してましたね。結婚しよ!洗濯物運ぶよ。雨がポツポツ。あの運転してくれたお母さんは、正平さんの名前を一生忘れられないだろうな(笑) 天気がもってよかった。心に残るいい風景でした。

投稿日時:2023年12月08日23:59 | あにき

こころ旅クラシックセレクション 4日間、朝夕楽しませて頂きました 懐かしく何度見ても同じ所で笑ったりホロッと泣いたり、綺麗な景色に感動、癒やされました。また、2011年、私はどう過ごしてたかな、とか、お手紙の方は今お元気にしてるかな?道中で出逢った方はどうしてるかな?とか、思い巡らせながら見ました。来年も走って下さること、ありがとうございます!楽しみです!

投稿日時:2023年12月08日21:21 | Chika

「クラシックセレクション79日目」、観ました。「知覧の茶畑」。 1時間ドラマになりそうな、、、切なくも、じんわりくるようなお手紙。 いい息子さんで、ご両親は幸せだったと思います。写真の笑顔も、本物。 色々あっても、生きて、、、笑えたらいいなぁ。デコレーションケーキみたいな茶畑を観て、正平さんも笑顔でしたね?助っ人のお母さんも、いい方!!

投稿日時:2023年12月08日20:52 | REIKO

BSクラシックセレクション、47、55、79日目、観たよ。47日目:坂でへたり込んだのが懐かしかったです。55日目:あかねさん、番組後、火野さんのアドバイスに従い、その後、あそこへは1回で済んだかな。79日目:美佐子お母さんの鹿児島弁が懐かしかったです。

投稿日時:2023年12月08日20:49 | ももの爺

今日は、2011/12/15放送の「知覧、茶畑のてっぺんをめざす」でした。 昔は、どこの家庭にもあったかと思われる夫婦げんかの風景。父ちゃんと母ちゃんは喧嘩ばっかり。アルミの弁当箱はひっくり返り、ごはん粒とおかずは散乱して・・・ 夜になると、母ちゃんが泣く。子どもの身としては、訳が分からず、ただただ困惑するばかり。 私のウチはもっと酷くて、火鉢の火が転がっていました! もう、いい加減、離婚したら、どうなん? そうしたら、ドッチについて行こう?ドッチもイヤや!と、思っていました。 吉川伸一さん、よかったですね。お父さんお母さんの優しい笑顔の写真が撮れて。繰り返し、あなたの心を癒やしてくれますね。

投稿日時:2023年12月08日20:46 | チコさん

「鍵掛峠」は何度見ても、正平さんが「こころ旅」を染み込ませられた最初の試練だったのかもしれないなとその都度思います。同時にテレビの外にいる私は、お便り主様の大切な想いを背負って走る正平さんの本当のシンドサを分かったつもりでしかないのかなと切なくなります。それでも、いつも水さんの後ろから必死にチャリを漕いで、正平さんを追いかけている気持ちで見ています(*^^*ゞ これからもいろんなとうちゃこが正平さんを待っています!私は私なりにそんな「チームこころ旅」の皆さんを応援し続けますね~d=(^o^)=b☆彡

投稿日時:2023年12月08日16:59 | ぽんぽこ

1年目の旅からのセレクション、放送ありがとうございました。最初の旅が自分の住んでいる京都だったのにどうして見ていなかったのかとずっと不思議に思っていたのですが、よくよく考えてみたら、ちょうど父の亡くなった日々が重なっており、転勤したばかりだったこともあってテレビを見る心の余裕も無かったんだなぁと、初めて気がつきました。その後私は体調を崩して休職したのですが、朝つけたテレビから流れてきたのが2017年春の旅、スタートはまた京都でした。仕事にも行けず何もできない自分がただただ役立たずのつまらない存在にしか思えなかった私に、世の中ええこともあるよと思わせてくれた「こころ旅」に本当に感謝しています。

投稿日時:2023年12月08日14:41 | 京都のakaimi

正平さーん!79日目鹿児島知覧の旅。私のこの日のキュンポイントは、お洗濯物を取り込む正平さん!!名作揃いのクラシックは、年と地名でどんな手紙でどんな旅だったのか分かるようになりました。正平さんのお洋服でも、あの旅だっ!と完ぺきに分かります。そんなファンは私だけではないでしょう。このオフ期のクラシックセレクション。朝版を見られるのがすごく嬉しいです。これからも続けてほしぃーです!

投稿日時:2023年12月08日14:19 | おかか

おはようございます!55日目の旅拝見しました。 山口県下関市「絶対 角島」正平さんの「バカヤロウーー」から始まるこころ旅親近感を感じました。道中の目刺しの干物のプレゼントご当地の方の温かい気持が伝わってきました。 とうちゃこ地点「角島灯台からの夕景」美しい光景でしたね!夕日に染まる正平さんの姿も印象的でした。こころ旅の夕景はどれも本当に何度見ても癒やされています。有難う御座いました。

投稿日時:2023年12月08日11:08 | てるてる

山口県角島の旅、私も角島大好き!な人間なので、また見ることが出来てとてもありがたかったです。 そして、"やんちゃな正平さん"の表情に会えて「この顔で見つめられたらアウトだわ」と再認識しましたねー。 それにしても"あかねちゃん"だったかな? 今頃どうしてるかなー?

投稿日時:2023年12月08日08:10 | ちーさん

初年度の名作たちの朝版が見れて幸せです!第1日目の京都。どなたかが言ってましたが、10分でとうちゃこ(とうちゃく!と言ってましたね)まで行きましたね。大山では10分で南壁が見えるところまで行きましたね。山口県のできた彼氏ごとに行く灯台公園は、プレゼント写真になった橋の手前でつづきになりましたね。もう、初めて見れて感謝感激です!ありがとうございます!

投稿日時:2023年12月07日22:05 | あにき

2011/10/20「絶対、゙角島゙」を拝見しました。 今回は、正平さん なんか愉しそうでした。あんな怖い角島大橋を死に物狂いで、「オカアチャーーン」と、叫びながら激走。 まるでお葉書の主、あかねちゃんのやんちゃが乗り移ったみたい。「秘密だけど、彼氏が変わるたびに行きます。一緒に眺めたいんです」 まさに、あかねちゃんの云うとおり、コバルトブルーの海も、キラキラと海原を染めながら沈む夕日もロマンチック。 「あかねさん来たよ。こんなこというあかねさんかわいんだろな。でも、何となくあかねがスキです。やんちゃはいいもんやね」「ホントにあと一回くらいにしときや」もう、パパですね。

投稿日時:2023年12月07日20:55 | チコさん

よくあの橋わたられました、思い当たる限りでは上手く回避(船やオタスケマン)されてましたものね。きっとごめんこうむりますよね、これからも。

投稿日時:2023年12月07日20:39 | ちいちゃん

こころ旅記念すべき第1回目!。録画をしていましたが、クラシックで放送され懐かしく見ました。正平さん若くてかっこいい!!いいえ、今でも渋くてかっこいいです!! 京都の宇治市に行きたくて一昨年行ってきました。こころ旅の思い出の宇治市はとてもいいところでした。 こころ旅、来春もスタートと聞いて「やったー!」と一人で大はしゃぎ。今ではこころ旅を見ることが1日のスタートなんです! こころ旅最高!!大好き!!

投稿日時:2023年12月07日20:09 | としちゃん

「クラシックセレクション55日目」、観ました。 この日のあかねちゃんのハガキも、覚えていました。あれから12年?あかねちゃん、どうされてるのかしら? 角島大橋を、怖怖渡られた正平さん。よく頑張って下さいました。海もキレイで、デートスポットとしては、最高ですね?「絶対!角島」かな?

投稿日時:2023年12月07日19:40 | REIKO

正平さーん!55日目の絶対、角島!彼氏が代わるたびに同じところに連れていっちゃうお手紙主ちゃん。ついニヤッとしてしまいます。かわいい秘密に正平さんもヤラレましたね笑。これは女の子がやるからオチャメなんです。男性はマネしちゃダメです笑。それにしてもあの橋を渡ったなんて!今では信じられない光景がみられるのもクラシックの楽しみです!

投稿日時:2023年12月07日16:07 | おかか

47日目の旅鍵掛峠から眺める大山の南壁 小生のパソコンの立ち上げ画面にさせて頂いています。最初に放送された時はBS放送は視聴していませんでした。インターネットもしていませんでした。(ブログもできませんでした)後でクラシック版で拝見しました。その時はビックリ感動しました。あらためてクラシックセレクション版で見れて感動しています。正平さんのバイタリティーな走り、ふくらはぎの筋肉、13年走り続けて来られた気力と体力に凄さを感じています。こころの風景どんなお手紙に出会えるか春の旅楽しみにしています。ごゆっくりとお休みを!

投稿日時:2023年12月07日13:33 | てるてる

クラシックセレクション懐かしく、あー正平さん若いナーそうそうこのシーン涙がでたナー等と又新たな感動で見ています。この秋の旅始まるころより、今年で終わるヨなどという言葉が聞こえたりして、終わるのをドキドキしていました。来春決定!!の文字を見てあー良かったと本当にうれしい気持ちになりました。お体の事を大事にしながら、無理なく、色々な方法を考えて、どうか少しでも長く番組が続くことを切にお願い致します!!

投稿日時:2023年12月07日12:39 | えこちゃん

定年退職後、旅好きの私は全国をドライブ旅しています。クラシックセレクション第1弾の京都宇治・三厩駅・鍵掛峠・角島は、「こころ旅」を見てから訪れたところばかりです。まるで正平さんの後を追いかけているような旅でした。今は懐かしい気持ちで見ています。12月8日放送の79日目は知覧とのこと。ここも訪れました。偶然とは言え5日間とも訪れた場所だとは。「ここも行った。あそこも行った」と妻と懐かしがっています。健康に留意されて無理せず、楽しい旅を私達に伝えてください。

投稿日時:2023年12月07日10:00 | 皐月桔梗

クラシックセレクション「朝版」が見られて嬉しいです。当初番組の仕組み(構成)が分かっていなくて夜版しか見ていなかったので。何回見ても見飽きないのはこころ旅の大きな魅力ですね。三厩駅の朝焼けは見る度に涙が出ます。パソコンの待ち受けも今は三厩駅です。

投稿日時:2023年12月06日23:38 | Mako

47日目 鍵掛峠 再放送、録画を含め、もう何度も何度も拝見しています。何度観ても切なく、感動的です。この日の大山が全貌を見せてくれたこと、心から神様に感謝します。正平さんの涙にキュン

投稿日時:2023年12月06日23:02 | はと

クラシックセレクションで、2011/10/6鳥取県江府市の旅を拝見致しました。1729mの大山の裏側を見るため910mの鍵掛峠を目指します。「可愛い手紙だけど、場所は気に入りません」と、最初に正平さんは、宣う。どうもこの道の厳しさをご存じのよう。標高230mのバス停の手前で、危うく電信柱にぶつかりそうになる。290mにあるバス停から愛車も一緒に、バスに乗り標高750mの地点まで。「ああ~天国じゃぁ~」のため息。そこから、あと160m登る。おばあちゃんもご一緒に家族で愉しまれた大山南璧は、まさに峨々として雄大な眺め。よかったですね奈都美さん、ご一緒させて頂きました。ただ感謝!

投稿日時:2023年12月06日21:11 | チコさん

 47日目 鳥取県江府町への旅 これが何度もしんどかった~と正平さんが言ってた鍵掛峠の回なんですね。最初から最後まで正平さんのハァハァというしんどそうな息づかいしか聞こえてこなかったような。さぞかしきつかったことでしょう。「これを見に来たんだ…」この言葉に正平さんの気持ちが全て詰まっているようで、「よく頑張ったね~」と言っていっぱいハグしてあげたくなりました。ちょっとだけ男泣き、ステキでした。

投稿日時:2023年12月06日20:35 | ふみ

正平さーん!47日目鍵掛峠をのぼる旅。お手紙主様のお父様はまさか孫と見られる日が来るとは思わなかった大山のお山ですが、正平さんには、まさか自転車でのぼる日が来るとは思わなかったお山でした。貸し切りの鍵掛峠。年長の正平さんも機材抱えたスタッフも命がけ。大自然に体ひとつで挑む姿に何回見てももらい泣きですぅ…。

投稿日時:2023年12月06日19:54 | おかか

「クラシックセレクション47日目」、観ました。覚えていました「鍵掛峠」。正平さんが涙ぐむほど、過酷だったルート。「しんどかった。けど、来て良かった!」大山の南壁の雄大な姿と共に、私にも、忘れられない旅となっています。正平さん、よく頑張ってくださいました。拍手!!

投稿日時:2023年12月06日19:38 | REIKO

石竹色の朝焼け、時を経るにつけその色を変えていく様は心を浄めていきます。幾度拝見しても良いですね。

投稿日時:2023年12月06日17:45 | ちいちゃん

私が「こころ旅」を見始めたのは、2011年の秋の旅からでした。TVのリモコンチャンネルを探っていた時の偶然からでした。確か鳥取を走っていた時だったと思います。「へェ~、あの火野正平が(失礼ながら悪い意味で)。いつまで続くやら」と否定的な思いで見はじめましたが、それが12年も続くなんて。今ではすっかりファンになっています。第一日目の京都宇治。正平さんも何となく動きがギコチなく、スタッフとの会話も少なく、5人組の隊列もなくて意外と新鮮でした。来年も続くとのこと。身体に無理せず、私達を楽しまさせて下さい。

投稿日時:2023年12月06日16:25 | 皐月桔梗

おはようございます。クラシックセレクション47日目鳥取県江府街への旅。赤碕駅から大好きな美人の運転士に導かれ、大山口駅までこの日最初の輪行。そこからこの頃当たり前の22キロの上り坂に挑戦する。でも途中の坂道でこの日2度目のバスによる輪行。らくちんらくちん。標高750mの終点から漕ぎ出すが、その先で通行止め、と思いきや、特別な許可を貰い通行可。行き絶え絶えチャリオとともに悶え、汗だくな兄貴が頑張る。も少しで「鍵掛峠」、あの頃兄貴は若かった。こんな坂、あんな坂ものともせずに、上って行った。定番お昼がまだレギュラーになっていなかったか。13年の壮大なドラマは捧腹絶倒、酒池肉林である。

投稿日時:2023年12月06日08:59 | とちぎの芭蕉

「おはよ~ございます」という正平さんの声が聞こえる幸せ。テレビの前で笑顔になれる番組。最高です! 2024年春の旅も楽しみにしてます。

投稿日時:2023年12月06日07:49 | どみ

三厩駅の回。お手紙の主登場の一番最初か。三厩駅の駅長さん、もう70近くになっている。年月の経過が早い。

投稿日時:2023年12月06日06:57 | タケヒロシ

2011年春初日京都の旅。朝版めちゃ短い(10分なんですね)。この時はまだ役者要素前面で優しいお兄さん風です。いつからぼやきが始まるのか気になりますね? 後に「わたしはこころ旅がスキスキスキスキスー」って踊ってくださるまでフランクになります笑

投稿日時:2023年12月06日04:29 | るる☆

BSでクラシックセレクションを観だしております。1日目:宇治市、35日目:三厩駅朝焼けまで観ました。何回か観て来ましたが、また懐かしんでいます。明日からも観ていきます。

投稿日時:2023年12月05日21:13 | ももの爺

こころ旅が始まったいきさつ知って、感動!2011/3/11の大震災から3か月後の2011/6/9の旅を拝見させて頂きました。そうだったのですね!黙々とチャリをこぎ続ける正平さん、まるで雲水さんみたいに見えてきました。その旅が13年も続くなんて、スゴすぎ! 震災の傷跡は、未だに手つかずのままの所もありますが、厳しい。今より、なお一層の声援を送り続けます!津軽半島最北端の駅、三厩駅に向かう正平さん、3時起きの苦行。一杯のコーヒーに誘われて、いざ出発!3:37東の空に、うっすらとピンク色が射す。3:46もう少しピンク。「キレ~~~!」 私は九州、こんなに早い朝日は初めて!日本は、広いを実感。

投稿日時:2023年12月05日20:37 | チコさん

色々な事、悲しい事楽しい事、新しい朝が、必ず来ます。まして朝が明けて来る空の色、嫌な事を忘れ、今日も頑張ろうと思う朝 最高ですね 正平さん、若いですね 朝の正平さんも格好いいですね

投稿日時:2023年12月05日19:44 | おにやん

「クラシックセレクション35日目の旅」、観ました。覚えていました。「三厩駅の朝焼け」、、、。正平さんが、3時起きで観せて下さった感動のピンク色。日が昇ると色が消えていく様子も、、、。美しい映像をありがとうございました。名場面ですね?

投稿日時:2023年12月05日19:43 | REIKO

正平さーん!名作中の名作、三厩駅の朝焼けは日付をまたいでの大企画!正平さんのがんばりのおかげで凛とした素晴らしい空を見せていただきました。朝焼けのとうちゃこは今のところ、これが最初で最後でしょうか。私も駅長さんと同じく朝焼けタイムに出勤です。早朝は静かで涼しくて空気も澄んでますし、夜と朝の共演がなにより神秘的ですね。ブルー、グレー、真っ暗、オレンジ、ピンク。今までこころ旅で見た空はいったい何色あったかなぁ。そして何といってもイチオシは、とうちゃこ版で見れる、雑然としたお部屋と寝起きの正平さん♪キュンです!

投稿日時:2023年12月05日15:31 | おかか

おはようございます!BSで拝見致しました。クラシック版で見ましたが、再度見てもいい光景でした。35日目、津軽半島最北の地、津軽線最終駅、午前3時半の走行そして、朝焼けを観る旅、SUNsetは寂しいですが、SUNraiseは希望と力が湧いてくる感じがします。13年経たこころ旅振り返ればこの時に正平さんチーム一行の皆さん元気を頂かれたのですかね。思い出深いこころ旅でした。

投稿日時:2023年12月05日11:13 | てるてる

ずっと見たかった朝版!うれっし~!1日目を見てびっくりしました。朝版でゴールしちゃってる(笑)。とうちゃこ版のダイジェスト扱いだったんですね。

投稿日時:2023年12月05日08:08 | ぼぶ

おはようございます 毎朝の楽しみになってます クラシックを拝見してます 介護に忙しく見れていませんでした。今と違って正平さんが一人で走るシーンもあるんですね。若々しい正平さんですが、これからもっと楽しみにしています

投稿日時:2023年12月05日07:53 | トラ

朝版を見て、5分の偉大さを痛感しました。朝版だけでスタートからとうちゃこまでまとめてしまうから、本当にあっという間の10分間。今は朝版では旅の途中までの放送なので、ゆっくり楽しく見られますね。正平さんが一人で走っているので、周りに人が多いと「正平さん、どこ~?」。やっぱり5人で走るのがいいですね。

投稿日時:2023年12月04日22:17 | 大江の鬼ちゃん

記念すべき1日目 京都府宇治市への旅を私は初めて見ました。まだ正平さんもちょっと俳優感が出てる感じかな。京都から北海道を目指しての旅・・・やめといた方がいいんじゃないか?と言っていましたが、やめなくて良かったです。今日まで続いたおかげで私はこころ旅を知り、まさにこころ旅の虜となってしまいました。震災の年に始まったこころ旅、正平さんの旅をする真意が知れて、改めてこころ旅って深いな~って思いました。

投稿日時:2023年12月04日21:20 | ふみ

初日のこころ旅。正平さんだけが登場している演出。朝版は今より5分少ないけど、とうちゃこ地点でお手紙読んでいる風情。長崎での試作を経ての13年、1200日余りの日々です。

投稿日時:2023年12月04日19:57 | タケヒロシ

「にっぽん縦断こころ旅」スタート日の朝版とうちゃこ版と放映が見られてとても感激しています。私、当時この番組のことを知らなかったもので、ある時夜何気なくBSP103にリモコン操作したら正平さんが自転車で走っていて道端の毛虫を見つけひかれてしまうから草むらに避難させていた場面を見て、その瞬間から正平さんの人柄と番組のファンになってしまい今にいたっています。

投稿日時:2023年12月04日19:48 | たびびとの木

「2011年クラシックセレクション」の第1日目の再放送観ました。スタート地点の正平さんの思い、しみじみと聴き、、、うるうる。あの日から、もう13年も走って下さったんですね?正平さんの覚悟が、感じられました。当初は、正平さんだけの走行シーン。やはり、何か寂しいです。お便りを書かれた方の思いに忠実に辿る旅は、その後もずっと、そうですね?少し若い正平さんが、新鮮でした。「こころ旅」のファンで良かった!!何度も、何度も、そう思います。

投稿日時:2023年12月04日19:39 | REIKO

貴重な朝版ありがとうございます!!めちゃくちゃ嬉しい!!ちょっとコアなシーンが多い朝版が大好きです♪初日。正平さんの「行こっ」が大好き。お惣菜を選んでる姿が大好き。正平さんがひとりで疾走している画面が今では逆に新鮮ですね笑。

投稿日時:2023年12月04日18:43 | おかか

朝版 ホント久しぶり テーマソングも新鮮(^^♪はじめは 朝版だけで完結してたもんね。なつかしい。。。 このころの正平さんは今の私とほぼ同じ年。やんちゃな笑顔も素敵 今週も楽しめそう。うれしいなヽ(^。^)ノ

投稿日時:2023年12月04日16:53 | norinorimiffy

おはようございます!朝版拝見致しました。今から13年前のこころ旅第一日目、正平さんの「東日本大震災の復興」への支えと希望を込めてスタートでしたね!当時は正平さん一人で走られる様子でしたね!道中の風景三条大橋、伏見大手筋商店街、宇治橋など,中洲の一部、塔の島美しい光景でした。三田さんの、「肉体はなくともまさしくこころはあざやかに」とても感動しました。親子の情愛を深く感じました。正平さんの塔の島をバックにだし巻き、てんぷらなど召し上がっておられるシーンに感動三田さん親子のシーンと重なりました。きょうも感動頂きました。有難う御座いました。

投稿日時:2023年12月04日11:13 | てるてる

第一日目のこころ旅。こんなに地味(失礼)なスタートだったのかと、改めて感じ入りました。一列走行も、最初はなかったのですね。いまでは、スタッフの皆様の番組にかける心意気が感じられる映像やカメラの改良、スタッフ方々の音声(これも楽しみの一つ)も入り、そしてなにより正平さんの成長(?)もわかる、BSファンを自認する私のお気に入りの一つです。春からの番組を心待ちにしています!

投稿日時:2023年12月04日11:03 | まねきねこ

「さぁ、行くよ」から始まって早13年が過ぎました。お若いですね、地元東海道五十三次の終着三条大橋は鴨川側道桜は少し早いですね、この時期はまだ京都は寒いです。食材を買われたお店の向かいが従姉妹の家具屋、チラリと映りました。もう何十年会っていません。宇治では仄かに桜が、瀬田、天ケ瀬、宇治川、淀川瀬音が春告げに。初めての朝版、此は貴重です

投稿日時:2023年12月04日09:49 | ちいちゃん

手探り満載!初日宇治市への旅。一見普通の旅番組のようで違うような・・(*^^*)すれ違う人達も「なんじゃこのオッサン?」的な不審顔(*´艸`) 今じゃアイドル並みの声掛けや黄色い声援なのにね~!!!それでも変わらないのは、お便りとそれを読む正平さんのちょっと照れ臭そうな表情。この時まさか1000日を超えるこころ旅になると誰が想像したかなぁ(〃▽〃) 懐かしい旅をありがとうございます☆彡

投稿日時:2023年12月04日09:13 | ぽんぽこ

おはようございます。今週から『こころ旅』はなくなり、てっきり今週から春までつまらなくなるなと思っていたら、NHKさんからクリスマスプレゼント。うちのテレビは4K・8Kは映らないが、番組表を見るとなんと2本立て放送でやるじゃないか。こころ旅のスタッフさん、気が利くーー。やっばり、正平兄貴ロスはいたたまれない「女・男心」をくすぐった。そして夜の放送の第1回目京都宇治市の放送。兄貴のご尊顔は若々しく、お肌がピチピチしている。それから1235回も続くとは、誰が思っていただろうか。兄貴本人も想像だにしなかったでしょう。毎朝今後、『クラシックセレクション』を見れると思うとワクワクドキドキしてくる。

投稿日時:2023年12月04日09:05 | とちぎの芭蕉

最初は一人旅 何時からゴレンジャーになったのかな?その瞬間がわかるのも楽しみです。

投稿日時:2023年12月04日08:22 | かなちゃん

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2024年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

検索

バックナンバー