2019年04月11日 (木)【三重】春ですネ。



暖かな三重3日目
スタートは、昨日訪れた答志島が見える大仏山公園の展望台から。
この日気温は17℃ぐらいでしたが、気温以上に暖かく感じました。





d3_19mie_02.jpg

「松阪はそこでしょ」
あれば食べさせてあげたい
松阪牛。あれば・・・。

 

 

 

 



伊勢街道東海道中膝栗毛」の弥次さん・喜多さんや落語でもおなじみの伊勢街道。
江戸時代に多くの人々が歩いたであろう伊勢街道を走りました。

 

 

 

 

 

 

しめ縄飾りがある家が多い
答志島にもありましたが、
伊勢街道沿いの家にも、
しめ縄が飾ってありました。
スサノオノミコトの民話に
由来するのだとか。

 

 

 

 

橋が工事中!!
<今夜7時からの
 とうちゃこ版では・・・>

櫛田川に架かる橋はあれども
工事中!
お手紙は橋の上からの風景。
どうする!
正平探偵、降臨か?!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

2年ぶり2度目の松阪(マッツァカ)に来て頂き感激です。670日目ではお世話になりました。櫛田川は子供の頃の懐かしい思い出が溢れている場所です。河口の松名瀬海岸では海水浴、立て干し網、潮干狩り等思い出バンバンです。「東海の凡人さん」同様、「マテ貝」取りは面白く後年子供達に塩のまき方を教えました。子供の頃に戻った記憶があります。
昼食の伊勢うどんは夕食で松阪牛すき焼きを美味しく食べる為のディレクター配慮かな~~~~?

投稿日時:2019年04月14日 14:17 | センーヒサ

成美さんがじいちゃんと舟遊びに興じた櫛田川のとうちゃこ 良かったです。
川面はキラキラ輝いて、魚もピョンピョン飛び跳ねている。春の陽気に誘われたサイクリング日和、お手紙の情景を堪能できた気分です。
ランチは柔らかい伊勢うどんでしたか。出発時のルート確認で地図見たときに「松坂の牛に届かなーい!」って言ってたら その通りになっちゃって・・カントクさんは予算オーバーにならずホッとされたかな? うどん屋のお母さんもマイペースながらキレイに写してねとちゃっかり注文されて楽しいランチタイム風景でした。

投稿日時:2019年04月12日 12:36 | ゆきぱん

4/12日1日たっても!家出中!のお便りが浮かび思わずニヤニヤほっこりしています。
お祖父様はどこか正平さんみたい.....?。我が亡き父の再現かと思われた成美さんからのお祖父様の便りでした。こころの風景は変わらないけれど、とうちゃこ(土地の風景)は時として変わった風景になり、でも脳裏にはこころの風景が再現でき、懐かしい人達との思い出にひたれます。そんな想いを運んでくれる☆こころ旅☆です。

投稿日時:2019年04月12日 08:21 | kawasemi

松阪牛~~~!!!!の想いは伊勢うどんに。
伊勢うどんもおいしそうでした。太くて汁がないうどん。
正平さんのは一味で真っ赤でしたね!

自由過ぎる父親についていけないから家出。
成美さんのお父様の心中お察しします~。
成美さんにとってはじいちゃんはいろんな宝物を見せてくれる
おもしろい存在だったのですね~。

エンディングのようこそ三重へ つっつっつっつ。。。ここは松阪~
あの歌がまた!笑

投稿日時:2019年04月12日 04:52 | るる

伊勢うどん。麺が太くて汁気のない独特なうどん。
食べてみたい。
うどん作ったおばあさん、とてもきれいに映ってました。
ただ、松阪牛出なかったのが、少し残念。

投稿日時:2019年04月11日 22:51 | ヒロリン

ヒバリの笑い声が広がる三重の旅、快晴春霞にうふふ。
橋の工事パート2、どうする正平さん。
おじいちゃんとの思い出の川、キラキラ光ってた。放蕩じいちゃん今も、
煙草咥えて、船の上で魚釣りしてるんかな。正平さんやスタッフの皆さんもある意味放蕩者・・・。な~んて、怒られそう

投稿日時:2019年04月11日 22:20 | 玄鳥

今日のじいちゃんの放蕩親父とは、放蕩の意味知りました
なかなか文才のあるお手紙で情景が目に浮かぶようでした
もう少しで松坂だったのに、松坂牛にありつけず残念でしたね
でも、松坂牛のお肉を前にした正平さんの目が輝く所も見たかったですが、、
伊勢うどんは柔らかく歯には優しいですからね
工事中の橋、はたしてとハラハラしながらみてましたが
根気よく河口の見える所探してとても良いとうちゃこの風景になりましたね

投稿日時:2019年04月11日 22:14 | えみぽん

810日目の旅、観たよ。
「櫛田川河口」
家出中の父
父にとってはとんでもない親
原因は爺ちゃんとのことにも関わらず
爺ちゃんが好きなお手紙の方に
寅さん的な情景を感じました。
伊勢うどん店のお母さんと女たらしの火野さんとの
会話、可笑しかったです。
お手紙朗読の場所探し、大変でしたね。
ようやく春らしい天気のロケになりましたが
又、寒くなり、今週のロケも大変かと。
体調を崩さないようにして下さい。

投稿日時:2019年04月11日 21:29 | ももの爺

すっかり騙されてしまった~
肉のイラスト、やわらかい~の声で松坂牛だなあと思ってたら
まさかの伊勢うどんでした。
明日は松阪には行かないようだし、松阪牛にはありつけないかな?

投稿日時:2019年04月11日 21:24 | cyobi

ホンワカします。
“女たらし‥”に、爆笑しましたが‥
ずーっと前からの知り合いのような、うどん屋さんの女将さんと正平さんの会話です。
フワーッとした空気が聞いていて、とっても楽しいです。
うどんの素材が引き立つようなシンプルな味付け
そして、もっちりした感じの太麺うどんが、とても美味しそうでした。
今日は、おじいちゃんへの愛が詰まった、可愛いお手紙
伸び伸びしているような景色の中、ゆったり流れる広い櫛田川
みんなが優しくなるような光景でした。

投稿日時:2019年04月11日 21:08 | kimiちゃん

ランチは牛ではなく柔らかい伊勢うどんだったんですね〜。役者さんとして画面の中で見る正平さんが目の前に居ても気付かない。自虐ネタもプラスして自己申告する正平さんが面白い。ピーチクパーチクピーチクパーチク

投稿日時:2019年04月11日 19:47 | GUREKO

思わせぶりな松阪牛は、なんと伊勢うどんでした!
店のおばちゃんも、いい味していましたね。
のどかな川辺の景色に、思わずテレビの前で深呼吸していました。

投稿日時:2019年04月11日 19:46 | T OM Oちゃん

ウグイスが一声。ひばりも鳴きました。雨のあとは晴れ。おまけに春もお出迎えでしたね。今日はお天気の助けもあるのか、何もない風景の美しさに見とれました。パラグライダーからの景色は絶景でしょうね。それにしても、今日は松阪牛!って冒頭宣言。半ば、正平さんのお昼密着番組になってきてる(笑)。とうちゃこと正平さんのお昼ごはん、その二本柱がこころ旅!松阪牛は東京でも食べられるけど、あのおうどんは伊勢でしかたべられないごちそうですよ~。

投稿日時:2019年04月11日 19:31 | おかか

ゆったりした多分、明治生まれであろうおじいちゃん、私が子供の頃は(約50年前)いましたね。風景だけでなく、その当時の空気感、思い出します。旧き良き時代だったなあ、とタイムトラベルしました。

投稿日時:2019年04月11日 17:23 | ゆっこ

三重県3日目は、青空が見えました。嬉しく、ホッとします。
“牛”を希望する、正平さんに、岡崎監督さんの微妙な笑い声に、表情を想像しながら楽しんで聞いていました。
正平さん、ロングのフードつきコート
素敵です!
俳優さんで、最もフードがお似合いの男性ではと、思っています。
自分自身もフード大好き人で、つい目で追っています。
気持ちいい風景が広がっています。
土手がいい!綺麗に耕された田んぼがいい!
高い空から鳥のさえずりも、聞こえます‥
大きく深呼吸したくなります。
アッ!ランチは‥!
でも、ステーキのカバーと正平さんのコメントが、ぴったりです。
きれいな櫛田川のとうちゃこの風景を楽しみにしています。

投稿日時:2019年04月11日 16:31 | kimiちゃん

こんにちは。三重県3日目。
山。海。と続きそして櫛田川。
お天気もやっと春らしくなり平坦な道で
正平さんスタッフのみなさんも明るく元気な様子。

櫛田川の土手を走っている場面で
一緒に自転車をこいでいる気分になりました。

投稿日時:2019年04月11日 14:50 | ふっきー

「朝版」で拝見する、伊勢街道沿いの、街並み。
すべてが懐かしく、目にしみました。

果てしなく伸びる、田んぼの中の国道……。
田畑から上る、野焼きの煙り。
何年にか一度、ほんのたまにしか帰省できなかったけれど、幼い日に見ていた、自分にとっての「田舎」の風景。

近くには、陸上自衛隊の「明野駐屯地」があります。
この平野は、地形のおかげで、ゆたかな上昇気流があり、昔から飛行訓練に適した地だったそうです。かつては旧陸上の飛行場がありました。
たくさんの若者が、こののどかな上空で訓練をして、特攻兵として出征していったそうです。
今は平和な空を――パラグライダーが、楽しそうに泳いでいました。

櫛田川の支流では、田んぼの水路でも……お手製の仕掛けで、太い自転車のチューブみたいな天然ウナギが、よく掛かったものでした。
お手紙の成美さんと同い年の私……とうちゃこに、思いを馳せて待ちます。

投稿日時:2019年04月11日 13:16 | 川崎ジンジャーエール

三重県、三日目 目的地は櫛田川河口。
川をはねるさかな、たぶんボラだったのでしょうね。
そして潮干狩りで、塩を使ってのマテ貝取り、懐かしい昔に体験した春の行事です。
今日の進路は北に向かって、向かい風は大丈夫だったのでしょうか。長い坂がなかっただけ問題はなかったのでしょうか。
伊勢平野の旅の風景が楽しみです。

投稿日時:2019年04月11日 12:58 | 東海の凡人

正平様
チームこころ旅の皆様
おはようございます

投稿日時:2019年04月11日 11:16 | Ochi

春の旅7日目にしてやっとポカポカ陽気の春がきて正平さん嬉しそうです
今朝のお手紙クスっと笑ってしまいました。じいちゃんとしてはサイコーなキャラクター。しかし成美さんのお父さんからしたらとんでもない放蕩親父さん・・そのギャップ感が伝わる軽やかな文章に引き込まれます。

櫛田川の土手道をスイスイ走って思い出の風景へ。果たして工事中を避けて良い場所はみつかるのか?
お昼ご飯は松阪牛にありつけるの? とうちゃこ楽しみでーす。

投稿日時:2019年04月11日 11:06 | ゆきぱん

三重県3日目は、青い空に、モーター付パラグライダーが飛び、鳥も鳴き、暖かそうでやっと(810日目…やっとかめって名古屋弁がありましたよね) 春らしさを感じます。 今日の成美さんのお手紙で、父は家出中です。⁇⁇何ですって?破天荒なおじいちゃんにクスクス。。少しばかり正平さんと被ってしまいました。 今日もご当地グルメの ランチ?松坂牛を期待してしまいますが( ふふふ、月曜版で分かっちゃってますね) そうそう以前、確か…輪行中の車中で、モー太郎弁当を食べられて、蓋を開けると音楽が流れ…この曲はなんでしょうか?とクイズマラソンの問題でしたね。。勿論正解でしたが難題だったのを思い出します。 18kmのコースでも、あれ?河口まで来てしまったべと走りやすかたようですね。おじいちゃんとの思い出の地。。楽しみにしています。

投稿日時:2019年04月11日 10:13 | ぶらうにぃ

やっと あたたかくなったと思ったら
またまた冬に逆戻り?昨日から 雪の便りが聞こえてきたり
今年は なかなか油断させてくれない春です。

でも画面の向こうは ポカポカあったかそうな様子。
正平さんの 弾んだ声がうれしい(^O^)

松阪牛はあるのかしら?あれば 食べさせてあげたいと。。。
加えて 橋までもがとうちゃこを阻むような。。。
いろいろ気になるとうちゃこ版 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2019年04月11日 09:44 | norinorimiffy

伊勢街道から櫛田川沿いの道中、麦畑の緑が鮮やかで一気に目が覚めました。
「放蕩おやじ」とはつまり、自由人ってことで、それならお孫さんが一緒に過ごせば楽しくワンダーであること間違いなし、木船で魚の乱舞をゆったり眺めていらした風情は、成美さんにも焼きついている通り、絵になったのでしょうね。お便りから想像するだけでも、豊かなひとときが浮かびました。
さて予告では、橋は工事中の大ピンチ、おとぼけなBGMが笑いを誘いますが、どう切り抜けたのでしょう?
何度も言葉にした松阪牛のランチ実現 ⁉︎ で、ご機嫌な正平さんも楽しみにしています。

投稿日時:2019年04月11日 09:02 | pon

今日の戸谷さんのお便りは実父と祖父の微妙な関係もユーモアもある文章に何だか楽しく拝聴しました。お二人のいざこざの原因はタバコ。何とそれでお父様はず〜〜っと家出中って。でも成美さんの思い出はタバコをくわえながら舟を操るお爺さんの姿。正平さんの暖かくなった〜〜の実感に画面からもようやく春の旅らしさが溢れました。田植え前の田園の中を走るチャリオ隊。正平さんの頭の中には「松坂牛」のランチが浮かんでるのでしょうか・・・。のんびり休憩中の頭の上には何処から出発したのかパラグライダーが飛び待っている。今日はいつになくゆ〜〜たり見てたら河口に出ちゃった。でも、ランチ風景は正平さんの頭の中に浮かんでた物のよう(^^) とうちゃこが楽しみです。

投稿日時:2019年04月11日 08:30 | GUREKO

三重県三日目の目的地は松阪の櫛田川河口。
出発前の正平さんの「さかなは飽きた」のことば、正平さんはやはり肉食系なんですね。
ランチのシーンは肉のイラストでボカシ、無事松阪名物は食することができたのでしょうか。夜の放送が楽しみです。

投稿日時:2019年04月11日 08:12 | 東海の凡人さん

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

バックナンバー

    2019秋の旅