【Q&A】IgA腎症は治らないのか?

更新日

IgA腎症と診断され、プレドニゾロンという薬を2年ほどのみ続けました。現在は経過観察のため3か月ごとの尿検査と血液検査を受けています。今後、悪くなることはあっても良くなる(治る)ことはないのでしょうか?(51歳 男性)

専門家による回答

プレドニゾロンによるIgA腎症の治療では、IgA腎症の重症度にもよりますが、まったく効果のない方から完全によくなる(治る)方まで、さまざまな方がいらっしゃいます。ご質問の経過観察で、もしプレドニゾロンによる治療の後もタンパク尿・血尿が続いている場合には、このまま自然に良くなる(治る)ことはまれだろうと考えられます。
ただし今後の適切な管理により、腎機能を悪化させず、将来の腎不全を先延ばしにすることは可能ですので、担当の先生の指示を仰ぎながらしっかりと療養に取り組まれることをおすすめします。

(2019年2月4日(月)~6日(水)放送関連)