Q&A もやもや病

目次

もやもや病のよくあるご質問
今後出血の可能性は?
一度手術すれば大丈夫?

もやもや病のよくあるご質問

今後出血の可能性は?

10歳の時に「もやもや病」と診断され、左右とも直接バイパス術と間接バイパス術を受けました。
予後は良好で、支障なく学校生活を送っていますが、今後、大人になった時に出血の症状が出る可能性はあるのでしょうか?(14歳 男性)
まず、「問題はない」と考えてよろしいと思います。手術がうまくいっていれば、脳の血流と循環が正常に保たれるため、「もやもや血管」に負担がかかりません。
したがって、出血も起こりにくいということになります。MRI・MRA検査を半年~1年に1度は受け、加えて脳血流検査(SPECT)で脳血流が正常保たれていることを確認してもらいましょう。

一度手術すれば大丈夫?

もやもや病と診断され、去年、直接バイパス術を左右ともに行いました。一度手術をすれば、その状態は継続出来るのでしょうか?
手術により、頻繁に起きていた脱力発作はなくなったので安心はしていますが、手術で太くした血管がまた細くなってしまうことはあるのでしょうか?(45歳 女性)
手術が成功して、脳の血流と循環が正常状態に回復して、それが維持できれば脱力発作などの症状が出ることはまずありません。
ただし、手術後の血管の状態を、定期的にMRI・MRA検査でチェックすることはとても重要です。脳の血管の状態に加えて脳血流検査(SPECT)で脳血流が正常に保たれていることを確認してもらいましょう。
さらに、糖尿病、脂質異常症などのいわゆる危険因子がある場合には、それらの管理を厳格に行うことはいうまでもありません。

関連する病気の記事一覧

きょうの健康

病気や健康に関する質問を募集!

最近放送したテーマに関する質問を募集しています。
現在、募集中のテーマは「質問を送る」ページでご確認ください。
※各テーマの募集期間は約2週間とし、予告なく終了いたします
※すべてのご質問にお答えできるわけではありませんので、ご了承ください